女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。
カテゴリー  [ やらない夫は約束を守るようです ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 終章 そしてこの空と大地の間に

46 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/28(日) 00:25:12 ID:R1KgvJoz
終1.
場面はマリアンデールの酒場に戻る。



        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ  i :li|   .l
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |       「―――こうして。
     .|   .l  .!l .l .!,,,,,,,l、':,.l  ./ ,,,,l,,、l ! .i.l |   .l       二人の騎士の一人は城に残り、
    .l   |  | l |` ゙゙゙゙` ヽ'゙ ´゙゙゙゙´ !':/.!|;| l    .|       一人は城を出た。
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |      『彼』が城を出た理由は、
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l      彼だけが知っているのです―――」
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | l    .|
  /    .!  ,!.,:'  |  ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!
  /    /  / !   l    ..l.__,.l,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  |     .!



長い長い歌の終わりをそう結び、リュートの演奏を終えた詩人。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第九章 英雄と言う名の猛毒 その2

110 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日:10/11/27(土) 22:05:12 ID:VkRf532r
九83.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

午後一時より、少し前。
だいぶ補修、手入れは進んでいるものの、まだ床の穴が完全に塞がっていない謁見の間は
大勢のざわめきに包まれていた。



        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
       `ー――'′ し∪  (ノ

                             (ヽ、00  ∩
                           ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                            `ー――'′ し∪  (ノ

::::|    .       |    \: : : : :\ \/ /: : : : : :./ .|:|   |      |::|   \: : : : ::\\/
::::|   |      .|   |:  \: : :/∨ /:\ : : : /   |:|   |      |::|     \: : :/ ∨ /
::::|   ∧      :|   |::|:... ∨   |  |: : : \/      |:|   |      |::|   l   ∨    |  |:
::::|─ | :| ‐──┘  └─‐. |   |  |: : : : : | ───┘   └────┘  └‐ |    |  |:
::::|   |_:|             |   |  |: : : : : |                           |    |  |:
::::| ̄ | :|  ̄ ̄ ̄|   「:| ̄ |   |_ |: : : : : |  ̄ ̄ ̄「|   | ̄ ̄ ̄ ̄「:|   | ̄ |    | _|:
::::|   | :|       |   |::|   |-‐'''"|  |゙ :‐-.::;|       |:|   |        |::|   |   |-‐''' ゙゙|  |`
::::|   | :|       |   |::|   |   |  |: : : : : |       |:|   |        |::|   |   |    |  |:
::::|   | :|       |   |::|   |   |  |: : : : : |       |:|   |        |::|   |   |    |  |:
::::|   | :ト、          |     |   |  |: : : :        |:           |            |:
::::|   | :ト、\              |  |: : :
::::|   | :|∨:||               |  |: :
::::|   | :|│:||                   |
::::|   | :||〔三三三〕
::::|   | :|└──<| |
::::|  〔三三三三三三〕
 ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|
 ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第九章 英雄と言う名の猛毒 その1

437 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/27(土) 20:30:13 ID:VkRf532r
九1.
今日は不死鳥の月、十四日。

あの戦いからもう八日が経過しようとしている中、
冬の冷たい大気に負けないよう、威勢の良いのかけ声が中庭に響いていた。





\よーし、引っ張れぇぇぇ!/

                      \せーの!/

                          。
                     。  。     |     。  。
                      |.  |     |:|    |.  |
                   ||  ||    |.:.|    ||  ||
                     |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|
              。     |.:.|. |.:.|   ,.傘.,   |.:.|. |.:.|      。
               |       .|∧||∧| ,傘傘傘, |∧||∧|       |
     。  。       ||.     (VVVV).傘傘傘.(VVVV)       ||      。  。
     |.  |      |:|      {∽}{∽}}}傘傘傘{{{∽}{∽}      |:|      |.  |
    . ||  ||     |:.:|    ,傘|l~~|l~~|}}个个个{{|l~~|l~~|傘,    |:.:|     ||  ||
    |:|. |:|    lvvl .,.,傘傘|∩||∩|}::::/⌒ヽ :{|∩||∩|傘傘,.,. lvvl    |:|. |:|
    .|.:.|. |.:.|.     |∩|傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘|∩|     .|.:.|. |.:.|
   |∧||∧| ,.,.,傘||"||傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘||"||傘,.,., |∧||∧|
   (vVVVV)傘傘{∽}个个个{∽}{∽}}:|三ニ三|:{{∽}{∽}个个个{∽}傘傘 (VVVVv)        |
   山i!山i山傘傘|三|!|/⌒ヽ!|l~~|l~~|}:/个\ {|l~~|l~~|!/⌒ヽ|!|三|傘傘山i!山i山          ∧
   ||^^||^^|个l个{∽}!||:.  ||{∽}{∽}}:{ニi二iニ}:{{∽}{∽}||:.  ||!{∽}个l个||^^||^^|       /;;;;;ヽ
   || l|| l|::::::::::::|三|!|iニニニi||l~~|l~~|}::::/\::::{|l~~|l~~||iニニニi|!|三|::::::::::::|| l|| l|        | ∩ |
   || l|| l|/l\||: ||!|/l\||| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l||/l\|!||: ||/l\|| l|| l|  /\  |ニニ|
   || l|| l|::l⌒l: ||: ||!|:Ii==iI:||| l|| l|}:::|ニニニ|:::{|| l|| l||:Ii==iI:|!||: ||::l⌒l: || l|| l|三三三三三三三三
   |∬||∬|::|___l: |§|!|:|l  l|:||∬||∬|}:::, '三`、::{|∬||∬||:|l  l|:|!|§|::|___l: |∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   {})({i})({}iニニニi{({})}!!.!|,,, l|:!{})({|})({}}::|皿l皿|::{{})({|})({}!:!|,,, l|:!!{({})}iニニニi{})({i})({}:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   || l|| l|鬥l鬥||: ||!|鬥l鬥||| l|| l|}|鬥轟鬥|{|| l|| l||鬥l鬥|!||: ||鬥l鬥|| l|| l|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   || l|| l|/⌒ヽ||: ||!|/⌒ヽ||| l|| l|}|iiiiiiiiiiiiiiii|{|| l|| l||/⌒ヽ|!||: ||/⌒ヽ|| l|| l|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   |∬||∬||:.  ||§|!||:.  |||∬|∬||}|iiiiiiiiiiiiiiii|{||∬|∬|||:.  ||!|§||:.  ||∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   |凶||凶|iニニニi|凶|!|iニニニi||凶||凶|}|二二二|{|凶||凶||iニニニi|!|凶|iニニニi|凶||凶|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その7

