女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第12話


865◆IL/7VRqS7E2012/03/13(火) 21:15:24 ID:glVObdE.








i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !
┏━━━━━━━━┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 昨日、家の近くで色々とあったが、そんな事をつゆ知らず、やる夫は日が昇って暫くしてから
 起き出してきた。寝間着であるスウェットを脱ぎ捨て、普段愛用している雌伏のスラックスと
 シャツに袖を通してベストを羽織る。そして下へと降りて寝ぼけ眼で洗面所に向かうのだが、
 そこで蛇口を捻ってから初めて、 ああ、そういえば出ないんだったな と気付く。

 とりあえず置いてあるペットボトルで軽く口を濯ぎ、そしてタオルを濡らして顔を洗う……
 もっと水があればいいんだが……シャワーも浴びたい所だが、そんな余裕は無い。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


866普通の名無しさん2012/03/13(火) 21:15:42 ID:/0CpTjdY
両手にタマ(猫的な意味も)!?


867普通の名無しさん2012/03/13(火) 21:16:33 ID:/0CpTjdY
タマねぇの能力の有用性があがるな


868普通の名無しさん2012/03/13(火) 21:16:39 ID:yWhxb6FY
タマ姉もモデル的な意味では猫だし
何ら問題ないな!


869普通の名無しさん2012/03/13(火) 21:18:34 ID:gw6T/qxQ
タマ姉にタマタマいじってもらいたい


870普通の名無しさん2012/03/13(火) 21:19:00 ID:/0CpTjdY
>>869
グチャっとな


871普通の名無しさん2012/03/13(火) 21:20:06 ID:S9jX.C/2
ひぎぃ


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第11話


348◆IL/7VRqS7E2012/03/12(月) 21:54:27 ID:UJZLUDfw

         ___                                          / 〃|LLLLLLL| |
        | 石 「 ̄ ̄, ==ー- 、 _                                   / 〃/|LLLLLLL| |
  ___ _ _l| 丸 |   / | r=ー' 、  l|                                  / 〃//|LLLLLLL| |
_|r===l | | | 電 |  { l| l」冂|| |                              / 〃///|LLLLLLL| |
|||」_冖| | | 気 |   \` ー-_'ノ'  |l                        ______| 。l ////|LLLLLLL| |
||r=v┐| | | ① |ー--- ニ二 __||l                   /|」」」」」」」」」」」」l| 。| ////|LLLLLLL| |
||L!]_リ| | 「 ̄ ̄l|  匚|匚||<I|匚|匚|||                      //|幵幵|エl「幵幵| 。| ////|LLLLLLL| |
||r==、 | | |    |  匚|匚||l{ |匚|匚|||l                 l//|幵幵|エl| / | |  | ////|LLLLLLL| |
|||_L!」l | | |    |  匚|匚|lテl|匚|匚|l|l                 |//|幵幵|エl||[レl | |  | / /l|[][][][][][][]| |
||r 、rァ| | |    |  匚|匚||レl|匚|匚|l||l                     |//|幵幵|エl||L] | |  |/[/|LLLLLLL| |
||<へ>| | |--─ 「¨ 匚|匚||ビ|匚|匚|冂                      |//|幵幵|エl||{_〕 | |  | //|LLLLLLL| |
||__|_|_|    |  匚|匚|| ・|匚|匚||;|                      |//|幵幵f/|lX{ | |  |_//|LLLLLLL| |
冂l [l[l[l[l匚_ |    |  匚|匚| ム|匚|匚||:|_                     |, /|幵幵|[レl| /f´]。 r'´\ l|LLLLLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|l l |匚|匚||・|l|                 |/ '|幵幵f/|fr'l_| |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚|lビ|匚|匚||:|l|                 |/|幵幵|エr'/, |´]。 r'´\ l|LLLLLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|l l |匚|匚||;|l|               rァ=ヲヲ|/|幵幵|/|レ{ | |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚|l ・|匚|匚||;|l|               |l_|=/|/|幵幵|/|l0| |´]。 r'´\ l|LLLLLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|lD|匚|匚||・|l| 、             |l_| | l|/|幵l|L|r'「||'ョ| | |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚| V|匚|匚||;|l| l|             _|l | | fアfEEEl }|r'|i||'z| |´]。 r'´_ __  LLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|lDl l|/^゚ :|l| l|┐        ┌/「 ̄ ̄ ̄|x'|EEE| ||r'|l||'・| | |  | _| ||   ||_ LLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚| ̄|∥|匚|凵l|「|r|_  _ _ _ _r‐| ||l _ _ _「ュ[ ュ ュ| ||r'|l   |´]。 r' | |l  ||_ LLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|匚|∥|匚|  l| 二/^゚ 二二二二二二二|'ュ[ ュ ュ| ||r ゚^\、 'r┤l| ||   ||_ LLLL| |
|l_l_|__匚_ |    |     __∥_ _ |  l|┴∥┴┴┴┴┴┴┴┴‐r'´「 ̄ミ ̄|r'l」|l  || l| l| _| |l  ||_ LLLL| |
____r'´_|l|    | }三{ _ l「ヽ_ ∥__ヽ _| l」∥tr「 |l ィシトr「,イトl| …|「 |t:| ,幺、 | -┐ l|| l|_l| _| ||   ||__SEGA_|
┏━━━━━━━━┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  気まぐれで黒猫との約束を破って中央街に来てしまった。かといって、色々と見て回っても
  特に何かが見つかったわけでは無い。知り合いや友人は大概学校に居たし、スクランブル
  交差点のど真ん中を占領するほどに広がった治療所では、未だに行方の知れない幼馴染み
  の女性を探してみても、名前は見つからなかった…………。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


