女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。
カテゴリー  [ やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩秋-2


52◆IL/7VRqS7E2013/02/23(土) 15:11:06 ID:.0iiOSfk
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    晩 秋                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┛

                       / ̄ ̄ ̄\
                     /        \
                    /   ─   ─  ヽ
                    |   (●)  (●)  |     
                    \   (__人__) __,/
                    /   ` ⌒´   \
                  _/((┃))______i | キュッキュッ
               .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
               /  /_________ヽ..  \
               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  今期残余行動回数:2
┣━━━━━━━━━━━━━┛
┃研究中一覧 ()内は完成予定月
┃ 諜報・火薬(晩冬)

┃1.内政
┃   開発(居住区・農地等)・投資(技術発展)など
┃2.外交
┃   交渉・朝貢・交易・御用商人を呼ぶ
┃3.諜報
┃   諜報員を放つ・投資(組織投資)・御用商人を呼ぶ【一部以外 Locked】
┃4.軍事
┃   募兵・演習・練兵・編成・治安維持・武具購入
┃                                 
┃                                    15:20
┣━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┫
┃国庫: 1001959枚                            イベント:1
┗━━━━━━━━━━━━━━┛                ┗━━━━━━━━━━━┛


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩秋-1


803◆IL/7VRqS7E2013/02/23(土) 00:55:34 ID:CSGiFhps




               ,  ´ ̄ ̄`¨´ ̄ ̄` `  、
                 /                   \
            , '   /           ヽ   ヽ
               /  / /             ヽヽ ヽ.   Y
           /   /  /  .// ∧ !l. '.ヽ ヽ ヽヽ ヽ  '.
           ,'  ,'  ./  // l l l !l.  '. '. '.  ! l  l   l
             l  il  l  ,'l ll .! ! l.l.l  '. '. '.  .l l  l   l
.           l  il  l ,' l ll .l l  !l l.  '. l .l'. l l  l   l     あー……私だ 久しいな
.            l  il  l !..l__!, ! !  ll ヽ  l l l_'. .!.l  l   l
          l  il  l__l´|. |`l_ト  '.  ヽ_「'l__l l_l !  l   l     何処かの阿呆が色々考えては直し、
           l   .il   | ___,,,,,__-、     ,-__,,,,,,,___ .ト. l   l      考えて思い着いてはヤメを繰り返した結果、
            l  .il  ヾ、´l-'´`7''      '"l-'  / アl  !  .l       一年近く間が空くというご覧の有様だ
.          l  .il  .∧ `‐‐‐'       ゙‐‐‐′/ l  l   l
.          !  .il  !∧        '      /_ノ! .l   l      色々やりたがって失敗するのは何時もの事だな
           ,'  ./il   l . lヽ、   r‐‐‐,     イ l l  !  .l
          ,'  / .il  ,'! l   >:、   ̄  ,. <´ l  ! ! . !  .l      割と自分でも一回死んだ方が良いと思ってるぞ
         ,' . /  il ./ l . l   ! l | >-< | l l  l  l .! l'.  '.
        ,' /  il/ .l . !  l/::l     !:\ l  l .l . l '.  '.     死霊が死んだら今度は何になるんだろうな
       ,' ./ .   /  ,'l l./::::::「      }:::::::\  ! .! l '.  '.
.         ,' / .   /.  ,' l/:::::::::::::'.     _,'::::::::::::::\!. '. '. '.   '.
.        ,'./.   ,'  ./r<::::::::::::::::::::'.    ,':::::::::::::::::;; ヘ. '. '. '.   '.
.       ,'/   ,'  /´\\::::::::::::::::'.   ,'::::::::::::::://ヽ '. '. '.   '.
     /.    ,' ./   \\::::::::::::'.  ,':::::::::://.   ヽ'. '. '.   '.
.    /    ,' /{      y\\:::::::; ;:::::::://{{ ,.     l '. '. '.  '.


804普通の名無しさん2013/02/23(土) 00:56:48 ID:RoGsPzz2
……浮遊霊?


