女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。
カテゴリー  [ やる夫は戦わなければならないようです ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は戦わなければならないようです Rebirth 第02話「魔法が解ける瞬間」


844HIO ◆GSpyI2J3e62013/02/22(金) 22:14:15 ID:yyyiFkEo0
はじめる


845HIO ◆GSpyI2J3e62013/02/22(金) 22:14:38 ID:yyyiFkEo0

    jノ     ,ノ : / : : : : : : :i|: :|: :>:.、: : :|:八⌒ヾ/<i: | : : |: ハ 、:`ヽ
    {     イ:{,∧: :| : : : : : |: :| : : :/个:、 |`ヽ......\_人__人__人__人__人__人_/
      , ィ´: /{∨: :|:.!: : : : i|: :|: :j/  | : ハ   \ . ≫  て、敵襲!!  ≪
    , イ,≠彡´: :ノハ: :i i : : : ハ.:|,ノ  ノ :ノ :}     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
   ( (  /: ,イ: : :,ヘ i八 ヘj jノ‐―=彡 : ハ  ∠´ ヾミムノ:ノ: : :i|      )ヽ: :ヽ
      ハイ/ : : :{ .jノ : i}从≧ミく 、_彡'´ィ斥セニミ、∨´ }: i : : 八    ノノ `ヽ:)
      {  ./: : : :ハ∧:,く :八辷ソ`ヽ   ィf {辷リ jノ レ'ノ八 . \_人__人__人__人__人__人__人_/
       /: : : : : :八∧,ノ   ー '         ー ' u. 入爪 : : ヽ: ≫  総員、散開っ!! ≪
       / : : : : : : :∠`ヘ ,...       ′      ...; ∧: : ∧: :.../⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
.   ー=ニ´i : : : : : /i : . :∧':.    _____,、  ..:'/ i: :/: .ヽ、:`ニ=-    /  / ,/:::
/ ̄‐=彡'ハ : : i : ( i : i : . : i丶、  〈 (::::::::::::i }  / ノ:/:. . :. .i´  /   /  "''::,. /―-
  ー=彡'、八: :ヽ:.:`ニ=‐'´: i . :个 、  ー―一´ イ ー=彡八 . : . :| /   /    i   i
 ,  ´"'' \ヽ : :`ニ=彡' : i . : |  `   ┬ ´/ ー=彡'´: . : . :|'  /      j   |
 i        `ヽ :`ニ=彡' :i . : |     /`:rく    / : . : . : . :| ,/       |   |
 | \        ̄く . : . i: . :|   / ◯| ハ   /: . : . : . : . K     ,;;,,...   |   |
 |   ヽ、        ヽ. :/ . :ヘ_/    |'.  \./ . : . : . : . : i!i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   |___
 {  ´"'''`ニ=-      _∨ : . :/八ヽ    |   //: . : . : . : . : 八ノ´`ヽ、.    |   }::::::::,

.


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

やる夫は戦わなければならないようです Rebirth 第01話「蝶の行方」


709HIO ◆GSpyI2J3e62013/01/21(月) 22:00:57 ID:6GO1LhJE0
はじめる


710HIO ◆GSpyI2J3e62013/01/21(月) 22:03:45 ID:6GO1LhJE0

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.    |______________________|
    |::::::::              。             ::::::::|
    |::::::::         ○    。            ::::::::|
    |::::::::         ゚   o   o             ::::::::|
    |::::::::       ○        o           ::::::::|
    |::::::::           。    。             ::::::::|
    |::::::::        o        ゚          ::::::::|
    |::::::::         ,,-‐‐ 、   o          ::::::::|
    |::::::::          /::::: フ 丶、゚   。        :::::::|
    |::::::::.         /::::::::      \.           ::::::::|
    |::::::::         i:::::::::::...      `ヽ           ::::::::|
    |::::::::         l:::::::::::::::::::....      ヽ.        ::::::::|                「l
    |::::::::         ゝ::::::::;;;;;´` }} 、::::    l.         ::::::::|              l´l  l」「l
    |::::::::.          `゛ト、冫,,ノ / r,.    l         ::::::::|              l .!─, l」
    |::::::::.           彳`ヽ-// ,'   .l.       ::::::::|              l .l ̄  /,=7
    |::::::::         ヽ, ノー -イ      l         ::::::::|               レ'   // //  _
    |::::::::            l       l       ::::::::|                   //   l」 /l
    |::::::::            ヽ::::......    l       ::::::::|                      _//
    |::::::::         r-、,,_, -ゝ::''''    l.ゞ、       ::::::::|                     l_/
    |::::::::         {  i_,,,,,::::::::...  /        ::::::::|
    |::::::::         `´  / 人`ニニノ           ::::::::|
    |::::::::          ヾニイ               ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.    |______________________|

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
.


やる夫は戦わなければならないようです 第27話「He was alone until he met ... 【???】」


499HIO ◆GSpyI2J3e62012/09/02(日) 21:40:26 ID:xsRFqp520
さて、贔屓球団が悲惨な最期を迎えてしまったので、気は乗りませんが始めます。












ちくしょう・・・


やる夫は戦わなければならないようです 第26話 探し物はなんですか?

321 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2012/07/13(金) 00:03:08 ID:EbLLff3A0 [1/95]

【前回のあらすじ】

                  ,. --‐‐ 、, -- 、
                /            \
.               /                ヽ
.                 i / / , lト、 ヽヾ ヽ  ',     冬が明ける。
        r.  / 〉    l l i  l l ! ヽヽ ヽ ヽヽ  i
        | l //‐‐ァ   l! ll __l l |  liい i l l.、 |     雪に覆われていた山は緑を覗かせ、柔らかな光に覆われてゆく。
        | // r‐‐ァ  ハ li V__kl  リ __V/l lノ l
       {三三ji.く   li V 弋j.〉  ´ ̄ l l l  il      抱えていたいくつかの問題も、順調に消化できていた。
       {_____,ノ\   | i八  '_,   l l |  ハ
        ',       〕  | i! i >.〉~ `ヽ// i__  l     山の雪も解け、次第に王城への道も開かれていく。
        \_ __ _彳i.   | i! l_i_,/_    〉〉/ |  l
         r f´ ヽハ. l  | /i/ r'⌒ー-、//// `ヽ|     独立諸領と王城領地。同じ国にして志を別にした者たち。
.        r'‐l   i=イ/リ'´~  {      Y    >⌒ヽ
        弋_}   l |/    八__ ___,j  / _   }   抱える問題の解決には、その壁を越えなければならない。
         入  Vi     ゝュェェェュア /    ヽ l!
         / ヽ.  \      ___∠       V   当面の相手は、クール領。
.        /   ヽ   ヽ   _,ィ´         /i
        i      ハ   \´  ヽ.       //i l    出来すぎの当主様に、よくできた妻と娘たち。
        ヽ.   /ハ    lヽ   i    , イ/ //!
          ̄  /   \   l|  |___, イ /, ' .///    不満を持たぬ民を相手取り、交渉の道は拓けるのか。
           /    `ー<アー'   / /  ///
           {             / /.イ///      その全ては、ある一言に集約されていく。
          ノ             } il/ ノ.メ、
          ハ             ヽ.リ´   )      『合わない』
         く                ヽ.
         /入_           __ _ < i          金糸雀が紡いだその一言で、全ては始まりを告げる―――‐
        /   .7ー-- 、__ ∠. --r‐''´ヘ
.        /   /      i       l   ', 
       /   /      l       .l    ',
      /   /      l           l.    ',
.     〈   /      l        l    ',
      \ /       l         l   __./
        ` ~ へ __ _.⊥.. __   __,.~'´7´
           ヽ     |         /
            ヽ    |          /
            ヽ   l          /
.