53 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/21(日) 21:00:01 ID:1u0TkkZf
八453.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジュンがギャブレットの邸宅を離れ、城に向かい始めた頃。

やらない夫はまるで洞窟や危険な遺跡を探索する時みたいに
全方位に探知の網を張り巡らせながら階段を上がろうとしていたのだが―――

その耳と肌に迫る気配が感じられていた。



         \           ::|        .:::/      ...:...:/
          .:\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ......:......::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          . .::\       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     .::::/
          . :. ::.::::\─── |_;_;__;_;_;;/     ../
            . : .:. .::::| : . : . /: . : . : . : :/. . : . : .::/: : . .
           ...:..:.:..::::|: : : /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : . .  .
         .  ..:.::.:..::::|-=.:.:.:.:_;;:.-::::''´::: : : - ´: : : : : : : . .  . .
           :.::....:::::::|.:.:__;;:;..:::::-‐.::'''""~: : : : : : : : : : : : . . .  .
           ...lフ : ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : . .ワ . .  .                            __
           . : :.::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヮ.:.:.:.:.:.:.:.ワ:.:.:.:.:.:: : : : . . . . .  . .      ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
            .: :::::::;ィ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ::: ::: : : : : : : . . .  .        |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
           ./l ::/|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.::l: : _. . . . . . .         |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
          / ..:|/.::/|~""''' ‐- ...;;__: : ~:"'i':‐:;;  "i''-!._ .:|\     └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
        ´::|  / ::l/| |: : : : : : : : :: :: : : "'''-!.._: :.|"'-!:._ .:|\|                     └┘
         :l/!  / |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ .:::|\|  \
        /  |/| lニニニニニニニニニニニニl::::|\|  \ .:|
          / ..:|/ : : : : : : : : : : : : : \ \ .::|\
        /|  .:::l二二二二二二二二二二二二二二l .:::|\|  \
          |.:::/                      \|  \
         :/                          \ .:|\


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その6

224 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/17(水) 21:00:07 ID:PDbm+mpR
八356.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

降りしきる雨の中、大広場から南に向かったジュン、ナワヤと五十五名の騎士達は
午前零時十五分にはギャブレー家を包囲していた。



                  /|i三i三i三i三ii]\     /|i三i三i三i三i三i三i]\
                 /i =|        |二|   \ /|二|      |二|     .|   \
                /: |二|        |二|    /  |二|      |二|     .|  |ミ|\
             ./    |二|        |二|  /    |二|      |二|     .|  |ミ|  |i\
               /i_________|二|____|二|/___|二|___|二|_______|  |ミ|.|ii.|i  |
          /|        |二|        |二|        |二|      |二|     .| ヽ |ミ| '' |i  |
         /i =|        |二|        |二|        |二|      |二|     .|  ヽ、....|i  |
         /i |二| __ _ |二| __ _ |二| __ _ |二|      |二|  _. |  |ミ| ヽ  |,.;;:。;:、;
     / .   |ニ| |\| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ|      |二| |\| |  |ミ|  |i  |。;:;ii:;;;:、;____
      |.   |ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ|      |二| |_| |  |ミ|.|ii.|i  | ∠∠∠∠∠∠∠i|
  __|___|二|____|二|____|二|____|二|___|二|_______|  |ミ|___.!_ , ∠∠∠∠/ |
  |        |二|        |二|        |二|        |二|        |二|     .|`゙'' /___/ \∠∠∠/   |
  |        |二|    [二二二二二二]`゙''ー、!.      |二|        |二|     .| : : : | |ii====||^|| ∩ ∩ |    :|
  | __ _ |二| __ ||゙''ー、____||二゙ト-ii __ _ |二| __ _ |二|  _. |  _. | |`゙' -| || ||: : : : : : : |: : : : :|
  | |\| |iヾ||ニ| |\| .||\||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |\| |\||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |\| | | | | |:::: : :| || ||ー----------
  | |_| |_||ニ| |_| .||_||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| | |_| | | _,,.-'.i|| !!
  |        |二|     || _  |二| |:::::::||:: | i二|        |二|        |二|     .|_,,. -‐ー'==-'" .:.::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄... .||-‐''" ̄  ̄ . ||, - '"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:'"':,:'"': ̄,:'"': ̄,:'"'"':   "''   /
  ''"'"' "'''  _,,.-‐''"    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ''"' "' "''  ';.;,,;、.ii:'; ;..;;イ;;  ;,ii.;;:'     /     ..:.:.