805普通の名無しさん2013/02/23(土) 00:57:21 ID:TxTuFhCU
腐った死体は原型留めなくなると箱に入ってミミックになるらしいが


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 初秋-1


731◆IL/7VRqS7E2012/03/26(月) 21:02:01 ID:7afoXLIk
お、随分と久しぶりだな……しばしまたれい……

後、まだ終わってないが、難しいって言われたから簡略化するぜ……!
通常兵器とか防具は全部兵器で統一したりな……

まぁ、いいじゃろ、こんなんで……


732普通の名無しさん2012/03/26(月) 21:02:40 ID:15W8/D1s
可愛いなのはさんが見れると聞いて


733普通の名無しさん2012/03/26(月) 21:04:15 ID:BRPq0y2o
前回は、なのはと水遊びしたところだっけ?


734普通の名無しさん2012/03/26(月) 21:05:21 ID:MARy0a3s
ドレイクさんが出現すると聞いて


735普通の名無しさん2012/03/26(月) 21:05:43 ID:dsJnaxe.
エロフさんが気になるな…


736普通の名無しさん2012/03/26(月) 21:05:54 ID:AiNmwMkI
黒エロフ嫁が来ると聞いて


737◆IL/7VRqS7E2012/03/26(月) 21:10:43 ID:7afoXLIk

         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:\  ヽ
        |:|:.\:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:ハ:.:ヽ:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\:.:丶
       .i:|:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:| ヽ:.:i:.:.i:.:.:|:\:.:.:.:.:.:ヘヽ:.ヽ
.         |:.:|:.:.ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:._7t:.-十:i  i:.i|´丁`i:.:.|:.ヽ:.:.:.:ヘ丶:.i
         l:.ヽ:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:匕:チ |:.≠.l/  ||,イう。,/:.!:|:.:.:ヽ:.:.:.:i  ヽ
         ヽ:.ヽ:.|:.:.:.:.:.メ´:||:.yヒて个/   / .{::::j."i/|:|:.:.:.|.i:.:.:.:|
        ヽ:./=ヽ:.|:.:.:i:.:i,イ7::::::゚::|       b:y /:.l/:|i:.:.i .|:.:.:|
         ゝ .个:.::.:ヽ|ヽ らツ少      ̄ |:.:i:.|||:.:| |:.:|
          \ .|:.:.:|\\. ゝ¨        、 . |:.:.|:.| |:.|  |:|      やほーえぶりわーん 生きてるかーい?
            ヽ:.:.:|                イ|:.:|:ヘ/   |
             ヽ:.ヽ.       ` ´ /:.:.|:/:.:.ヘ
                  丶:.丶> 、    イ、:.:.:/:.:ヽ:.ヘ
               \ミ    ` ≧´   !\:.:.:.:.丶:ヘ
               ,>.|ヽ   ><   / .i:`>x.ヽ:ヘ
             ,、r´:/ | >‐、´     /  |::::::::::::::::::::`ヽ 、
.           ,、r´:::::::/  |/>-<\ .   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
       ,、r´::::::::::::/  ./└t┘ ヽ./     .ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     /::::::::::::::::::/  /|./ Ⅹ.ヽ  ヽ   >┘ \::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::|




                 _
               /:/⌒
         . . . .-――、 l: :/- ,. .-―-. 、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<:::::-=ニ――`ヽ  /⌒ヽ
    /:/::::::::::::/:::,::::/::i:::::i:::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ   /  /
    /:/:::::__/::/:://:/:::/::,ィ::i:::i::::::ヽ:::::ヽ:ハ:::l /  /
    {イ:::::::::/チャ≧ヾミ:イ://::j!::j!:i:::i::!::::::ト:::.}://  /
   キr!i::::::i:::!マ三三≧'' jム斗fハj:::∧:::jー/´  ⌒ヽ       こっちは久しぶりすぎて色々忘れた所さー
    { j !ヾ::!ヘ!!   ,、    三三/⌒¨7´    ヽ  } }
    ヽl!:::iヾ!ヾ   { `¨¨¨} ,/¨7ー{   r- }_ノー'⌒)      ページ外の茶番劇含めてな!
     ヘ:!\    ヽ__.. - '´    {  \___><_/⌒´
        >=¬¨7/     ヽ、ヽ、___/::...ヘ
       ,/{    {{   ,.ァ< ̄´}::::::::::::::::::::.ヘ
       {ハヽ   ヽf7f} /^ヽ, `「}-、j;:::::::::::.:..:..:..ヘ
      |i∧ ¨ア´ ̄[´∧> :}: //rー`¬、::::::::.:.:.:.ヘ
        !! ∨    <7 }>  |</^}   /::::::::::.:.:.:::ヘ
       .レ'´ {       i!   {/⌒7__,/ \::::::::.:.:.}