やる夫は戦わなければならないようです 幕間 冬の詩 その3 後篇

183 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/06/27(水) 21:35:56 ID:pzrG6SXk0 [1/65]

              ⌒Y⌒
           . . -‐====‐- . .
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::::::::::;::/.:::::!:::::::::::::∧:::::|::::::::::::::
     .:::::::::::::::://i:::::/|:::::::::::/ |:::::|ヽ::::::::::
     i::::::::::::::/⌒|::::ト|::::::::/ 斗::/⌒゙:;::::::   ワハハ
     |ハ::::::::::| ,,x==ミ \/  ,x==ミx、}::::::
    /:::∨\|f゙ }::::ハ      }::::ハ 犾/    今回もゲリラ投下だー
   <::::::::::::/ .:::i; 乂 :ツ      乂 :ツ }::::ヽ
    \::::::i .::::::li       `        ;::::::::
     \|:::::::::A   ┌――┐    / ::::::;
       \;/'个:.   \_/   .:介x/
          \ハ≧=- -=≦∧/
         _,. -+┘   └ァ- .,_
      / ̄|  i\ \___/ /|  | ̄`
      /    |  |  \__,/  |  |
      /     :|  |______,|  |
.

【R-18】やる夫は戦わなければならないようです 埋めネタ その4『ふたりの秘密』

945 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/06/18(月) 22:31:03 ID:UzxnwSd20 [2/37]

━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━
   \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \.:.::::::.:.:.:.:.:..........:.:.:....  ...:.:.:.:::::
  \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ .:.:::::.:..::::::::::::: ::. :. .: :  -‐- ..:. .:.: ...: ::::::::::::::::::::
  \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \:::::::::::::.:.:.:. :.... : ,r'´.    `ヽ: .. ......:..:.:::::::::::::
   \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \.....:::::::.:: .: ..:..:' ..:.      ゙; :... ...:.:::::::::::::::
   \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ .:....... ...:.:.:.::::::::::.:       : :....:.::......:::::::::
  \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \.... : ..:..:ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :............::::::
  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7゙:::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... ..: :..:.::::.::::::.:::
                        ':       |.:.:.....   ......:.:.:..::::::::.:゙::: ... ... .... :::::: :::::: :::::: :::::: :::::
                               |
         ;'                           |
               ':                     |
  =================                    |
            / ||                   .;.|
           // ||             ;'         |
━━━━━━━━━・━━━━━━…━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━━・━━━━━…━━━━━
.

【R-18】やる夫は戦わなければならないようです 幕間 冬の詩 その3 前篇

11 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/06/13(水) 21:40:32 ID:4ITKYcDk0 [3/55]

≪晩冬≫

【ペコルコタン・シウニンカム道】

                    , -‐ー- 、─、─、-、.           ノト     |
   _,n_00.             / , ニニニ 、ヽ ' , ', ヽ           彳ミ    ノiミ
  └l n |    ___.        | l::::::::::::::::::l |   ;  ; |""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
    U U   く,ニ !.   ∧,,∧ | l::::::∧,,∧ |   ;  ; |.       彡彡ミミ 彡;;;ミミ
         くノ . .゙/・・ ヽ | l:::::/・・ ヽ |   ;  ; |      彡彡ミミミミ彡彡ミミミ
__,,.. .-‐ '''""~""'''. (ω ノ ⌒ヽ (ω ノ  ⌒ヽ.,-‐'! ''''''''~""''' ‐-、_ii|_,,.. .-‐'''""~
.    ,.:,..:..   .,. :,..: /ヽ /  ノ ̄/ヽ /  ノ`i_.iイ ," .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:..   .,.:,
.   ,.:,..:..  .,.:,..:..   .,( へ /|.|:「~( へ /|.| |:{}|. !j '   .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.:
.,.:, .. ..    .,. :,..:..  ,ヽヽ| | .Uレ   ヽヽ| | .U i_ッ. ,'._ 00.    ,.:,..:
.  ,.: ,..:..   .,.:,..:., -'"...  | |       | |. ../......└‐┐ |   ___ :..   .,.:,..:..   .,.:,
        , -'".   /: U       U ../  ,゙┌‐┘ |   | ∟. :..   .,.  :,..:
.   ,.:,..:., -'"... ,..   /:/..     ..  .//    ,"..゙ ̄ ̄   |_厂 :..   .,.  :,..:
   , -'"       /:/..       ...  //    ,"  .,.:,..:..   .,. :,..:..   .,.:,..:..   .,.:,..:
, -'"      /:/..          ...//     ,"    .,.:,..:..   .,.:,  ..:..   .,.:,..:

.

【R-18】やる夫は戦わなければならないようです 幕間 冬の詩 その2

737 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 17:51:44 ID:8IbJe1uI0 [1/71]

           _
        __ ___」  `ヾ ̄ ̄`丶、    _
        レ'´,.-;ハ           ヽ. ∧
      /// ハ  、 \ \ 、  ∨ ∧
      ' 〃:/::. /: Λ ',\_\_\ヽ::./ /...
      /  i:: ,イ: /'´ヽ. ヽ´\j\ ヽヘ,イ    本日夜投下予定。
        l:イ !:イィテ斤\ イi弌i个、} }l.
       l八lハ`辻i  `弋リ ト、 ノ.l     21時~22時頃です。サッカーと陸上中継次第だと思われ
       !  ヽ⊂⊃  _   ⊂⊃ノイ.i.:l
           l>ュ、 _ ,.イ}\!i.l::!::l
           {:l:Y⌒Y介ノ/⌒i\j:::l
            ̄ヽ_丿 ̄(_ノ ̄7゙!

【R-18】やる夫は戦わなければならないようです 幕間 冬の詩 その1

666 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/05/30(水) 22:33:30 ID:GnW/1Bq.0 [1/48]

           _
        __ ___」  `ヾ ̄ ̄`丶、    _
        レ'´,.-;ハ           ヽ. ∧
      /// ハ  、 \ \ 、  ∨ ∧
      ' 〃:/::. /: Λ ',\_\_\ヽ::./ /...  n __       ∩  {f⌒)}
      /  i:: ,イ: /'´ヽ. ヽ´\j\ ヽヘ,イ     | |└‐tノ     .∪   {「  
        l:イ !:イィテ斤\ イi弌i个、} }l.     U につ  ゆ  .○  . C 
       l八lハ`辻i  `弋リ ト、 ノ.l
       !  ヽ⊂⊃  _   ⊂⊃ノイ.i.:l
           l>ュ、 _ ,.イ}\!i.l::!::l   予告なし。突発です。
           {:l:Y⌒Y介ノ/⌒i\j:::l
            ̄ヽ_丿 ̄(_ノ ̄7゙!
.