だが、おそらく中の者は起き出しているにもかかわらず、家屋は不気味に静まりかえったままだ。
明かりも点いておらず、まるで息を潜めているかのように不気味な気配を漂わせている。

やらない夫は約束を守るようです 嘘予告「金糸雀は竜を喚ぶ巫女のようです」

174 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/16(火) 19:26:22 ID:sLDOhRts [1/14]
・ω・)っ【第八章その6(容量不明) 11/17 21:00~ 投下予定】
   ペタリ

176 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 19:35:34 ID:+CNMk2Ij
早すぎですwww

177 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 19:37:42 ID:6gAOwCMp [1/3]
サラマンダーよりはやーい

178 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 19:41:43 ID:Bayn7erw
>>177
お前は俺を怒らせた

179 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 19:43:20 ID:6gAOwCMp [2/3]
ごめんなさいorz

180 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[] 投稿日:10/11/16(火) 20:22:57 ID:Wcil5iLt
>>177
つ、つけてないぞ、好きだった子の名前なんてつけてないんだ!
ん年後に現実でその人の結婚式なんて行ったりなんてしてないんだよぉ!!
くdうtddfdfsdss4えあ

181 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 20:26:58 ID:3EraBcl/ [1/3]
ほう、俺の誕生日に投下とな?

182 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 20:35:13 ID:4TseUUla
>>181
おめ

183 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 20:37:06 ID:J5jbfDw6 [1/3]
>>181
はっぴーばーすでにござる

184 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 20:45:39 ID:jMHgkZfk
ほう、投下もあって>>181の誕生日でもあるのか。いい日だ。

185 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:10/11/16(火) 20:50:47 ID:3EraBcl/ [2/3]
みんなありがとう!

三十路突入だけどな!!!!!!

186 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日:10/11/16(火) 20:52:33 ID:sLDOhRts [2/14]
>>181
おめでとうございます。


ちなみに>>1は
明後日の18日が誕生日だったりします。

では、>>177のネタが出てしまったのと、
>>181さんの誕生日をお祝いして、、、

嘘ネタ予告でも。

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その5

277 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/12(金) 21:00:10 ID:AqBReZrA
八302.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やらない夫が立ち去って少し後。

見えない縄に拘束されたまま、彼の言った意味を考えていたランサーは
答えが分からずに苛ついていた。



                    |ヽ |::::::::::::::::::::::∠:::::::/:::::::::/::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                    |::::∨:::::::::::ヽ::::/:::::::::/:::::::::::ノ:::::::::ノ::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
                  \ゝ::::::::::::::::::::::V:::::::/:::::::::::::::::;;;;─''''''';´:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ノ
                    \:::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::/,,,∠____, !:::::::::::/::::丿:::::::::::::::ノ
                     \::::::::::::::::::::::::::::,/` \__  !_:::::::::::∠_:::::/:::ク      ノ´::
                       \:ヾ||゙゙''丶´   /     ._二、 \::/ 「.,.,.,.,∨:::::k───、彡::::::
                        ゙ヽ ||     / /   .ノ:;:;:;:;:゙     r.,.,.,.,.)|::::::::ヽ    ))::::::::
     「くそおっ!」             ! \   ||    /:;:..ー─ァ     .,.,.. /:::::::::ノ_____ソ彡ノ
                         !.;.;\   ',,,,、〆ノ.0 ) 丿      i∠:::ヾ\
                         ヽ、,,,\=__ ソ:;:;:';;:;:;:;;:;:;:;:;:゙゙゙゙      |ヾ二二二>
                           ! ̄.;|┌´´ ;:;:゙゙゙゙          |,,,  丿   \
                            !;.;.;|                /,,,, 丿
                            ヽ.ノ         _     /,,,,,,,丿
                             `──_,-'''二 ̄___」    /,,,,ノ´
                               >ミ x ___ノ   /ノ´
                                 ヽ ̄ー      /ヘ
                                  ヽ___-ー'¨,,,,'∧
                                       '∧,,,,,,,,,,,'∧



つい動けない事を忘れて、地面を蹴りつけようとしたその時―――

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その4

105 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/07(日) 22:30:01 ID:oSXv522H
八225.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

午前零時八分。

開け放たれた城門からなだれ込む第一騎士団と真紅達。



      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓         ┏┳┓
┏━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┓       ┃┃┃
┗━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏╋┳┳┓ ┃┃┃
    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃┃┃┃┃ ┗┻┛
┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┣┻┛┃ ┏┳┓
┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┛ ┗┻┛
    ――――∧_∧
  _____( ´Д`)
    ―――==○====○=====X二>    ――――∧_∧
     __/ (__)            _____( ´Д`)
   ―――(__)                ―――==○====○=====X二>
                                 __/ (__)
       r‐rァZ´~"ヾ             ―――(__)   ――――∧_∧
  ―――rヘi !〃 ̄ ヽ}                      _____( ´Д`)
       7b!リノノリ))》                        ―――==○====○=====X二>
――――/ノヘ.!}!゚ -゚ノ|ヽ     ――――∧_∧          __/ (__)
      (( く_ヒ|卯i7ヾト、  _____( ´Д`)       ―――(__)
  ―― rク /爿'^ jス ソ〉   ―――==○====○=====X二>    ――――∧_∧
     r'ブー-rァァ-‐′r'〉    __/ (__)            _____( ´Д`)
                  ―――(__)                ―――==○====○=====X二>
    ――――∧_∧                            __/ (__)
  _____( ´Д`)                          ―――(__)
    ―――==○====○=====X二>
     __/ (__)
   ―――(__)

                       __
 ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
 |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
 |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
 └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
               └┘


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その3

386 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/07(日) 21:00:04 ID:oSXv522H
八159.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

王城までの道すがら、無我夢中だった宣誓の出来をそっと尋ねる真紅。

恥ずかしながら途中からあまり記憶に残っておらず、
歩き出してから頭が冷えて、役目をこなせたか不安になってきたのだ。



                        _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
                        {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
                         つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
                        └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
                           L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
                            | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
   「ね、ねえロイ?                 !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
    私………上手くやれた?」          l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                                 liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |
                                 l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
                                 | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l
                                / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !
                                //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !
                                 //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
                              /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !
                              ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |



やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その2

170 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/11/03(水) 21:00:11 ID:jUrvoNa6
八72.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