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩夏-3


333◆IL/7VRqS7E2012/01/23(月) 23:23:42 ID:vSnmdIBQ
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    晩 夏                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┫


                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !     日中は暑いお……
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  夏の盛りが終わりかけている頃、日中の気温は25℃に達する。これが、諸君等であれば、
  何だ、丁度良い温度じゃないか、となるかもしれないが、極北の地に限りない場所で育った
  彼等にとっては充分以上に暑い日なのだ。

  普段はしっかりと服を着込んでいるやる夫も溜まらず襟を開いて束ねた羊皮紙で風を送り、
  かっちりした狩猟服を着込むプロシュートも流石に暑いのかジャケットは脱いでいた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩夏-2


277◆IL/7VRqS7E2012/01/20(金) 21:35:33 ID:FPUoPQuE
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    晩 夏                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┫


|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  昼頃、御用商人が雑役女中に通されて愚王の執務室へとやって来た。普段通り腰に台帳を
  ぶら下げ、好青年染みた返って嘘くさい笑みを貼り付かせながら、手土産にコーヒー豆を
  持参して居る……。

  やる夫が女中に紅茶を煎れさせ、執務室で雑務を片付けながら目も合わせない商談が
  始まった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩夏-1


91◆IL/7VRqS7E2012/01/20(金) 00:17:23 ID:FPUoPQuE
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    晩 夏                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┫


..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',:   '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  二板の短い夏は盛りを終え、残暑の日々が続いていた……とはいえ、気温も20℃程度しか
  ないので厳冬になれた国民達からすれば、非常に暑い日々に違いないのだろうが。
  特に、毛の多い北方亜人種達には辛い季節が少しずつではあるにしろ、終わろうとしていた。

  そんな中、我等が暗愚王は……
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


92普通の名無しさん2012/01/20(金) 00:20:49 ID:adeFUddA
女を抱いていた! なら良いんだけどなw 違うだろうなw


93普通の名無しさん2012/01/20(金) 00:22:35 ID:6FUz7vmU
暗愚に限って言えば認知しなくていいからと
なのはさんが押し倒すのが一番いいんじゃないだろうか


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 初夏-2


892◆IL/7VRqS7E2012/01/19(木) 22:21:10 ID:cfS7Xqs2
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    初 夏                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┫


 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: :::::: '''''"""''""''''""''"''''""
":;*;;:ヽ|i/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";w
::;.:";|./:;.:'";゙:.:*゙,:;//,:;、,"ノ'.:;ノ'.
.:;,`:ヽ|:i.|;,`*/,':,:;ii|,:;/.:*::;.:"::
.;;\.:|:i|i;,`:;,:;.:'|ii"゙:.:゙,/:;、.
::;*:".:;.|i;i|i;,`:;,'*iiiゾ:.:゙、*,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`
.:;,*`ヽ|/:;,':,:ソ|、_,.,:;.:∨//.*:";'/.:.:;”:;,,,
.*:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,",,,,-
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  城よりかなり離れた外周。そこには緑の背が短い葉が精一杯背を伸ばし、短い夏の陽を
  全て吸収しようとして必死に伸びていた。そして、同じように開墾された畑に植わる麦や米も
  まだ細く痩せた穂に光を受け、飽きに向けてドンドンと膨張しつつある。

  そんな牧歌的で平和な風景なのだが、少し離れた所に人の腰程度までの高さがある煉瓦の
  壁が築かれつつあった。それはどこまでも伸ばされており、見渡せば地平まで続いている……

  陽のかなり高い、昼が近いそんな所で、大して幅の無い壁に人間の男が二人腰を降ろしていた。
  暗愚と蔑まれる王と、その片腕である狩猟服の偉丈夫であった。近くには馬が二頭繋がれている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


893普通の名無しさん2012/01/19(木) 22:21:24 ID:qEA9B0iU
やる夫「カタカタカタッ」


894普通の名無しさん2012/01/19(木) 22:21:52 ID:SgePFtAk
兄貴とのコミュか


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 初夏-1


665◆IL/7VRqS7E2011/12/09(金) 21:18:45 ID:I7a3CCIQ
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    初 夏                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┫


i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  春が過ぎ、二板に短い夏がやって来た。山々は中腹以下で雪が完全に無くなり、青々と
  茂る草原に山羊たちが放たれていた。