【R-18】やる夫は戦わなければならないようです 第25話 去来する痛み

476 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/05/23(水) 23:27:43 ID:kIVADjYo0 [2/2]

【前回のあらすじ】

                  ,. --‐‐ 、, -- 、
                /            \
.               /                ヽ
.                 i / / , lト、 ヽヾ ヽ  ',
        r.  / 〉    l l i  l l ! ヽヽ ヽ ヽヽ  i     半人前ですみません。
        | l //‐‐ァ   l! ll __l l |  liい i l l.、 |
        | // r‐‐ァ  ハ li V__kl  リ __V/l lノ l     シウニンカムに、新たな仲間がやってきた。
       {三三ji.く   li V 弋j.〉  ´ ̄ l l l  il
       {_____,ノ\   | i八  '_,   l l |  ハ     その名は『ホシノ・ルリ』。
        ',       〕  | i! i >.〉~ `ヽ// i__  l
        \_ __ _彳i.   | i! l_i_,/_    〉〉/ |  l     レーディアで、鍛冶工の弟子として腕を磨いてきた彼女が
         r f´ ヽハ. l  | /i/ r'⌒ー-、//// `ヽ|                     ようやく掴んだ独り立ちの舞台。
.        r'‐l   i=イ/リ'´~  {      Y    >⌒ヽ
        弋_}   l |/    八__ ___,j  / _   }   しかし、自信に満ち溢れる彼女とは裏腹に
         入  Vi     ゝュェェェュア /    ヽ l!    一抹の不安を隠しきれないでいる小萌と亜美。
         / ヽ.  \      ___∠       V
.        /   ヽ   ヽ   _,ィ´         /i    実力は折り紙つきとカイトは言うが、はたして・・・
        i      ハ   \´  ヽ.       //i l
        ヽ.   /ハ    lヽ   i    , イ/ //!    そして、王城領地の一角『クール領』。
          ̄  /   \   l|  |___, イ /, ' .///
           /    `ー<アー'   / /  ///     そことの交渉の協力を請け負った小萌であったが、
           {             / /.イ///                 彼女に勝算はあるのだろうか・・・
          ノ             } il/ ノ.メ、
          ハ             ヽ.リ´   )      畑の拡張、街道整備、山賊問題の後始末。
         く                ヽ.
         /入_           __ _ < i          そして新たに増えた、クール領との交渉。
        /   .7ー-- 、__ ∠. --r‐''´ヘ
.        /   /      i       l   ',         小萌、亜美、そしてやる夫の苦悩は深まっていく ―――‐
       /   /      l       .l    ',
      /   /      l           l.    ',
.     〈   /      l        l    ',
      \ /       l         l   __./
        ` ~ へ __ _.⊥.. __   __,.~'´7´
           ヽ     |         /
            ヽ    |          /
            ヽ   l          /
.


やる夫は戦わなければならないようです 第24話 とある少女の決意

286 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/05/10(木) 00:31:14 ID:Ctv.8ofw0 [2/2]

【前回のあらすじ】

                  ,. --‐‐ 、, -- 、
                /            \
.               /                ヽ
.                 i / / , lト、 ヽヾ ヽ  ',    村長に休みなど存在しない。
        r.  / 〉    l l i  l l ! ヽヽ ヽ ヽヽ  i
        | l //‐‐ァ   l! ll __l l |  liい i l l.、 |    シウニンカムから南西へ、山の向こうにはひとつの村があった。
        | // r‐‐ァ  ハ li V__kl  リ __V/l lノ l
       {三三ji.く   li V 弋j.〉  ´ ̄ l l l  il     『レーディア』。鍛冶工を主な産業としている村である。
       {_____,ノ\   | i八  '_,   l l |  ハ
        ',       〕  | i! i >.〉~ `ヽ// i__  l    この村もペコルコタンと同じく、大きな問題に直面していた。
        \_ __ _彳i.   | i! l_i_,/_    〉〉/ |  l
         r f´ ヽハ. l  | /i/ r'⌒ー-、//// `ヽ|    仕事を失い、悩んでいた矢先に訪れた阿部達一行。
.        r'‐l   i=イ/リ'´~  {      Y    >⌒ヽ
        弋_}   l |/    八__ ___,j  / _   }   村長であるカイトとその妻メイコはこの機会を逃すまいと
         入  Vi     ゝュェェェュア /    ヽ l!                  彼らについて行くことを決意する。
         / ヽ.  \      ___∠       V
.        /   ヽ   ヽ   _,ィ´         /i    それは、シウニンカムの村長である月詠小萌との会談を
        i      ハ   \´  ヽ.       //i l|                    申し入れるためのものであった。
        ヽ.   /ハ    lヽ   i    , イ/ //!
          ̄  /   \   l|  |___, イ /, ' .///    一方でシウニンカムでもニ家の長である小萌と亜美が
           /    `ー<アー'   / /  ///                              頭を抱えていた。
           {             / /.イ///
          ノ             } il/ ノ.メ、      不足する武具、その管理方法、そして王城との山賊問題の
          ハ             ヽ.リ´   )                                 解決について。
         く                ヽ.
         /入_           __ _ < i         抱える問題は多々あれど、解決する為には足りないものが
        /   .7ー-- 、__ ∠. --r‐''´ヘ                                       多すぎる。
.        /   /      i       l   ',
       /   /      l       .l    ',       そんな中、聞こえてきたのは阿部達の声と聞き覚えのない声。
      /   /      l           l.    ',
.     〈   /      l        l    ',      それは彼女たちにとって福音となり得るのか。
      \ /       l         l   __./
        ` ~ へ __ _.⊥.. __   __,.~'´7´        積まれた本はそのままに、今日も村長は働き続ける ―――‐
           ヽ     |         /
            ヽ    |          /
            ヽ   l          /
.

やる夫は戦わなければならないようです 第23話 レーディア

135 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2012/04/29(日) 23:11:31 ID:Tcx/88ww0 [2/3]

【前回のあらすじ】

                  ,. --‐‐ 、, -- 、
                /            \
.               /                ヽ
.                 i / / , lト、 ヽヾ ヽ  ',    快楽は、何を殺すか ―――‐
        r.  / 〉    l l i  l l ! ヽヽ ヽ ヽヽ  i
        | l //‐‐ァ   l! ll __l l |  liい i l l.、 |    雪代 巴には獣人の血を確かに流れていた。
        | // r‐‐ァ  ハ li V__kl  リ __V/l lノ l
       {三三ji.く   li V 弋j.〉  ´ ̄ l l l  il     未だその血は不完全なれど、ユキシロを汚すには
       {_____,ノ\   | i八  '_,   l l |  ハ    十分すぎるほど十分なものでもあった。
        ',       〕  | i! i >.〉~ `ヽ// i__  l
        \_ __ _彳i.   | i! l_i_,/_    〉〉/ |  l    途絶える血脈。始まる新たな人生。
         r f´ ヽハ. l  | /i/ r'⌒ー-、//// `ヽ|
.        r'‐l   i=イ/リ'´~  {      Y    >⌒ヽ  彼女の選択した道は、愛した男の『願い』を守ることだった。
        弋_}   l |/    八__ ___,j  / _   }
         入  Vi     ゝュェェェュア /    ヽ l!  そのためならば、どんな邪道も厭わない、と。
         / ヽ.  \      ___∠       V
.        /   ヽ   ヽ   _,ィ´         /i    その願いは、やる夫とカルラによって叶えられる。
        i      ハ   \´  ヽ.       //i l|
        ヽ.   /ハ    lヽ   i    , イ/ //!    しかし、引き換えにしたのは己の身体だけだったのだろうか。
          ̄  /   \   l|  |___, イ /, ' .///
           /    `ー<アー'   / /  ///     自分自身が知らない場所に、深い快楽を刻み込まれ、
           {             / /.イ///     彼女はいつまで過去の愛を覚えていられるのか・・・
          ノ             } il/ ノ.メ、
          ハ             ヽ.リ´   )     そして、紅月カレンもまた新たな生活を迎えることとなる。
         く                ヽ.
         /入_           __ _ < i         見捨てられたという事実を、受け入れることが出来るのか。
        /   .7ー-- 、__ ∠. --r‐''´ヘ
.        /   /      i       l   ',        物語とともに、シウニンカムの秋も深まっていく ――――‐
       /   /      l       .l    ',
      /   /      l           l.    ',
.     〈   /      l        l    ',
      \ /       l         l   __./
        ` ~ へ __ _.⊥.. __   __,.~'´7´
           ヽ     |         /
            ヽ    |          /
            ヽ   l          /
.