午後、十一時二十四分―――
東の塔の牢屋。

一度、明かり取りの窓から塔を抜け出して侍女達の部屋を封鎖してきたやらない夫は、
ふわりと床に降り立つと待っていた言葉に上手くいった事を告げた。



                    __
              /    \
        ,--,──-|       \___、_____
       /| .|::::::::::::::|\_  _ノ   |:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /  ,ヽ-゙'──(●) (● )  |:::::/::::::::::::::∠二二/
  _/  /        |::(_人__)   |::_」/`ー-´__/
 i´´  .「         \::\_   丿::ヾ〈〈〈〈_ ノ´        「侍女達の部屋、封鎖完了です。
 ヽ〆〈/            ヽ、::::ヽ、/:::::::::::::::::|            エマさんが起きてたけど、
                 ゝ:::::::ヽ::::::::::::::::::\           すぐに分かってくれて助かりました」
                   __/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\
             /-、:::::::::::::/ヽ/,二二二ゝ
              ̄ヽ ヽ:::::::::/:::::|/:::::::::::::ヽ
                /´::\二_//|::::::::::::::::::::::|
              /::::::::::::::::::::/  =;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                /:::::::::::::::::::/   ノ:::::::::::::::/
            /::::::::::::::::./    .|:::::::::::::::|
             /::::::::::::::::/     /:::::::::::::::/   スタッ
            /:::::::::::::::/     ノ`¨~´|`
          ;;;;;;;;;;;ヽ、:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;| 三 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;|::::::::::::::〉;;;;;;;;;;;;;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;〈:::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;`¨~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/___ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

               o 
                O
─────────────────


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第八章 嵐の中で その1

385 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/30(土) 21:00:17 ID:RPwbzUkv
八1.
不死鳥の月、五日―――
午後一時三十四分。

葬儀前と比べて随分と人の少なくなった王城に、麻呂の罵声が轟いた。



               |\     /\     / |   //  /
             _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
             \                     /
             ∠    この、無能どもめが!    >
             /_                 _ \
              ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
               //   |/     \/     \|

                          。
                     。  。     |     。  。
                      |.  |     |:|    |.  |
                   ||  ||    |.:.|    ||  ||
                     |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|
              。     |.:.|. |.:.|   ,.傘.,   |.:.|. |.:.|      。
               |       .|∧||∧| ,傘傘傘, |∧||∧|       |
     。  。       ||.     (VVVV).傘傘傘.(VVVV)       ||      。  。
     |.  |      |:|      {∽}{∽}}}傘傘傘{{{∽}{∽}      |:|      |.  |
    . ||  ||     |:.:|    ,傘|l~~|l~~|}}个个个{{|l~~|l~~|傘,    |:.:|     ||  ||
    |:|. |:|    lvvl .,.,傘傘|∩||∩|}::::/⌒ヽ :{|∩||∩|傘傘,.,. lvvl    |:|. |:|
    .|.:.|. |.:.|.     |∩|傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘|∩|     .|.:.|. |.:.|
   |∧||∧| ,.,.,傘||"||傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘||"||傘,.,., |∧||∧|
   (vVVVV)傘傘{∽}个个个{∽}{∽}}:|三ニ三|:{{∽}{∽}个个个{∽}傘傘 (VVVVv)        |
   山i!山i山傘傘|三|!|/⌒ヽ!|l~~|l~~|}:/个\ {|l~~|l~~|!/⌒ヽ|!|三|傘傘山i!山i山          ∧
   ||^^||^^|个l个{∽}!||:.  ||{∽}{∽}}:{ニi二iニ}:{{∽}{∽}||:.  ||!{∽}个l个||^^||^^|       /;;;;;ヽ
   || l|| l|::::::::::::|三|!|iニニニi||l~~|l~~|}::::/\::::{|l~~|l~~||iニニニi|!|三|::::::::::::|| l|| l|        | ∩ |
   || l|| l|/l\||: ||!|/l\||| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l||/l\|!||: ||/l\|| l|| l|  /\  |ニニ|
   || l|| l|::l⌒l: ||: ||!|:Ii==iI:||| l|| l|}:::|ニニニ|:::{|| l|| l||:Ii==iI:|!||: ||::l⌒l: || l|| l|三三三三三三三三
   |∬||∬|::|___l: |§|!|:|l  l|:||∬||∬|}:::, '三`、::{|∬||∬||:|l  l|:|!|§|::|___l: |∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   {})({i})({}iニニニi{({})}!!.!|,,, l|:!{})({|})({}}::|皿l皿|::{{})({|})({}!:!|,,, l|:!!{({})}iニニニi{})({i})({}:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   || l|| l|鬥l鬥||: ||!|鬥l鬥||| l|| l|}|鬥轟鬥|{|| l|| l||鬥l鬥|!||: ||鬥l鬥|| l|| l|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   || l|| l|/⌒ヽ||: ||!|/⌒ヽ||| l|| l|}|iiiiiiiiiiiiiiii|{|| l|| l||/⌒ヽ|!||: ||/⌒ヽ|| l|| l|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   |∬||∬||:.  ||§|!||:.  |||∬|∬||}|iiiiiiiiiiiiiiii|{||∬|∬|||:.  ||!|§||:.  ||∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   |凶||凶|iニニニi|凶|!|iニニニi||凶||凶|}|二二二|{|凶||凶||iニニニi|!|凶|iニニニi|凶||凶|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達 その5 後半

195 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/27(水) 22:10:09 ID:vv6YdVzd
七355.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

具体性のある方針が出た事で会議は順調に進んだ。

人員の配置や経路、緊急時の連絡や利用する暗号や合い言葉など
一通りの事が潰し終わり、



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     「………こんな所だな。
   |      (__人__)
.   |        ノ      それじゃ解散しよう、
    |      ∩ ノ ⊃     各自担当の作業を頼む」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