350普通の名無しさん2012/03/12(月) 21:55:51 ID:d38jEuI.
ハジマタ
そういえば、前回はポカやったんだっけ


351普通の名無しさん2012/03/12(月) 21:58:31 ID:MUjnKva2
ポカになるか金星になるかは結果次第


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第10話


142◆IL/7VRqS7E2012/02/12(日) 00:31:19 ID:VLSW1f6k








              _   
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,
       /            \ 
     /                `、. 
    .′                丶      ん……ん? 何だ、先に行ったのかお
   /                   ヽ
  i                     i
  !          >一 、        !
   !           /__≦二_ \      !
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ   /
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|
┏━━━━━━━━┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  朝起き抜けてくると、リビングの机の上に一枚のメモが残されていた。黒猫が残したメモで
  あり、流麗な筆跡で 先に人捜しに行ってくる。心配無用 とだけ記されていた。
  ゴミ箱を探してみると、食べ物を食べた痕跡があったので心配は無用だろう……どうやら
  昨日の夜から相当やきもきしていたので、日が昇ると同時に探しに出てしまったのだろう。

  普段通り七時に起きたのがまずかったか……
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第09話


321◆IL/7VRqS7E2012/01/03(火) 00:19:37 ID:RKwiyi6U







  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.
┏━━━━━━━━┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  日が傾き、その色を紅に変えて瓦礫の街を真紅に染め上げていた……時刻は夕刻にさし
  かかり、本来であるならば学生達は暢気な帰路へとつき始める時刻だ。

  二人は市民会館から物資を運び、家の中に居た。箱の中身を開け、内容毎に分配して
  どの程度保たせるべきかを考える…………
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第08話


614◆IL/7VRqS7E2011/12/31(土) 20:28:28 ID:U8AJ8X32






                  rニニKコヘfニ(( )-─ュ
                      ラ /´` ̄`¨ヽ
        r───-、        }7!
        ゝ=≦彳´¨        ノ..ハ
           E]      ,..イ::::/::::∧
            ||    ,...イ> ´/::::/l=l、
   ....::::::::::::....   ≠,...:::::,>   ./::::/ Vヘf7=ュ.......
  .:::/ ̄ ̄`ミ:::rァ7ヘ:::r'     /:::/  Vリ:::x====-、:::..
.ィ::/ィ、     r、j/::::/ :::!     /:::/  ,.:::::’,^l !     、:::::..
.::///      7イ,ィヘ::::.. }::i __イ::::,'   ,::/   ’,V!      、::::..
:::l    ィ=/ 〃   .:::.. |::!f}‐/:::,:   ..:/     ,V!      .:::::..
:::| _ノイ::∧===== :::へ::!〉'::::/    :::!     、{ l,      :::::
:::::   f9セハソニニ≧:::Y´:::::::ヽ:/    ::::l     ゝ=、ソ      :::::
:::    ノl      ;{:::::|||::::}       ::::!     `¨¨       :::::
ゝ::、   ────-ゝ::!!!ノ      ::、             ;:::;
  \、      ノ:::/ _j|}       .::、            ,::::
   >ニ====彡  `¨¨¨       丶:..          .:::::/
     `¨¨¨´               \::....     ....::::/
                         > ::::::::::::彡
                            ¨¨¨
┏━━━━━━━━┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  自転車の二人乗りで街を走って行く。アスファルトで舗装された道は、所々亀裂が入って
  深い裂け目が出来ていたり、下から押し上げられて盛り上がっていたりと半ば不整地と
  化している……もう、街乗り用のクロスバイクで街を移動するのは難しいかも知れない。