やる夫は戦わなければならないようです 登場人物紹介

72 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/04/18(水) 22:01:11 ID:mtcAs86Y0 [3/33]



 【第二十二話現在 登場人物】


.

【R-18】 やる夫は戦わなければならないようです 第22話 混ぜるな、危険 後篇

733 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/04/16(月) 01:56:42 ID:hN4fHi460 [2/160]

【前回のあらすじ】

                  ,. --‐‐ 、, -- 、
                /            \
.               /                ヽ
.                 i / / , lト、 ヽヾ ヽ  ',
        r.  / 〉    l l i  l l ! ヽヽ ヽ ヽヽ  i     ペコルコタンでの山賊捜索を終えて帰ってきたやる夫たち。
        | l //‐‐ァ   l! ll __l l |  liい i l l.、 |
        | // r‐‐ァ  ハ li V__kl  リ __V/l lノ l     様々な問題を抱えてはいるものの、少しくらいは休息を、と
       {三三ji.く   li V 弋j.〉  ´ ̄ l l l  il     願うやる夫を後目に新たな問題が浮上する。
       {_____,ノ\   | i八  '_,   l l |  ハ、
        ',       〕  | i! i >.〉~ `ヽ// i__  l     『ユキシロ』。今回の騒動の原因とも言える彼女だが
        \_ __ _彳i.   | i! l_i_,/_    〉〉/ |  l     彼女とやる夫が出逢った瞬間に異変が生じてしまった。
         r f´ ヽハ. l  | /i/ r'⌒ー-、//// `ヽ|
.        r'‐l   i=イ/リ'´~  {      Y    >⌒ヽ   急な発情とも言える状態の変化。これが意味するところは
        弋_}   l |/    八__ ___,j  / _   } .  一体なんなのか。
         入  Vi     ゝュェェェュア /    ヽ l!
         / ヽ.  \      ___∠       V    彼らに、これを治す術はあるのだろうか・・・
.        /   ヽ   ヽ   _,ィ´         /i
        i      ハ   \´  ヽ.       //i l|    そして、『それ』扱いを受ける彼女。
        ヽ.   /ハ    lヽ   i    , イ/ //!    それもまた、なぜか騒動に巻き込まれていく。
          ̄  /   \   l|  |___, イ /, ' .///
           /    `ー<アー'   / /  ///     やる夫とカルラ、カレン、そして雪代 巴。
           {             / /.イ///
          ノ             } il/ ノ.メ、      ―――‐ 揃うはずのない役者が、今ここに揃う。
          ハ             ヽ.リ´   )
         く                ヽ.
         /入_           __ _ < i
        /   .7ー-- 、__ ∠. --r‐''´ヘ
.        /   /      i       l   ',
       /   /      l       .l    ',
      /   /      l           l.    ',
.     〈   /      l        l    ',
      \ /       l         l   __./
        ` ~ へ __ _.⊥.. __   __,.~'´7´
           ヽ     |         /
            ヽ    |          /
            ヽ   l          /
.

やる夫は戦わなければならないようです 第21話 混ぜるな、危険 前篇

490 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2012/03/29(木) 17:37:09 ID:7f4pzv3Y [4/118]

【前回のあらすじ】

                  ,. --‐‐ 、, -- 、
                /            \
.               /                ヽ
.                 i / / , lト、 ヽヾ ヽ  ',
        r.  / 〉    l l i  l l ! ヽヽ ヽ ヽヽ  i     『雪代の血』。それは力を約束された一族の証。
        | l //‐‐ァ   l! ll __l l |  liい i l l.、 |
        | // r‐‐ァ  ハ li V__kl  リ __V/l lノ l     しかし、ひとつの出来事でそれは地に伏すこととなる。
       {三三ji.く   li V 弋j.〉  ´ ̄ l l l  il
       {_____,ノ\   | i八  '_,   l l |  ハ     かつての栄華を取り戻すため、その生き残りは
        ',       〕  | i! i >.〉~ `ヽ// i__  l     最後の試練に挑むも、敗北を喫することとなる。
        \_ __ _彳i.   | i! l_i_,/_    〉〉/ |  l
         r f´ ヽハ. l  | /i/ r'⌒ー-、//// `ヽ|    そこには、人族と獣人族の越えられない壁が存在していた。
.        r'‐l   i=イ/リ'´~  {      Y    >⌒ヽ
        弋_}   l |/    八__ ___,j  / _   }   そして、山賊となってしまった一人『雪代 巴』の口から
         入  Vi     ゝュェェェュア /    ヽ l!   告げられたのは衝撃の事実であった。
         / ヽ.  \      ___∠       V
.        /   ヽ   ヽ   _,ィ´         /i    浮かび上がる女王の影。ちらつく歴史の闇。
        i      ハ   \´  ヽ.       //i l|
        ヽ.   /ハ    lヽ   i    , イ/ //!    誰が歴史の紐を再び解こうとしているのだろうか・・・
          ̄  /   \   l|  |___, イ /, ' .///
           /    `ー<アー'   / /  ///     そして、雪代巴は本当に獣の血を継いでいるのか。
           {             / /.イ///
          ノ             } il/ ノ.メ、     辺境の小さな村で、物語は動いてゆく―――
          ハ             ヽ.リ´   )
         く                ヽ.
         /入_           __ _ < i
        /   .7ー-- 、__ ∠. --r‐''´ヘ
.        /   /      i       l   ',
       /   /      l       .l    ',
      /   /      l           l.    ',
.     〈   /      l        l    ',
      \ /       l         l   __./
        ` ~ へ __ _.⊥.. __   __,.~'´7´
           ヽ     |         /
            ヽ    |          /
            ヽ   l          /
.

やる夫は戦わなければならないようです 番外編 彼の知らない物語 その5

417 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/03/19(月) 21:30:36 ID:SFNamyVw [4/41]

【やらない夫の部屋 夕方】

    | {二二}{二二| {二二}{二ニ ,'| ! .二} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}に.  ,' j | ニ二} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}{ニ. ,′| ! .二} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二 ixヘ' ニ |__| ニ二} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二 \:::辷z.!i_ ニ} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}{ ヘ.::::::::::( ゚< ニ} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}{  くx=┬< .ニ} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}{二二 八  二} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}{二二.〈上〉 .二} |二}{二二}{二二} |   |
    | {二二}{二二| {二二}{二二 r=' 二二} |二}{二二}{二二} |   |
    ,廴_____,|______`爪 __,|__________|__|_
 >'´     ___ r、 (二) __,トニニニオ___
'´      / /二.Y´  `Y 二 乂___,乂.二二∨\
     ,/  /:.:.rz介=─=介z:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ \
   /   /:.:.:.':.:":':.:.:.:.:.:":.':.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨   \
  /   ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄∨   丶
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.