やらない夫が終わりを告げ、全員が椅子を立ったところで
マコトが彼を呼び止めた。



                                _,,,..-.ー.─.-.-....、._
                           二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                         /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
    「あ、やらない夫。        /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',
     ちょっと残ってくれ」       i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
                       l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
                       l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
                       i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
                         l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
                        ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
                           \|\!\  ′          ∨
                            ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
                                `  、      , ′  /  \_
                                    ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                                     _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
                                :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
                                :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達 その5 前半

122 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/27(水) 21:00:07 ID:vv6YdVzd
七295.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

翌日、正午前の大部屋―――
主立った者が集まっての会議が始まるなり、腕を組んだやらない夫がキバヤシを促した。



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)           「じゃあ、みんなで現状を確認してから、
           |,      ` ⌒´ノ            作戦を詰めよう。
          │         }
           ヽ、      ソ             キバヤシさん、現時点での戦力について報告お願いします」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉    「ハッ!
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /     今朝時点で王都内の防衛拠点で健在なのは、
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく      ここを含めて四カ所―――
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     すなわち『花屋マイロード』、『雑貨屋キャオ』、
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ      『酒屋アム』、『金物屋アスフィー』になります」
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |



昨夜の時点で各拠点に霊薬を持った小隊長が散っており、
回復と『王女帰還す』の連絡が行われている。

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達 その4

243 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/21(木) 21:00:10 ID:BDAJ5cBN
七239.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

時刻はすでに真夜中。

一通りの情報交換を終えたやらない夫は
集中して考えるときの体勢―――目を閉じて腕を組み―――になると、
頭を忙しく回転させていた。



   r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
  (真紅が起つ為の戦力はこれで整ったが)
    )城に未だ残る人達の安全をどうやって(
  (確保しつつエンジュ様の汚名を濯ぐかだ)
   )敵の戦力配置も確認しておきたいし、(
   丶~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
         O
           o
            ゚
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



城外の情報はかなり出揃った。

あとは城を落とし、真紅を復権させ、人質や城に残った者達を無事に解放しつつ
エンジュの汚名を濯がなければならない。

その為の方向性は決めてあるが
なるべく迅速かつ被害が少なくなるように細かい作戦を練る必要があり、
マコトやロイも思い思いの格好で考えを巡らせる最中。

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達 その3

125 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/17(日) 20:10:01 ID:3BA4wAHJ
七186.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは主だった者を回復させたアリアが出て行き、
ジュンも主人と相談のために階段を上がっていって、
部屋を用意された真紅も着替えに行ってしまった大部屋にやっと静けさが戻り始めていた。

会議を始めると言う事で他の者も辞し、
今は三人しか居ない彼らが思い思いの場所に座ったところで
やらない夫が議題を告げる。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)     「さて。
  |     (__人__)      ………落ち着いた所で、
   |     `⌒´ノ      マコト達の話が聞きたい」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                              ⌒ヽ、
                           _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
                         ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                      , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ,/:::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     l:::./.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   「襲撃の日の事か?」     |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                     |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
                     |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::¦:::::::::l:::|
                     |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
                 .    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/
                      |/  ヽ::::|ヘ              /ィ<"l/
                          ゝ;八      ;       /イ
                            x > 、    ─     イゝ:::`>-、
                          〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
                         //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
                        ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ     /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l



やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達 その2

372 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/16(土) 21:00:31 ID:zIOMxbYM
七100.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

王都まで残り数キロ。
すでに日が暮れており、近づいてくる気配や明かりも無いとあって、
城塞近くまではこのまま無事にたどり着けるだろうと
四人は街道を進んでいた。



  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。
..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙

..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第七章 成そうとする者達 その1

108 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/11(月) 21:00:05 ID:F7ksbmzE
七1.
エスメラルダ東地区、酒場兼宿屋『髭オヤジ亭』。
時刻、午前二時五十五分。



 ||  ||  ||   ;; ||  ||  || ;;К ||  ||  ||    ||  ||  || ;;    ||           || ;;
 ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||  ∠ ||           ||
 ||  ||  || ;; √||  ||  ||    ||  ||  ||  ;'  ||  ||  ||     ||´二\ /二`||
 ||  ||  ||    ||  ||  ||   ;;'; ||  ||  ||    ||  ||  ||  ;;   ||三三 l l 三三||;;
 }三三三{    }三三三{    }三三三{   #;}三三三{     || ≡≡l l≡≡ ||
 ,. ____ 、  ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄,. ____..、  ̄ ̄ii ̄||三三_l l_三三|| ̄
         )__||___||___(         )___||_||_._._._._._._._._._._||_
  ̄ ̄|| ̄ ̄´  __||      ||__  ` ̄ ̄|l ̄ ̄´  __||
   _||_    |l   ||      |l   ||    _|l_    |l   ||
   . ̄ ̄                        ̄ ̄


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                \
 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i\.     \
 二二i  *=<二二i  *=<二二i  *=<二二i  *=<二二i  *=<二二i  ]\\
 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ll\\\
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄'\\\\__



やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士 その6

385 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日:10/10/09(土) 21:00:11 ID:l//NrT98
六256.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

髭オヤジ亭への帰り道。


l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
_________________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '                :   '



やらない夫は心ここにあらずといった様子で考えを巡らせており、
翡翠は握られたままの手に神経を奪われて口を開く余裕もない。



                                        | :::::::|    ::::::::     :::   |:  ::::::::|
                                        .| ::::::|    :::::::::    :::::  |:   i⌒
                                        !__::::::|    :::::::::    ::::::::  |--'''~
          i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〕               ̄i__,,,,,,--,,_ _,,--"i""~ |
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!  /:::::::::::::::::::::::'i                   |   |~    |   i
     .    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  i 、::::::::::::::::;;;;;i、                 |,,,,,,,, |     !;==i
          ヽ‐-、__,―"  ヽヽ、:::::::;;;;;;;;;ヽ、                !'  ''i:|     i)   '!,
     .     ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     \ヽ、:::;;;;;;;;;;;ヽ                /   .i:|     ii___'!,
          /;;;;;;:::::::::::::::::'i      \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;i!              ./   .//!     'i,_  ノ
          /;;;;;;;;;:::::::::::::::::i!       `―---‐'              / ̄ ̄∨/''      ~'''
     .    /;;;;;;;;;;;;::::::::::::::/,i                         ./    //
         i'ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;//                          ゝ---='''          テクテク………
         ヽ______,/