  畑にも捲かれた種が芽吹き、精一杯茎を伸ばして、まだ青い穂に日の光と風を一身に
  受けて秋に向かって栄養を蓄えている。今年は豊作になりそうだ……
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


667普通の名無しさん2011/12/09(金) 21:21:30 ID:ERp66ZAQ
夏……夏といえば水着……ぐらいあってもいいなぁ


668普通の名無しさん2011/12/09(金) 21:22:54 ID:rISJhL2I
高地やぞ?w


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩春-3


236◆IL/7VRqS7E2011/10/23(日) 22:42:15 ID:de33c/rk





  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。


┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  二板の夜は春の終わりとも言えそこそこ冷える。そんな夜に愚王は仕事で書類の上に
  流麗な筆跡でひたすらに何事かを書き付けていた。楽そうな平服の上に肩掛けを羽織り、
  その手元には珍しく酒杯が置かれている。

  だが、その酒杯には暖められた葡萄酒が注がれていた。ぬくめられたせいで殆ど酒精は
  飛んでいる純粋に身体を温めるのが目的の物だった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩春-2


139◆IL/7VRqS7E2011/10/23(日) 18:43:28 ID:de33c/rk




      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::。:::::::::::::::..☆ . :: . 。  : . .. ..:...。::::::::::。:::::::::::::::::::。::::::::::::::
  ::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゚:: : : ..:.. .. ..:.. .。. . .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::: : :。 ::.. 。.:  . . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::: :: : : . . . : : ..:。.: :::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::
  ::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。::::: 。:. .. :☆. . : :::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.. ..  .:::.::...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::..:..:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::. . . . 。.::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::☆::::
  ::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  。.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . ..:  ::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::。
  ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;w--─--、___:::::::::::::。: . :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::。::::::::::
     _  ___  ____--─ー──~'''~`─-、._,,、w─''"" ̄  ̄ ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;ー-‐''''"~~~
 ─''"~   ̄   ̄    ̄^ー-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,,__,, __            (;; ;: :    ::::
 ::::                                        (;;; .; : :;;;::: ::;;;;;;::::::::::::::
 ::::::::::                                    (;;(;;;;;(;;;;;○;;;;;;;;;○;;;;;::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::                                (;;(;○;;;○;;;;);;;○::::::::::::::
                                           (;;;;○ゞil/;;;;);;;;;)
                                              (;;;;| il|;;);;;;;;;;;

┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  日が暮れた後の空はビロウドの暗幕を垂らしたように暗く、その闇を彩るように星々が
  煌めき、その中央に舞台の真ん中で浪々と謳うかのごとく主演女優たる真円の月が
  煌々と星々に護られるようにして輝いていた。

  だが、今晩の主演は彼等ではない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 晩春-1


374◆IL/7VRqS7E2011/10/15(土) 22:03:29 ID:TZShLgQ.
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    晩 春                                  大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┫




..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',:   '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  春は益々深まり、山岳地では溶け出した雪がいくつもの清浄な川を作りだし、冬の間の
  厳しい寒さに耐えた生物達が少しずつであるが顔を出し始めていた。
  城内や城外の村々でも種蒔きや田植えが本格的に始まっており、農民達は忙しく汗を
  流していた。

  未だ二板の大地は喧噪とは無縁であり、久しく血を吸っていない大地は平和そのものであり、
  国軍の最近の仕事も近くの農村に害獣駆除で猪狩りに出かけた程度の物である。
  ただ、国の危急を知るのは首脳部だけであり、その頂点の胃壁は日に日に薄くなっていった……
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


375普通の名無しさん2011/10/15(土) 22:05:32 ID:wjFcL3xs
戦争になったら亜人達の士気、トンデモないくらいに高くなるんだろうなあ…


376普通の名無しさん2011/10/15(土) 22:07:22 ID:.bpRgZFs
交易コマンドも地味に気になるんだよね


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 初春-2


172◆IL/7VRqS7E2011/10/14(金) 23:06:48 ID:cXQ3cCeI



______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |


┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  やる夫の本当の城と言うべき執務室、ここには普段あまり人は来ない。二板の個性溢れ
  過ぎる家臣団が報告に来るか会議を行うか、もしくは王をからかいに来る時くらいしかこの
  執務室には主であるやる夫しか存在せず、ひたすらに羊皮紙の紙面をペン先が引っかき回す
  音だけが響いているのだが……最近は毎日客人が訪れていた
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 一年目 初春-1