  そもそも、地殻変動が激しく、“通り”が一つ、そっくりそのままずれ込んでしまうような勢い
  なのだ……移動を考える方が難しいだろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


615普通の名無しさん@大晦日2011/12/31(土) 20:33:09 ID:cgNuGLs.
お、崩壊物か
自転車で跳ねる度に、黒猫の長いスカートから素足が見えて…ふぅ


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第07話


601◆IL/7VRqS7E2011/12/25(日) 00:50:48 ID:lzJ5i91M








              ,ri彡..-...‐=tr,-、iヾミ、
            /:::::::::::::::::::::::::::`ヾ=K゛、          前回までのあらすじ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ}}}|:::\
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!}}l:::::::::ヽ
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::|}}!::::::::::::i
        |:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|}!:::|_l:::!::|
        |::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:rl:::::l、,i_,!/
        |::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´i::::::|リ,!        今回から口語は枠無し システム文章は下……
        |;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト,l;!::::|〈
         ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::! ヽノ /        ま、普段通りになるわよ こっちの方が楽なのよねー
        ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::|   ン
        ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::ト--'       /ニ.7  大型AA喋らせるのには都合がいいんだけど……
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/        / //
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/` 、        /--'/
      ,':::::::::::::/:::::::::::::/::::::/::/ ,r'´::::ヽ    /.ri:::!、
     ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::/::/ ノ:/`ヽ::ト,  / ,' iノ.i
     ,':::::::::::/:::::::::::::/::::::/::/:´::/::::::::::::::ヾ  /_i'   .〉
     ,'::::::::::/:::::::::::::/::::::/::/::::::/:::::::::::::::::::::ヽ r'‐‐、.ノ
 |冗 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄冗 ̄|:::::::::i:::::::::::::::::::::::/ i,......、'y'ヽ、
 || |         |Y|  !:::::::::`i:::::::::::::::::i' /:::::::::::`ヽ/
┏           ┓
 システムメッセージ
┣           ┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  前回までのあらすじ

  とある高校に通っていた普通の学生であるやる夫は、突然起こった大地震に巻き込まれ、
  併設大学の原子炉がメルトダウンした事によって漏れた放射能を浴び、超常的な力に目覚め、
  同じく超常的な力を体得した友人、黒猫と共に家族や友人を探して街を彷徨き始める

  壊滅的打撃を被った都市には生存者の姿は少なく、広域避難所として複数の場所を巡ったが、
  未だ彼女たち知り合いの気配は掴めずに居た……そして、今回は少ない希望を求めて、
  彼等は公民館へと赴く…………
┗                                                            ┛


602。.゚ 。+ Merry Xmas 。.゚ 。+ 迴&―爿爿爿爿    龠~~2011/12/25(日) 00:52:39 ID:7d2TE3rI
>こっちのほうが楽
ゾンビの為したいように為すがよい


603。.゚ 。+ Merry Xmas 。.゚ 。+ 迴&―爿爿爿爿    龠~~2011/12/25(日) 00:54:49 ID:KypGLG3M
名前欄面白いな


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第06話


170◆IL/7VRqS7E2011/08/13(土) 16:35:03 ID:0VWcBJCI




  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 公民館へは特に何の問題もなくたどり着けた。建物は比較的しっかりと生き残っており
┃ 遠くからでも人の気配が感じられた。病院の医師もこちらに避難しているそうなので自然と
┃ 人が集まってきたのだろう
┃ 
┃ 更に近づくとさして広くない駐車スペースに無数のパスやトラックが止まっていた……



やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第05話


21◆IL/7VRqS7E2011/08/01(月) 20:01:43 ID:ae35N5cI

             ,..r--―――-、__r、_
          ,.rl,./-'´ ̄ ` ̄ヽー{ ソ2.}
         く/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞt-ハ
         / ::::::::|:::::::::::::|:::::::::::|:::::::::::|:: |
         |:::::::::::|::::|l:::::::|:::::::::|:::|:::::::::|:: |
         L,__|=二,l --'二二 |::::::|:::|:: |
          |:::| i...リ    i...リl |::::::|:::|:: |
          |:::| ;;;   ,   ;;; ・ノ::_,rノ}::::|
          V´l         ,.--'`:|::::|
            |ゝ、  -   ノ_|::::|::::::::::::|
            | ::::::`t- ' /`',.人_:|:::::::::::|
           __|__,.:r'´`、/ /   `>-,|
          /:,:::ヽ  r--,    ,.r-'´/::::::::\
          |::ヽ::::\{=<ミハ,.r'´::::::::/:::::::::::::::::|
          |:::::|::::::/`,|__,、_,lヽ::::::::::|::::::::::::::::::|
          ,l:::::|:::::t-' |- T- }::::::::::|::::::::::::::::::|
         /::::::::|:::::'--t-、-t-`:::::::::|,.:::::::::-、,t,
         ヽ:::::::|;/イ \\:::::::::::/:::::::::::::ト><}
          Y:::::::l  }| o |{ `ヽ-=|、_::::::::::::::::::/
          |::,.:::::} / o//  |   {::::::::::::::r'
┏━━━━━━━━━━┓
  黒猫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ (酷い目に遭ったわ……いや、大分楽にはなったけれども)


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 休憩が終わってから十数分後、2人は荷物を置いて家を出ようとしていた
┃ 
┃ やる夫は腰に無骨なナイフをぶら下げ、背中に同じリュックを背負っているが中身は水と軽食だけが
┃ 入っている。ここから自転車で行くつもりなので出来るだけ軽装で行きたかったのだ



23やる夫スレヒロイン板でお祭り開催予定!2011/08/01(月) 20:03:11 ID:z7z/DQwM
そいやぁ 前回の崩壊物はやる夫黒猫のエロスに気づかない! だったか… 残念な…


24やる夫スレヒロイン板でお祭り開催予定!2011/08/01(月) 20:06:03 ID:iels6X.2
>>23
あれに反応しない男は病院に行くべきだと思ったわ


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第04話


617◆IL/7VRqS7E2011/07/31(日) 00:43:27 ID:VmR7tnvg




        i/'/ ヽ/::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::`ー.、l `ト三'r'
          7´ ̄7:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::、::::::::ヽーi-<´
         ``ー/:::::::::::::::::::/!:::::::::::i::::::::::::::::::::!::::::::::::l}}!:::::、
         /:;:::::::::;:::::::::| |:::::::::: !:::::::::::::::::::|:::::::::::::|}|:::::::i
          |::|:::::::::|:::::::::| |::::::_|廴_-―:::|l::::::::::::::i|::::::::|
          |::|;:::ィ''''二ミ  ̄ '''.彡斥亡T i:::::::::::::::|::::::::|
           '´l::::::l彳i丸`     !::'::::ノ l .| :::::::::l:::|::::::::|
            |::::::| ! 廴ノ       ー' .,!::::::::::|:::|::::::::|
            |::::::| ,,,,,, 丶       '''''' ;:::::::::::::|,イ :::::::!
            |l:::::|             ,!_;: '_.'ノ::::::::::|
            |l/.\    ,、       , -..' :::::::::::::::::!
               |::\        , _,´_! :|::::::::::::::::::::|
               |::::::::`:..、__,  ,r´'´   |:::|:::::::::::::::|::::!
               |::::::::::::::_ト.|_r'´    _,,l,ヘ!::::::::::::::|::::!
               |:::::_./r.!}'   ,  '´    >、 :::::::!::::!
           __,,r/´薔)`ヽ ,  '´   ,..:::':::/` ー;、:|
          /:::{  {ゝ、__,_/,イ     /:::::/  ノ´::::::::ヽ
         ./::::::{ , ゝ, _,ノ、    /:::::/  _ノ´:::::::::::::::::.、
        /::::::::/ / l |  ヽ./:::::/__,ノ´::::::::::::::::::::::::::::i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 黒猫は掃除を終え、窓から外を見ていた。やる夫の両親の部屋は埃っぽかったが、それ以外は
┃ よく整えられていて掃除機をかけて拭き掃除をするだけで済んだ。大きなクイーンサイズのベッドや
┃ 上品な棚があり、その上には幾つかの写真立てが置かれている。
┃ 
┃ 眺めるのは外の風景、そして向かいの家の屋根。何とかやる夫のように素早く移動が出来ない
┃ ものかと考えていたのだ



やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第03話


549普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:12:12 ID:Kr.0C1jc
べ…別に遅れたけどエロゾンビの誕生日へのプレゼントってわけじゃないんだからね!
ちょっと黒猫好きすぎるから崩壊物がみたいだけなんだからねッ