 コツコツ………


石畳を並んで叩く二つの靴音だけが、ただ暗い夜道にコツコツと響いていた。


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士 その5

118 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/05(火) 21:00:09 ID:qoUw0RG1
六191.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

時間は戻る―――

呼び込みを続けていたサクラが
そろそろ人通りも少なくなるし、二十時の駅馬車が到着したら終わりにしようと
所々に篝火が焚かれているだけの広場を見回した時だった。



        , \   \|_,|   ||\|\|\, .l||     |  :::::|
           \     ||\|\|\|\||     |  :::::|
            \    |l\|\|\|\||     |  :::::|
             \  \ \|\|\||     |  :::::|
  \\    .,.    \  \ \|\||     |  :::::|  ;;
    : \\ ..        \  \ \||     |  :::::|
     ,\\"゙        \  \ ,|| …  |  :::::|    メ
        \\         \          ::|  :::::|        ;; ,
       #   \\          \      :::::|   __
              \\         \    ::::|    |ヽ\
              \\         \    ::|  :::::|    |  \!
              \\             \ ゙'|  :::::|   \..::|
               \\.         \|___|;      \|
       lコ         \\               |
                     \\               |  _n_
          、~、           \\            \ [__,;]
          `~'             \\            `||  |




やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士 その4

291 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/02(土) 22:10:11 ID:ecndC5w8
六149.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手配書が出回ってから三日。

そのたった三日間、絶えず王都から届いてくる知らせは
エスメラルダの人達が何かの間違いではないのかと、
簡単に信じられない内容ばかりだった。



:.:l..":`:;:;;;` /:|, : |,-i|,-i|┴┬┴,, .-'i::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
..:#.:.:...":/   |  |, 'i|,-i|┬┴/イ :l|::::::::::::::::::::||┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
:;;:;'、i/     |; ' |, 'i|,-i|┴┬||:| :| l|::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
.”,;/    ,.'ヽ| ,; |, 'i|,-i|┬┴||:| :| l|::::::::::::::::::::||┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
/    ./|/、|  |, 'i|]lii|┴┬||:| .| l|::::::::::::::::::::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   . /| :||ヽl|  |!i]i;illl| ̄ ̄||:| .I/        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ../::::::| :||/、|  |iIlil]Ii,|    ||/
/:::::::::: | :||、 ,|  |iil]iI/
|:::::::::::::: | :||ヾ,|  |i]ll/
|::::: :と^ | :||、, |  |ii/
|__:| ii ,| :||/、|_|/
|  ヽii_| :||、/
|    .|_,|l/  「おいおい、国王様が
|     /   毒殺だったって本当かよ」
|    ./                           「第一騎士団長が関わってたんだろ?
|   /                            息子が王女を誘拐したって言うけど………」
|  . /
| ./                        ∧,,∧ ∧,,∧
| /                    ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
|'                    ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )
                     l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
                     .u-u (   l). (l   ) u-u'  「それよりカーディナルがやばいらしいな。
                         `u-u'   `u-u'      再編された騎士団の権限が強すぎてやりたい放題とか」

         「俺ぁサクラダ様を知ってるが、
         そんな事をするお人には見えなかったなぁ」


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士 その3

208 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/10/02(土) 21:00:12 ID:ecndC5w8
六96.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国王の葬儀の翌々日、エスメラルダの町の東端にある貴族学級―――




      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
       |
  ,;:⌒;~:ヾ |  | ̄ ̄| ̄ ̄|| ̄ ̄| ̄ ̄|| ̄ ̄| ̄ ̄|| ̄ ̄
 (.;::):):^;,:. |  |//  |//  ||//  |//  ||//  |//  ||//
 .;ヾ..ゝヾ):) |  |  //|  //||  //|  //||  //|  //||  //
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i┳┳┳┳┳┳┳┳┓ ,' ┏┳┳
    ______   ||┃┃┃┃┃┃┃┃┃_┃┃┃
  ;;{ 貴族学級   };;;;;||╂╂╂╂╂╂╂╂╂―╂╂╂
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |l┃┃┃┃┃┃┃┃┃  ┃┃┃
                   ||┻┻┻┻┻┻┻┻┛  ┗┻┻

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士 その2

81 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/27(月) 21:00:08 ID:4eU6MwRi
六55.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸いにして、第一騎士団の騎士や衛兵以外と出会わなかった三人は
裏門から城を出て夜のカーディナルを走っていた。

町の西門を目指す為、堀の周囲を回り込んでいた彼らの耳に
庭園での戦いの音が伝わってくる。
城の中がすでに静かだったのは、大多数が庭園に出てきてしまっていたからのようだ。



....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ


________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――
     .....                          .,,,........
...,,.......          .....          ......,,,,...                ...,,.
               .ノ 、 、
                  ● ●) l     ,'~~~え.
               (人__) |    {/´ ̄ヽヽ_,
              ヽ    ノ    ((从_从)i@《,  =-
               /   ヽ,   .| |从゚- ゚ ||/||
                   l|    | っ  ||(({'ミ介ミ'})||    =-
                 / /└へ_)  ≦ノ,ノハヽ、≧
                 (_ノ       て` -tッァ- ' て=-
             タッタッタ       トテテテテ




                                 キィン
\陣形を乱すなーーーッ!/
              ギンッ
  ドガァン              \伝令!別の小隊が正門より突入してきました!/
                              ドカッ
                         \な、なんだってーーーー!?/
   ズバッ
\くそ!町の防衛はどうなっている!?/   モキュッ
                            
     ガキィン       キィン     ドゴォ
   \行くぞ弟者、今こそトンファーの力を見せる時!/
         キィンキィン                               ドシュッ

         ズビーッ             \おうよ兄者!/


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第六章 剣の騎士と盾の騎士 その1

335 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/25(土) 19:10:11 ID:GJdDrkib
六1.