782◆IL/7VRqS7E2011/10/12(水) 21:56:46 ID:yjS6QGcc
┏━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    初 春                                   大陸歴 3422年
┗━━━━━━━┛                              ┗━━━━━━━━━━━┛


   _,,; -、
   ヽ-''-`ヽ、   /)
     ,-、   \(
   ( (ヽc==( )`)i iヽ
   (::彡`(    ̄`ヽ ヽ)
    ヽ( ヽ     \|i
       ̄     ,,--、`ヽ、
            `ー' ̄`\ ,、     /_)
               , -、,、 ( )     〉ノ
            /⌒'i  _)-、\    /
            >  ::))),'   ) iヽ|)/
            (___、ノ;' '-'"ヽ '\Vヽl)
          ,-、,-、ノ (  ,ノ===;;ヘヽ*))
       ,-'~`ヽ....  )"~) ヽ~   /``\\
       ヽ,   )))/⌒`,ー'ヽ)⌒,,,^-, ,ー` ヽ,,__
         ニ= ''''iヽ_ノ!!!ヽ_)ー;;;;;ヽ__)``ー-、,, "'--
       (   ノ  )               "''ー
        '-''' `ー'
┣━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  雪が溶け、二板に春がやって来た。忌まわしき金山が発見されてから最初の春である

  気候は深く雪に閉ざされていた頃とは打って変わり朗らかな日が照るようになり、
  農民達は冬場の間に植えた雪の下でも成る根菜を収穫して早々に春の種まきへと
  向けて用意を始めている。

  その折り、やる夫は執務室で仕事を片付けながらある物を待っていた
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


785普通の名無しさん2011/10/12(水) 21:58:09 ID:JVaJKBmg
忌まわしき金山とか言われると、何か棲んでそうよね。SAN値直葬的な


786普通の名無しさん2011/10/12(水) 22:00:14 ID:a7h6F2JU
昔の鉱山は死者がモリモリでるんだよなぁそういう忌まわしさってのはあるよな
ファンタジーなら何か居てもおかしくない


787普通の名無しさん2011/10/12(水) 22:00:33 ID:S73HxlsI
そういわれると、羽ついて凍らせてくるもの持ってそうなのがいそと思うわなw