やる夫は戦わなければならないようです 番外編 彼の知らない物語 その4

353 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/03/15(木) 21:31:07 ID:qn6wJWdk [2/36]

      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ                       アレ、マサカシタイカ?
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ       オイ、ダイジョウブナノカ…
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'
.

やる夫は戦わなければならないようです 第20話 雪代の血

197 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/03/10(土) 00:08:42 ID:qPtGQOqE [2/74]

【前回のあらすじ】

    ,. - '',´`ヽ
   i"  /   \
   !  f'*、    ヽ._,.x-‐‐、,. - - - 、    _,....、
   i  /  `・ 、   ヽ: : : : : : : : : : : : `>-''"´ュ ヽ.
   i  /    ,v'ヽ ,.zゝ: : : : : : : : ,. ・´       l   ヽ   人間には超えられない壁がある。
   ! /    /: : : >': : ,イ: l: : l: : : : : ヽ.  _,. -r‐┤   }
   v'    /: : : /: / :/l !: !: :i: : : : ヽ: Y´: : : !  !   /.   それは、過去の人間が自らで証明したことでもあった。
 ,..-=-- 、  l i: : : l:/i_/_l ! !:i! i: i:i: :i : i: :l : : : : l  l   /
.{     ``! i: : : !',.i/=ミ ヽiヽ斗'弋 'l: l: : : : :l  !  /     水銀燈は、己の力を誇示する為に。
 i      l !i: : バ i;::::゚j`  ` ,.g=ー 、」/ : : : /  し'
  ! ` 、   い: ゝ,,`ー''     i゚_;;j ' ノ:,;': : /.         剣心は、彼女の望みを叶える為に剣を振るう。
  ゝ、 ` 、  ゝゞ、:ヽ   .   _,.ニ-:'_;': /ー - 、
   `ヽ、 ` 、  `i` 、  ー一  ニ=-':-'"     ヽ      時を同じくして、やる夫たちもひとつの答えにたどり着く。
      `>、_λ  `ヽ`i 、 _ ,. イ7i    _ノ    l
      ヾ.o_ _1_   l{ヽ.,、,、_ノ./ - '' ´  r    j      それは、彼らの予想を上回るモノでもあった。
       `´!~ ./'   く~::;;H:::::ヽ'     /    /
         `i_l,.-、   `'  ヾ'´     /    /       そして、シウニンカムの危機を察知するものの、
         /f l \    、,    /i'V    /        彼らは動こうとはしない。彼女には確信があったのだ。
         i'ハ !   \__..人.___/ i  }  /i
         i  `ヘ、 ___,.r`-〒ー'_  /_ノ   / l.        辺境の小さな村で、歴史は繰り返されていく。
        /    \    l  ~`ン´   i   i
       /      \  l  / i    イ   l         胸に刻まれた罪の傷痕は、一体どれほどの涙で
       /        `フ-イ  !    i  l.         癒やすことができるのだろうか。
      /         /  l   !   /   l
      /         /   l   .!___,...iz..., l         それはまだ、誰も知らない―――――
     /         /   l   |    oi l
     /         /    l  ::L____,....,..! l
    /         /    l  /    ヽ. l
    /         /     l  l 、    i i
.

やる夫は戦わなければならないようです 埋めネタ その3

914 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/03/04(日) 23:39:56 ID:gi00Yf46 [3/23]


 埋めネタ その3

 『ある日のマリアさんについてのお話』


.

【R-18】 やる夫は戦わなければならないようです 第19話 英雄は斯く有りて 其の二

23 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2012/03/03(土) 19:48:34 ID:XzTgGS4o [1/92]

【前回のあらすじ】

    ,. - '',´`ヽ
   i"  /   \
   !  f'*、    ヽ._,.x-‐‐、,. - - - 、    _,....、
   i  /  `・ 、   ヽ: : : : : : : : : : : : `>-''"´ュ ヽ.
   i  /    ,v'ヽ ,.zゝ: : : : : : : : ,. ・´       l   ヽ    平穏は一閃の下に打ち破られる。
   ! /    /: : : >': : ,イ: l: : l: : : : : ヽ.  _,. -r‐┤   }
   v'    /: : : /: / :/l !: !: :i: : : : ヽ: Y´: : : !  !   /    シウニンカムに足を踏み入れたのは一人の剣士。
 ,..-=-- 、  l i: : : l:/i_/_l ! !:i! i: i:i: :i : i: :l : : : : l  l   /
.{     ``! i: : : !',.i/=ミ ヽiヽ斗'弋 'l: l: : : : :l  !  /      彼はこの村を滅ぼさんが為に剣を振るう。
 i      l !i: : バ i;::::゚j`  ` ,.g=ー 、」/ : : : /  し'
  ! ` 、   い: ゝ,,`ー''     i゚_;;j ' ノ:,;': : /           対するはやらない夫。ハヤテを逃がし、時間を稼ぐ。
  ゝ、 ` 、  ゝゞ、:ヽ   .   _,.ニ-:'_;': /ー - 、
   `ヽ、 ` 、  `i` 、  ー一  ニ=-':-'"     ヽ       人間としては想像できない速さ、そして力。
      `>、_λ  `ヽ`i 、 _ ,. イ7i    _ノ    l
      ヾ.o_ _1_   l{ヽ.,、,、_ノ./ - '' ´  r    j       やらない夫は、その力に驚愕する。
       `´!~ ./'   く~::;;H:::::ヽ'     /    /
         `i_l,.-、   `'  ヾ'´     /    /        自分では勝てない。そして、この村の誰にも・・・
         /f l \    、,    /i'V    /
         i'ハ !   \__..人.___/ i  }  /i          小萌は賊の訪れを耳にする。
         i  `ヘ、 ___,.r`-〒ー'_  /_ノ   / l.         それは彼女の想定していない事態でもあった。
        /    \    l  ~`ン´   i   i
       /      \  l  / i    イ   l          誰ならばこの男を止められるのか。
       /        `フ-イ  !    i  l
      /         /  l   !   /   l.          カルラはいない。真紅も、阿部高和も、シモンも・・・
      /         /   l   .!___,...iz..., l
     /         /   l   |    oi l          最後に残っているのは、今は無き村の長。
     /         /    l  ::L____,....,..! l
    /         /    l  /    ヽ. l          それは、残酷なまでに歴史を繰り返す―――――
    /         /     l  l 、    i i
.