              ┗0=============0┛
     \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
    0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田田田田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
 ...[二] | ::|       |::|┏━━━━━━━━┓|::|       | ::l [二]
........|□|.│ |┌┬┐ |::|┃  /        \  ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□|
  )三(...| ::|├┼┤ |::|┃/            \┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃!:::::::::::::::::rヽ::::::::::::::j/┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃ト‐´ / `      イ .┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃::ゝ ヽ        / .┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   |: :| | ::|└┴┘ |::|┃:::::、          /::::┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃:::::::\         :::::::┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃´|ヽ:::ゝ、    ノ :::::::┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃  レ´ゝヾゝーイ:::   ┃|::| └┴┘| ::| | ::|
.....┏━━━━━┓| .|┃     'イ :::: |::..  ┃|::|┏━━━━━┓
.....┣┳┳┳┳┳┫|: |┗━━━━━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫
     ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○
     ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
    |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|
 ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
(    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )|
       なんてこった………
                        王女様一人を残されて………
国王様………
            まだお若いのに………




その日―――
見た目は普通に執り行われた葬儀では、
大勢の国民が哀しみ、涙を流し、若すぎる国王の病死を悼んだ。

今日から一週間、喪に服す王都の雰囲気は暗く、
夕暮れ時には殆どの店も閉まっており街路を行く人影も見られない。

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第五章 動き出した流れ その5

168 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/23(木) 22:10:12 ID:AHvCG9wS
五255.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジュンを待つ無言の時間。
部屋に戻るなりやらない夫は当然のようにテーブルに着くと
頬杖をつきながら考え事を始めてしまい、



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ー)( ー)  |        (大臣と、宮廷司祭長兼カーディナル神殿代表が
           (__人__)      |         相手となると、実績も何もない親衛騎士じゃ
            l` ⌒´    |        何を言っても相手にされないだろうな。
           {         |
           {       /          下手をすればこちらに
       _. -: ´Λ     _.へ` 、       毒殺の罪をかぶせようとするかも知れない)
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



向かいに座った王女はそんな彼を見ながらもじもじとしていたのだが、
何を思ったのかだんだんと頬が赤くなってきている。



               _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
               {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
                つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
               └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
                  L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
  「……………」        | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
                     !l  トl,イ、.| jノ  代_ノ 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
                    l|ヽ ヽi代ハ    xwxwx | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                        lixwx 、     U l |l  !:::/ //  .| !.|
                        l l          .l l |  !//    ! l .|
                        | ヽ、 ′`   _//イ  |´       .| l |
                       / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ      l l .!
                       //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.      l| !
                        //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
                     /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/  !
                     ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |  |


やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第五章 動き出した流れ その4

74 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/23(木) 21:00:11 ID:AHvCG9wS
五206.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小一時間も待っただろうか。

最後に大きく鼻を啜った音が聞こえたと思ったら、
天蓋の中から静かな―――しかし、決意に満ちた呟きが漏れた。





┏─────────────────┓

   しっかりしなきゃ。
   ………私が、しっかりしなきゃ。

┗─────────────────┛











やらない夫は約束を守るようです 埋め立てミニ劇場「ホールディング・バッグについて」

362 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日:10/09/21(火) 19:42:29 ID:2GdNJRKC
埋め立てミニ劇場 ホールディング・バッグについて



        ,.-ー''''__二二二二二ヽ
.        | r'´ ̄         | |ー-.、
        | |     @      | |   `i
      r'´ | |   ┌┐    .| |     |
       !   | |. ┌┘└ー┐  .| |     j       「皆さんこんばんは、アリア=マゴットです。
.      ',.  | | └┐┌ー┘  | |    /
        '、 | |   | |     | |.   /        現在スレで話題になっているホールディング・バッグについて、
         `、 | |.  └┘__|_|__  /         >>1より概要を伝えるよう指示がありました。
.          `、,ゝィ7_ ̄\ ゝ弋、\ ̄`、        本職ではございませんが、頑張って説明したいと思いますので
          / / /__`   ヽ ≫f气 `、 ヽ、       宜しくお願い致します」
.        / / /.圷心   "∨J.}’! -ゝ「``
.          | /l |∧弋リ     ゞ-' .! .ハ .!
       /V. ',! |.}、'''  __ ,. "",ィ .,' .', ',
      /  /| .| | >. 、 _,. イ|/ ∧ `、`、
     /\__/ |,.-'´ 7/` r-j  / /、_ヽ ヽ \
.    /   /´    //  ゞ`ー'/ / /∧ \ \
    /   / ,. -'''//   __  ̄// //. ',  .ヽ  \
    |__,.-'´// .//   / / // //l  l   `、  `、
.       // .{ { .rー' '--|/ //. |  |.     ',   ',


なお、当初はできる夫さんご一行に説明していただく予定だったそうですが、



         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \   「なぜ私達があのようなブルジョワアイテムの
   |    :::::::__´___:::::::   |   解説をしなければならないんですか?」
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |



と言った出演拒否があった為、急遽私が代役となりました事をご了承ください。

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第五章 動き出した流れ その3

237 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/20(月) 21:00:07 ID:+yMIf5JT
五141.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入城してから三週間、新人の二人は新しい生活に慣れ始めていた。