788普通の名無しさん2011/10/12(水) 22:00:35 ID:ATKe4RYo
名状しがたき炭鉱とか、冒涜的な油田とかもあるのか


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです チュートリアル&人物パラメータ


357◆IL/7VRqS7E2011/08/03(水) 20:24:06 ID:XFyjAD0.
┏━━━━━━┓
  一年の流れ
┗━━━━━━┛

・一年は八期であり 初春 晩春 夏期 晩夏 初秋 晩秋 初冬 厳冬 に分かれる

春期:一年の初め 決算期 初春に年間支出が支払われる

夏期:一年で最も温かい月 開拓や増築の効率が上がる

秋期:収穫月 税収がこの晩秋に入ってくる

冬期:雪に閉ざされる 開拓や増築は基本的に不可


・一期ごとの活動

一期毎に基本行動が四回行える
 内政・外交・諜報・軍事 の四種類

内政:開拓 開墾 投資  など国内の運営に関わる事

外交:交渉 朝貢 交易 など国外との交渉

諜報:諜報員を放ったり、情報機関への投資など情報戦術に関わる事

軍事:募兵 演習 練兵 編成 治安維持 武具購入 など軍事に関わる事

一部イベントの消化


・それ以外の活動

一期に二回、領内の人間とコミュニケーションを取ることが出来る
仲良くなったり能力を向上させたり、また、新たな人材を捜すこともこの行動で行える


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント「王女との見合い」


583◆IL/7VRqS7E2011/07/16(土) 20:24:42 ID:l0hpiJUw


            _     __上ニニニニTR
         rニニニiヲニコT彡t―.王ニニニニニ=、=┬┬┬-D
         ├──────''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ミ:.:.: : ::┴┴┴ヲノ
         │: : : : : ┌──┐: : : :┌┐: : : :||il───┐li /┬──┐
         │┌┐: │┌┐│: : : :││: : : :||: : : : : : ::│:::/:┬┬┬ヲ
        フ::││: ││││: : : :││: : : :||:──┬─V:┌───、
          /:::││: ││││: : : :││□: :||:──┴ ‐/∧: : : : : : : \
      _  /:::::││: │└┘│: : : :││: : : :||: : : : : : : //: : \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  , ' ´,-i i-`'、:::::└┘: │    │: : : :└┘: : : :||: : : : : : //: : : : : /´三三三 /
../ ハV | | .//ヽ::::: : : : │    │: : : : : : : : : : :ノ: : ,、: : //: : : : : /三三三三 /         ノ彡ミミヾ㌫rツ   ノ彡ミミヾ㌫rツ
{ ヘ V | |//  >',::::::::: :│    │: : : : : : : : : //ノ/∧://__/三三三三 /       彡´  r  ム jl   彡´  r  ム jl
i.l  \V..|/ //廴、:: :│    │: : : : : : : //_ ././//__/´ ̄/ ̄ヽr――-、     彡    入 ヶ {l7 彡   入 ヶ {l7
|.|---{  ヾ/_{i|ミ: ー┴──┴──<_/ , -''´  ̄ `' 、     /  //,r ´  ̄ = ー イ     //  ヽ _」l     //  ヽ _」l
|.|_ - ''v/ソ、____|.|├─======-==-==-=//ヽ | /ハ 'n二二二二二二二二二⊃l    { ハ二㌧リ|    { ハ  ㌧リ
' ,  //| i \ ̄ | |/i l┴──、 、 フ ┬─/ /\  V // >、 ',三三//{  レ      !   !l }     !    !l }
.V/ ./ .| .i  V//ヲ┘│   ヽ.... │ 7 .ト、_>-、/_ ゝ',三彡ノ t   ヘ       l    j l j     l    j l j
 V /. . | i  ///.. . └─   `''---.┤ |___it j }ミ=、 | iフ=. 、ヽ>、 ゝ、、_  tヘ / ノ ハ _  tヘ / ノ ハ
  \ミー >//              { ハ  //不/ヽ`'-i }   .`'{ k  〈    ̄{  V-<.ハ   ̄{  V-<.ハ
   `ー―''´                ヽ V ./ | ヽ V ./       .l 「 ㌧こ、   y }  ㌧ j    y }  ㌧ j
                         \ソ-.上__ソ/       ノーl   \ヽ   } l   ヽ‘、   } l   ヽ‘、
                          `''ー---'''´      .ゝー'’    ヽ\ ノン      v`、 ノン      v`、
                                                  辷イ/      yヘ、/      yヘ、
                                                   し'        辷 コ        辷 コ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 馬車が一台、数騎の護衛に囲まれて進んでいく。簡素ながら上品な作りの
┃ 馬車で、側面には薔薇の紋章が刻まれていた。
┃ 
┃ 広く整備された街路を闊歩していく様を通行人が訝しげな視線で眺めるが、
┃ 特に干渉することもなく通り過ぎる。ただ、こんな大仰な一考が二板の中央通りを
┃ 行進することが滅多になく、珍しいから眺めていたのだろう



584普通の名無しさん2011/07/16(土) 20:25:46 ID:jBUfHCgk
嫁候補の到着と思ったら、間髪入れずに見合い相手まで到着か。


585普通の名無しさん2011/07/16(土) 20:26:35 ID:37uKySOg
>広く整備された
うほ、交通しやすいのか


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント「縁談2件目、吸血鬼亡命、やる夫の野望」


19◆IL/7VRqS7E2011/07/16(土) 00:24:31 ID:l0hpiJUw







           __________
          //|∥∥∥∥∥∥∥∥∥
        /;/ ;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /;;/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /;;;/ :::::::/
   /;;;;/;::::::::::/
  /;;;;;/:::::::::::::/
/;;;;;;/:::::::::::::::/
 ;;;;/::::::::::::::::/
;;;/::::::::::::::::::/
/::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の縁で珍しくやる夫が外に出て空を眺めていた
┃ 
┃ その先には小さな点のような影が見えるが、それは一度弧を描いて飛ぶと
┃ どこかへ去っていってしまった……

┃ 簡素な服の上に纏った外套が巻き起こった風に煽られて揺れる……



21普通の名無しさん2011/07/16(土) 00:26:23 ID:cF0BVP.c
珍しいな やる夫が政務してないのは…
なんかあったか?