やる夫は戦わなければならないようです 第18話 英雄は斯く有りて

760 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/02/19(日) 00:21:21 ID:ODeBX0W6 [2/72]

【前回のあらすじ】

    ,. - '',´`ヽ
   i"  /   \
   !  f'*、    ヽ._,.x-‐‐、,. - - - 、    _,....、
   i  /  `・ 、   ヽ: : : : : : : : : : : : `>-''"´ュ ヽ.
   i  /    ,v'ヽ ,.zゝ: : : : : : : : ,. ・´       l   ヽ
   ! /    /: : : >': : ,イ: l: : l: : : : : ヽ.  _,. -r‐┤   }  ペコルコタンに戻ってきたやる夫たち一行。
   v'    /: : : /: / :/l !: !: :i: : : : ヽ: Y´: : : !  !   /
 ,..-=-- 、  l i: : : l:/i_/_l ! !:i! i: i:i: :i : i: :l : : : : l  l   /   その中で、カレンは自分の身分がばれていることを
.{     ``! i: : : !',.i/=ミ ヽiヽ斗'弋 'l: l: : : : :l  !  /    確信していた。
 i      l !i: : バ i;::::゚j`  ` ,.g=ー 、」/ : : : /  し'
  ! ` 、   い: ゝ,,`ー''     i゚_;;j ' ノ:,;': : /         逃げ出そうとするカレン。しかし、それを許さないのは
  ゝ、 ` 、  ゝゞ、:ヽ   .   _,.ニ-:'_;': /ー - 、      真紅とカルラの二人だった。
   `ヽ、 ` 、  `i` 、  ー一  ニ=-':-'"     ヽ
      `>、_λ  `ヽ`i 、 _ ,. イ7i    _ノ    l.     時を同じくして、シウニンカム周辺にいた剣心と巴の二人も
      ヾ.o_ _1_   l{ヽ.,、,、_ノ./ - '' ´  r    j      ひとつの分岐を迎えていた。
       `´!~ ./'   く~::;;H:::::ヽ'     /    /
         `i_l,.-、   `'  ヾ'´     /    /       怪我をして動けない巴を残し、シウニンカムに向かう剣心。
         /f l \    、,    /i'V    /
         i'ハ !   \__..人.___/ i  }  /i        彼らの思いは、どこへと行くのか。
         i  `ヘ、 ___,.r`-〒ー'_  /_ノ   / l
        /    \    l  ~`ン´   i   i.        また、王城でもひとつの問題が浮き彫りになっていた。
       /      \  l  / i    イ   l
       /        `フ-イ  !    i  l        紅月カレンの所属する第三軍。そして、今なお残る軍の
      /         /  l   !   /   l        再編騒動の爪痕。そして、王の血族。
      /         /   l   .!___,...iz..., l
     /         /   l   |    oi l         やる夫たちの動きの裏で、物語は加速する―――
     /         /    l  ::L____,....,..! l
    /         /    l  /    ヽ. l
    /         /     l  l 、    i i
.

【R-18】 やる夫は戦わなければならないようです 第17話 ペコルコタン再生計画 其の三

428 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/02/06(月) 23:46:55 ID:1E/JfZew [4/5]

【前回のあらすじ】

    ,. - '',´`ヽ
   i"  /   \
   !  f'*、    ヽ._,.x-‐‐、,. - - - 、    _,....、
   i  /  `・ 、   ヽ: : : : : : : : : : : : `>-''"´ュ ヽ.
   i  /    ,v'ヽ ,.zゝ: : : : : : : : ,. ・´       l   ヽ
   ! /    /: : : >': : ,イ: l: : l: : : : : ヽ.  _,. -r‐┤   }   やる夫たちは山の中でひとりの女を助ける。
   v'    /: : : /: / :/l !: !: :i: : : : ヽ: Y´: : : !  !   /
 ,..-=-- 、  l i: : : l:/i_/_l ! !:i! i: i:i: :i : i: :l : : : : l  l   /    山の中での行き倒れ。名前以外のことを話さない女。
.{     ``! i: : : !',.i/=ミ ヽiヽ斗'弋 'l: l: : : : :l  !  /
 i      l !i: : バ i;::::゚j`  ` ,.g=ー 、」/ : : : /  し'       彼女は一体何者なのか・・・
  ! ` 、   い: ゝ,,`ー''     i゚_;;j ' ノ:,;': : /
  ゝ、 ` 、  ゝゞ、:ヽ   .   _,.ニ-:'_;': /ー - 、       そのことシウニンカムでは討伐部隊が出発していた。
   `ヽ、 ` 、  `i` 、  ー一  ニ=-':-'"     ヽ
      `>、_λ  `ヽ`i 、 _ ,. イ7i    _ノ    l      亜美や水銀燈と異なり楽観的なやらない夫。
      ヾ.o_ _1_   l{ヽ.,、,、_ノ./ - '' ´  r    j
       `´!~ ./'   く~::;;H:::::ヽ'     /    /       彼は村を守ることができるのか・・・
         `i_l,.-、   `'  ヾ'´     /    /
         /f l \    、,    /i'V    /        その西側山中では、男女がシウニンカムへ向かっていた。
         i'ハ !   \__..人.___/ i  }  /i
         i  `ヘ、 ___,.r`-〒ー'_  /_ノ   / l         彼らの目的は? そしてどう動いて行くのか。
        /    \    l  ~`ン´   i   i
       /      \  l  / i    イ   l         その頃、やる夫たちは女を連れて下山していた。
       /        `フ-イ  !    i  l
      /         /  l   !   /   l         和やかな会話が広げられる中、女は一つの違和感を覚える。
      /         /   l   .!___,...iz..., l
     /         /   l   |    oi l          ――― それは、彼女の知らない物語。
     /         /    l  ::L____,....,..! l
    /         /    l  /    ヽ. l
    /         /     l  l 、    i i
.

やる夫は戦わなければならないようです 第16話 ペコルコタン再生計画 其のニ

305 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/01/27(金) 23:48:17 ID:hAk8./0w [2/2]

【前回のあらすじ】

    ,. - '',´`ヽ
   i"  /   \
   !  f'*、    ヽ._,.x-‐‐、,. - - - 、    _,....、
   i  /  `・ 、   ヽ: : : : : : : : : : : : `>-''"´ュ ヽ.
   i  /    ,v'ヽ ,.zゝ: : : : : : : : ,. ・´       l   ヽ   再びペコルコタンへと足を踏み入れたやる夫たち。
   ! /    /: : : >': : ,イ: l: : l: : : : : ヽ.  _,. -r‐┤   }
   v'    /: : : /: / :/l !: !: :i: : : : ヽ: Y´: : : !  !   /    ペコルコタンを再生させるためにやる夫はひとつの
 ,..-=-- 、  l i: : : l:/i_/_l ! !:i! i: i:i: :i : i: :l : : : : l  l   /    案を提示する。
.{     ``! i: : : !',.i/=ミ ヽiヽ斗'弋 'l: l: : : : :l  !  /
 i      l !i: : バ i;::::゚j`  ` ,.g=ー 、」/ : : : /  し'      それはこの村に咲く唯一の花、送白花を利用する
  ! ` 、   い: ゝ,,`ー''     i゚_;;j ' ノ:,;': : /.         ものであった。
  ゝ、 ` 、  ゝゞ、:ヽ   .   _,.ニ-:'_;': /ー - 、
   `ヽ、 ` 、  `i` 、  ー一  ニ=-':-'"     ヽ      そんな中、山向こうの境界域では別の動きが起こっていた。
      `>、_λ  `ヽ`i 、 _ ,. イ7i    _ノ    l
      ヾ.o_ _1_   l{ヽ.,、,、_ノ./ - '' ´  r    j.      紅月カレン。彼女は王家諸領に戻れず、立ち尽くしていた。
       `´!~ ./'   く~::;;H:::::ヽ'     /    /
         `i_l,.-、   `'  ヾ'´     /    /       次善の策として彼女は再び、山へと戻ることを選択する。
         /f l \    、,    /i'V    /
         i'ハ !   \__..人.___/ i  }  /i         時を後にして、その対となる側からも四人が山へと
         i  `ヘ、 ___,.r`-〒ー'_  /_ノ   / l        .足を踏み入れていた。
        /    \    l  ~`ン´   i   i
       /      \  l  / i    イ   l.        彼らはそこで行き倒れの女を見つけることとなる。
       /        `フ-イ  !    i  l
      /         /  l   !   /   l         甘い匂いを辿った先で、物語は動きだす――‐
      /         /   l   .!___,...iz..., l
     /         /   l   |    oi l
     /         /    l  ::L____,....,..! l
    /         /    l  /    ヽ. l
    /         /     l  l 、    i i
.