やらない夫は大勢の人に囲まれつつも
王宮での作法や舞踊、文化などを覚える事が主となっていたが、



           ′/´`ヽ
           <二二>
           ,へ、_ノ  \彡ヽ
         ノ  ソ ○ ○) く  }   「言葉さん、本当にこんな踊りまで覚える
       / >´′  (__人_) ゝゞ    必要があるんですか?
      / /__,,,、    ⌒/ \ \
      、___< ヽ    ノ ̄ ̄ヽ )   昨日までの奴と
         i ̄./::{斤」l< ̄ ̄ ̄   違いすぎるんですが………」
         l /:::::ヾソ:::} /
          ノ ノ::://:::::( /
      /;;;;;;;;;ヘ::::〃:::::ゝ、、
      (;;;;;;〃´ ̄´`""`ー、;;;;``ヽ
      \;;;;\/ヽ___| /:;;;/
        \;:;;\     /;;;;/  ウンババ ンバンバ
         ヽ彡;;>   /;;;;/  メラッサ メラッサ
         ノ ソ    }ゞヘ
        (((__ソ     ヽ、__)))



                                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
                                      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
                                .     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
   「もちろんですよ。                       i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
   大陸南方の未開の地域に伝わる              |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
   喜びの踊りだそうです。                    | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
                                     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
   万一、向こうからのお客様を招く事があれば        ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
   舞踏会では中心になるでしょう。                 |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
                                      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
   はい、そこもっと軽やかに!                  / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
   ワンツーワンツー!」                     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
                                     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
                                    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
                                .   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
                                  ┌──────────────────┐
                                  │ スタンダードからスムース、リズムに   ..│
                                  │ チークまで全部教えた人          .│
                                  └──────────────────┘


やらない夫は約束を守るようです 小ネタ「仮初めの平和(安価エンジュ編)」

126 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/18(土) 10:00:09 ID:mSGwP+4U [4/59]
小1.
【ご注意】
あくまでネタですので本編との矛盾があってもご容赦ください。





  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        小ネタ  仮初めの平和
              (安価エンジュ編)
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────





ローゼン王国第一騎士団団長、エンジュ=サクラダの朝は早かった。
つい、先日までの事ではあるのだが。



          _ __ _ _
      ,.'"´       、`ヽ、
     /   i    リ ヽ 、  \
    /    .:レ′   j  i !.:.   i
     l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、   「ジュンが出て行って朝練が無くなったと言うのに、
   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|    身体が勝手に起きてしまうな………」
   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
     ヾ::、    ,        !/::/
      仆    :j 、      イ:/
         `、   _ _     /i,ハ
        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
         `ト、 ___ /   !;;:/、
          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



心配の種であった息子がある出会いを契機にまるで生まれ変わり、
一人前として一人立ちしたのが先週の話。

当初はサクラダ家縁の者は皆、諸手を挙げて喜んだのだが、
やはり彼が居なくなった影響と言うのは少なからずあったようだ。

まず、早起きの癖が抜けない自分。

やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第五章 動き出した流れ その2

380 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/17(金) 22:00:14 ID:mem4yzOs
五64.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

親衛騎士五人が連携して戦っている所を見た事が無かったため、
いまいち上手くいかない影剣闘を早々に切り上げたやらない夫は別の訓練に移っていた。



                    / ̄ ̄\
             /  _ノ  ヽ\       「せーの………」
             |   ( ●)(●)                              _,,,
             |     (__人__)                         _,,,,--==~^,,,
             |     ` ⌒ノ                   _,,,,--==~^,,,,=--=~^~^
              ヽ       }   _,,,,-=ニニ=-__ ,,,.ー-ニ,,,,-=-""~^"
              _,ゝ     ノ レ" レ      | =<ニ-=-ー"~~
             /;;,,,,,   |i./ヾ  ソ__,,,,-t''└──┘"
            /;; ,-=--,,-=┴-<,,,-~-=~^  /"  Y"
            |i  ,;;:'''      \     /"  |
            /;  :'i        ミ ̄~^`=v";;:..  |i
           |;   ,li;:..      ;;     ヽ,   ,i
           i;    :丶:,,.  _ソ"      `  ,/
            ヽ,;:::....   ~^^^  ^`=-,,__,,.ノ  ソ
             \:::::,,...   ヾ,,   |i   `~^"
               `-、:::::..   ヾ、 /
                .ヾ;;;;::::::..    ;|i
                 ヾ;;;:::::...   ,ソ
                 /";;;~^=~=~^^ヽ
                /;;;;;::::::::::::::::::--=|i,
                |i;;;;;;;:::::::::::::::::::,,::::::|i



やらない夫は約束を守るようです Episode.二人の騎士 第五章 動き出した流れ その1

162 名前: ◆FrtuoSIf66 [] 投稿日:10/09/13(月) 22:00:02 ID:QwJFGHfL
五1.



              /    \
         /         \.
         |     : :::::::::::|
         |     :::::::::::::::|..           ┏┓                                ┏┓
         |    ::::::::::::::::::|.            ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
         |   ::::::::::::::::::::::|ヽ..          ┏╋──────────────────────╋┓
            ヽ       /_./|\.            ┃|  ~ やらない夫は                     |┃
              \__,-‐´~/:::::::\.          ┃|      約束を守るようです ~               |┃
          ∠___ ,-‐'~.::::::::::::::)        ┃|           Episode.二人の騎士          .|┃
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ┗╋──────────────────────╋┛
          /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/.          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
       //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/          ┗┛                                ┗┛
       |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
        |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
         |::::\_::::::::::::::::::::\|:\           >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
           /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
           /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|     /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
          |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_     //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|
            \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
           /__| ̄____/::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
             ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
.________ヽ/|/   \___\::::::::::::::: /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
             | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \::::::::::::フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
         .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ::::::::::: ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
                 ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::: /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
                             /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
                            /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
                          ノ |      }ヽ::::    /_
                        ̄ ̄  .|       \   { ヽ



  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        第五章  動き出した流れ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────



ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。