支援絵


550普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:14:10 ID:zoSkhY7g
>>549
ツンデレ乙、絵GJ


551普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:14:49 ID:qtKMUkHg
>>549
後ろのやる夫がヒデェwww


552普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:14:50 ID:ytzelyow
>>549 SUGEEEEEEEE!というかやる夫ww


553普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:15:12 ID:Gn.SdK7M
これなんてメドローアw


555◆IL/7VRqS7E2011/07/26(火) 00:19:28 ID:ETRVVKlI
あ、ありがとう……うれしいなぁ……

しかし、やる夫と黒猫のノリが良すぎてシリアスなイメージが一瞬でほぼ完全にぶっ飛んだ……w


557普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:21:09 ID:7iM2JVMI
崩壊後の世界をノリノリで生きる2人でもいいじゃないw


559普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:42:09 ID:0NkZF1es
>>557
それは本当に良いと思う


558普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:25:17 ID:Dx/tRaQI
相変わらずレベルたっけぇなぁ…w


560普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:45:09 ID:q/a/46Xw
情勢が落ち着いた後ならノリノリでもいいんだがなあ。


561普通の名無しさん2011/07/26(火) 00:46:12 ID:qtKMUkHg
この世界観でノリノリになられてもなぁ…w
そもそもエロゾンビにそういうやる夫は書くことは出来なさそうだww


562◆IL/7VRqS7E2011/07/26(火) 00:51:16 ID:ETRVVKlI
血まみれになったら二者択一させられたり色々可哀想なことになる予定だからねー……

まぁ、こんくらい笑えるようになればいいんだが……


やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第02話


609◆IL/7VRqS7E2011/07/20(水) 10:51:58 ID:Zm/rJ0Wk




                                                、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 瓦礫の街を歩けども歩けども人には出くわさない……火が燃える音や時折
┃ 瓦礫がぐずれる音以外には何も音は響かず、まるで街その物が死んだようだ
┃ 
┃ その中を両足と左腕を失った少女を抱えてトボトボと歩く自分……客観的に
┃ 見れば猟奇殺人犯の部類に見えてもおかしく無さそうだ



やる夫は化け物と蔑まれながらも生きるようです 第01話


380◆IL/7VRqS7E2011/07/20(水) 01:27:53 ID:Zm/rJ0Wk



        どこにでもある日常

         誰もが享受する平穏

          多少の差異は有ろうとも、それはどこにでもあった





                          ______                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                             |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|      __ ____ |++++++++++++|
                             |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|
            _____       |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|    | ̄ ̄ ̄ ̄|
              |三三三三三|       |iiiiiiii|lllllllllllllllllllllll|     |≠≠| lココココココ | |++++++++++++|    |日日日日|
         _ _j[]j_三三三三:|   __ _jiiiiiiii|lllllllllllllllllll{[]}    |≠≠| lコココココ r──┬─t ++__|    |日日日日|
L          |iiiiii|llllllllllll|三三三三|_,.|llllllll|iii|_iiiii|lllllllllllli丁 ̄丁i   H|≠≠| lコココココ |i i i i i |i i i |++「iiiiiii|i | ̄ ̄ ̄ ̄|日|
⊥._      |iiiiii|llllllllllll|三三三::| ̄ ̄|llllllll|iii| ̄||llllllllllll|├─┤| ̄|H|≠≠| lコココココ | ̄ ̄`| ̄`|++|iiiiiiii|kz| ロロロロロロ |日|
iiiiiiii|  「三三 |iiiiii|llllllllllll|zL..L| ̄:|++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─┤|≡|H|≠≠| lコココココ |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii| ̄ ̄|iii|:::::| ロロロロロロ |_|_ __
iiiiii⊥.」三:r──────ー | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii|:::::| ロロロロロロ |llllllll|iiii|
fエ| lユユ |/| lコココココココココココ | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─|三三三三三三|≡≡|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii| ̄ ̄| ロロロ ,.rfニマiii|
7ミ| 「厂厂| lコココココココココココ | ロ |++|llllllll|iii|+||llllllllllll|├─|三三三三三三|≡≡|j |iiiiiiiiiiiii|iiiiiiii|====|iii|==| ロロ xzk㌍ミHiii|


382普通の名無しさん2011/07/20(水) 01:29:24 ID:m.VbzPZk
お、今回の崩壊は3つの区分のどれなんだろ?


383普通の名無しさん2011/07/20(水) 01:31:30 ID:H/Mp1/zY
ほう、なにかはじまったか




ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。