やる夫は戦わなければならないようです 第15話 ペコルコタン再生計画 其の一

164 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/01/21(土) 12:03:44 ID:8fHZ4Bmw [2/84]

 【前回のあらすじ】

    ,. - '',´`ヽ
   i"  /   \
   !  f'*、    ヽ._,.x-‐‐、,. - - - 、    _,....、
   i  /  `・ 、   ヽ: : : : : : : : : : : : `>-''"´ュ ヽ.
   i  /    ,v'ヽ ,.zゝ: : : : : : : : ,. ・´       l   ヽ   月の輝く夜、宴に招かれたのは一匹の蝶だった。
   ! /    /: : : >': : ,イ: l: : l: : : : : ヽ.  _,. -r‐┤   }
   v'    /: : : /: / :/l !: !: :i: : : : ヽ: Y´: : : !  !   /.   主催者は蜘蛛。宴の場所は蜘蛛の糸。
 ,..-=-- 、  l i: : : l:/i_/_l ! !:i! i: i:i: :i : i: :l : : : : l  l   /
.{     ``! i: : : !',.i/=ミ ヽiヽ斗'弋 'l: l: : : : :l  !  /...   気が付けばその蝶は蜘蛛の眼前で舞っていた。
 i      l !i: : バ i;::::゚j`  ` ,.g=ー 、」/ : : : /  し'
  ! ` 、   い: ゝ,,`ー''     i゚_;;j ' ノ:,;': : /          燦然と輝く金の羽を振り乱し、その糸から逃れるが如く。
  ゝ、 ` 、  ゝゞ、:ヽ   .   _,.ニ-:'_;': /ー - 、
   `ヽ、 ` 、  `i` 、  ー一  ニ=-':-'"     ヽ      しかして、その糸は蝶を逃がそうとはしない。
      `>、_λ  `ヽ`i 、 _ ,. イ7i    _ノ    l
      ヾ.o_ _1_   l{ヽ.,、,、_ノ./ - '' ´  r    j     触角を、体を、そしてその美しい金の羽を丁寧に絡めていく。
       `´!~ ./'   く~::;;H:::::ヽ'     /    /
         `i_l,.-、   `'  ヾ'´     /    /.      怯えないように、震えないように。言の葉までも絡めていく。
         /f l \    、,    /i'V    /
         i'ハ !   \__..人.___/ i  }  /i.       それでも蝶は気付かない。蜘蛛が自分を食べようとしていると。
         i  `ヘ、 ___,.r`-〒ー'_  /_ノ   / l
        /    \    l  ~`ン´   i   i       それでも蝶は気付かない。垂らされた一本糸すら救いはないと。
       /      \  l  / i    イ   l
       /        `フ-イ  !    i  l        輝く夜に響く声。その声は、月へは届かない・・・
      /         /  l   !   /   l
      /         /   l   .!___,...iz..., l
     /         /   l   |    oi l
     /         /    l  ::L____,....,..! l
    /         /    l  /    ヽ. l
    /         /     l  l 、    i i
.

やる夫は戦わなければならないようです 埋めネタ その2

932 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2012/01/15(日) 17:24:05 ID:kYkgjAUs [3/31]




  埋めネタ その2 


  『カルラさん家のある日の晩酌』





.

【R-18】 やる夫は戦わなければならないようです 第14話 月夜の宴

27 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/01/13(金) 21:33:08 ID:NiLrRM2A [1/97]

【前回のあらすじ】
                  ,  - ── - .
               ,  '"          `  、
             /,     /   /  /    \
            ,./ // /  /   /  /! ハ    ヽ      山賊退治に、どれほどの思惑が渦巻くのか!?
.          // /l  i l  メ、 // // /  i     ',
        / / /´|  ! ! //\レ  / /   ! ハ  l i      王家、月詠家。それぞれの思いは彼らの胸の内に・・・
       /   i  { .|  l l i   ○   レ'   、レ_l ノ |ヽ
      /   .|  iヽj  l l |              ○ レヘ  ! ヽ     そんな思いを知らず、やる夫たちは旅立つ。
  ,. - '´     |  i l  .l l |                 〉 !   ヽ
<         !  ! .l  l i !      、__        , 'ヽ l   ヽ.  再びペコルコタンへ向かっていく彼らに何が待っているのか。
  ` 7       ヽ ヾヽ ヽ ',         `'    ,.イ i |ヽ  ヾ  \
  /         ヽ  \ ヾ ', 、_       ,. イ i l l | \  ヽ  \  夜は少しずつ更けていく。全ての思いを飲み込むように・・・
.  l /!  ○    ○ヾ ヽ \ ヽr-`.ニこ_ ̄ i  il  l ! |   ヾ  ヽ  \ 
  レ' i         〉/´  \ \__/ ヽiヽ`ヽ i  ! l |    \ \  ヽ
    N        , -'' ─- 、  \ \く´7-ト >`> l  i |      \ ヽ、 ヽ 
     ヽ   ,. -'´      \ ヽ`ー==ー- 、攵_7 l! |      }  〉  〉
       ヽ ヽフ`ヽ      〉 /   Lゝ   ヽ 〉,\i  |     / , '! //
        } /   \   /_/         メ   〉 |    / / lレ''
.       /     /_〉/ヽヽ__    __ノ  /´i}___/ヽ ト.、  i  {
      /      '  l   i\`ト=ニこ二 ,{_ノ  |\ \ヽ\ !  ',
.      乂_____ノ   /   ヽ,〉ヽ \ \ `ヽー'----┐ヽ \!.  ヽ
    /  /   {   /    /ヽ ヽ \ `  、    ハ i  ヽ  i
   /  /    /`ー' 7 、___ノ  ヽ ヽ  \  `丶、/  ! l   } il |
 /   /    /  / / `ー‐‐' l    ヽ  \  \    〉  レ'   | リレ'
.

やる夫は戦わなければならないようです 第13話 思惑

791 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2012/01/04(水) 18:34:31 ID:0PaN824o [2/2]

【前回のあらすじ】
                  ,  - ── - .
               ,  '"          `  、
             /,     /   /  /    \
            ,./ // /  /   /  /! ハ    ヽ      股の緩さと頭の緩さは比例するのか!?
.          // /l  i l  メ、 // // /  i     ',
        / / /´|  ! ! //\レ  / /   ! ハ  l i      彼の国の王女はいつものように遊んでいた・・・
       /   i  { .|  l l i   ○   レ'   、レ_l ノ |ヽ
      /   .|  iヽj  l l |              ○ レヘ  ! ヽ     その最中、王城では二人の女が争っていた。
  ,. - '´     |  i l  .l l |                 〉 !   ヽ
<         !  ! .l  l i !      、__        , 'ヽ l   ヽ.  女王と村長。彼女たちの繋がりはどこにあるのか。
  ` 7       ヽ ヾヽ ヽ ',         `'    ,.イ i |ヽ  ヾ  \
  /         ヽ  \ ヾ ', 、_       ,. イ i l l | \  ヽ  \ 一方で、やる夫はこの国、そしてペコルコタンの
.  l /!  ○    ○ヾ ヽ \ ヽr-`.ニこ_ ̄ i  il  l ! |   ヾ  ヽ  \ 過去を知ることとなる。
  レ' i         〉/´  \ \__/ ヽiヽ`ヽ i  ! l |    \ \  ヽ
    N        , -'' ─- 、  \ \く´7-ト >`> l  i |      \ ヽ、 ヽ それは、未だ紐解かれない負の歴史。
     ヽ   ,. -'´      \ ヽ`ー==ー- 、攵_7 l! |      }  〉  〉
       ヽ ヽフ`ヽ      〉 /   Lゝ   ヽ 〉,\i  |     / , '! // そんな中、小萌は大きな問題に直面していた・・・
        } /   \   /_/         メ   〉 |    / / lレ''
.       /     /_〉/ヽヽ__    __ノ  /´i}___/ヽ ト.、  i  {
      /      '  l   i\`ト=ニこ二 ,{_ノ  |\ \ヽ\ !  ',
.      乂_____ノ   /   ヽ,〉ヽ \ \ `ヽー'----┐ヽ \!.  ヽ
    /  /   {   /    /ヽ ヽ \ `  、    ハ i  ヽ  i
   /  /    /`ー' 7 、___ノ  ヽ ヽ  \  `丶、/  ! l   } il |
 /   /    /  / / `ー‐‐' l    ヽ  \  \    〉  レ'   | リレ'
.

やる夫は戦わなければならないようです 番外編 彼の知らない物語 その3

690 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2011/12/25(日) 21:31:14 ID:HOYhD1I. [3/38]


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
           |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)       独りが、嫌?
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ     それが理由・・・ですか?
            人、   '、/  ̄ ヽ '、
         _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

.

やる夫は戦わなければならないようです 番外編 彼の知らない物語 その2

642 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2011/12/24(土) 21:31:47 ID:drR8qtd. [3/33]

        __
       /ノ ヽ\
     /.(○)(○)\
     |. u. (__人__) |   (家に入れてもらったはいいけど・・・)
    . |        |
      |        |
    .  ヽ      ノ
       ヽ     /
       /    ヽ
       |     |
       |    .   |

                       r !               n   
                      ||     に二二l   . /厶__ 
                       ヽニフ.           └'^ー┘..

        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `:-.‐.‐: : :‐.-. . ,,_
      , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: <¬ー-``ヽ
     .:': :/: : : :/: : : : : : : : ::: : : : : : ヘ: : : : : : : : : : : :. `ヽ
     /: :/: : :./    : : : : j::: : : : : : : :!: : : i:.. : : : : :  、   \
    ,': :/: : ; '  . . . : : : :!: :.j|::: : . . .   !: : : V::.     ヽ    ヽ
    ,': :.i: :,:'. . : : : : : : : : :i: :/ |::|: : : : : : : |ヘ: : :.V:::. . . i...   ヽ   `、
   .i: : i.:/: : : : : : : : :_;,,;/:_/ .!:|: : : : :.l: : | v‐'个-:.、: :V::. : :Vヘ丶、 `、
   j: : l/: : .::j: : : :':´: :./l:./`゙ !j: : : : :.!: : l`'゛V: :.!::::::. : :.V::.: : V:ヘ  \゙、  (なにを話せばいいんだろ・・・)
   l: :./: :.::::j: : : : : : :/.j:/   :||: : : : ハ: :.j  ∨:.|V::::. : :.i!:::. : :.!、:゙',   `
   !:./: .::;:イ: : : : : :/_/゙-―  |!: : : / !: !--- V:.| V::::. : :.!::::. : :!`、!
   !:l: :/_:l: : : : r主圭王羊 .|: : :/  :|:.E玉圭主ョ∨::. : j:::::. : :! Vi
   lj:/|:./ i: : : : :У.|:::::;;;;::::|  l: :./   !:,!|::::;;;;::::,!/ λ::: : :!:::::: : l   ゙}
   }': j: ヘ !: : : :∧ !V  С  !, '   j/ lV С  /:::i::: : l::::::: :.j
   l: :l: : :゙|: : :∧::l ヾ、__ツ /'      ヾ、_,ツ  ,'::::::i:: :ハ:::::: :,!
   .!:.!: : : |: :/:::ヘ::i  ‐''"´      、   ``'''‐ ・ i:::::::::!:/ !::: /
    !j: : : :.|∧: :::ヘ:j.、  ' '           ' ' ,ノ::::::: l/  |:::/
    li: : : : .::|ヘ: : ::ヘi:::;>:...,_    ´` _ ,,. ,-::''゙:|:|:::::: : :!   !/
    }: : : : : :|::ヘ: : : ヘ .   {'゛`` ''''' {´| `ヾ{::::::::::!|:: : : :.|   '′
   .!: : : : :,:-<゙、: : :.ヘ  l ー-、  ,-l    `フ7||: : : : l
   l: : :./   ヾ、: : :ヘ.  !'´ ̄ ̄ ̄|   // |l: : : : l
.

やる夫は戦わなければならないようです 番外編 彼の知らない物語 その1

597 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[] 投稿日:2011/12/23(金) 21:31:06 ID:l.tac82. [3/33]

            / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/   ハァ…
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/
          \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
          ,' :::j  .:::::::::/
       ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
       /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j




     ヽ::::::::/::::/.:::::::::::::::::::::: l.∨\:.:.:.:.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.         ',:::/::::/::::::::::::::::::::::: : lニ∨ \:.:.:.:.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       }/:::: ,:::::::::::::::::::::::::: : |  \.  \~~~ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::
.        ノi:::::: |.:::::::::::::::::::::::: ト l.ィ刈个ミ  \  .∨::::::::::::::::::::::::::::::: ・ ・ ・
.       `ー,:::::: |.::::::::::::::::::::: : l:|:| ∨} |:::彡 ≦-,   ∨::::::::::::::::::::::::::::
.         |::::::::l::::::::::::::::i: : :/ リ:} ¨ .}:::::ヘwwwxx/∨::::::::::::::::::::::::::
.         |::|:::::l:::::::::::: : マ:::{:::::,'   ム::::::::::: |   ∨ ヽ::::::::::::::::::::::::
.         |.|マ::::ヽ ニ 、::::マ:::ノ    ム:::::::::::|  /   \::::::::::::::::::
.        || ヤ ´   ヽ.|マ::≧t _   |l::::::从 ,'    斗 \:::::::::::::
       l         リ .\   ゝ. リマム  ,' ,x≦.: : : :. :. :.>::::::
                      '.  マム/.: : : : : : : : : : : : : : :
                       ゝイ\ヽ.: : : : : : : : : : : : : : :
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                      ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.



ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。