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント「傭兵団」


408◆IL/7VRqS7E2011/06/23(木) 22:48:38 ID:pM6PsRYI



         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 普段通りやる夫は執務室で淡々と仕事をこなしていた。開拓民への
┃ 支援の段取りや、職を与えるための仕事だ
┃ 
┃ その最中に執務室の扉を叩くものがあった
┃ 入室を許可すると、入ってきたのはプロシュートだった



やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント「亜人の自由」


649◆IL/7VRqS7E2011/06/17(金) 23:01:45 ID:R5Wd3RyI


 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
:;.:";|./:;.:'";゙:.:゙,:;ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
':;,`:ヽ|/,':,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''
";*'.:.:;”:;,`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:; ,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:"
:".:;.:'"i゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`: :::::: '''''"""''""''''""''"''''""
":;*;;:ヽ|i/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";w
::;.:";|./:;.:'";゙:.:*゙,:;//,:;、,"ノ'.:;ノ'.
.:;,`:ヽ|:i.|;,`*/,':,:;ii|,:;/.:*::;.:"::
.;;\.:|:i|i;,`:;,:;.:'|ii"゙:.:゙,/:;、.
::;*:".:;.|i;i|i;,`:;,'*iiiゾ:.:゙、*,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`
.:;,*`ヽ|/:;,':,:ソ|、_,.,:;.:∨//.*:";'/.:.:;”:;,,,
.*:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,",,,,-
┏━━━━━━━━━━┓
  少女
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 生活は酷く苦しかった。
┃ 
┃ 自分と、自分の家族は所謂奴隷で、自由なんて物はどこにも無かった。
┃ 延々と田畑を耕し、その対価に野菜の切れっ端が浮いたスープや
┃ 殆ど重湯と変わらない粥だけが日に二食供される
┃ 食事が貧しいから、身体の弱い子供や老人はどんどんと死んでいき、環境の
┃ 悪さがそれに拍車を掛けた。家の農場だと8家族が狭い建物に
┃ 詰め込まれていたから衛生環境は控えめに言っても最悪だった



651普通の名無しさん2011/06/17(金) 23:03:34 ID:fdKO/EFI
獣人か… なんかアメリカの南部の奴隷みたい…


653普通の名無しさん2011/06/17(金) 23:06:06 ID:YwwWUKcU
>>651
トムおじさんのハウスか


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント「異国からの小さなお嫁さん」


442◆IL/7VRqS7E2011/06/17(金) 21:28:23 ID:R5Wd3RyI

|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ある日、珍しくエヴァンジェリンが首脳部(総員4名)に招集を掛けた
┃ 
┃ 理由は定かではないが、集まるのは玉座の間ではなく、例によって
┃ 執務室である。



やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです イベント「年に一度の幸運」


69◆IL/7VRqS7E2011/06/13(月) 23:02:24 ID:RFoMQpR2

|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ある日の昼下がり。王族が食するにはあまりにも貧相と言える食事を
┃ 胃に押し込んでから、やる夫は執務室とは名ばかりの書庫で本を読んでいた
┃ 
┃ ここに移住した遙か昔の先祖が山と残した技術の解体書を読みあさっていたのだ。
┃ とは言え、それらは古代語で記され古ぼけているので解読は進まず、また
┃ 図柄が絵が描かれていても何の物か分かりさえしないので殆ど意味がない……

┃ そんなとき、執務室の扉を叩く者が現れた。入室を許可するとむわっとした
┃ 臭いが侵入してくる……ドレイクが発する香りだった。繁殖期が近いので
┃ そのホルモンが訪問者の身体にべったりとついていたのだろう



やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 番外編「プロシュート先生の歴史学(亜人迫害歴)」


101◆IL/7VRqS7E2011/06/10(金) 01:17:38 ID:LVE1l4Cc

  _/ヽ,   _ ,.. -―――- .__
  f 二ニヽ`fイ,/〃∠/ _´", - ‐ ``_ ‐_ 、
 辷三lニ/ -‐ ニ,,_‐- `‐-ァ`<_ニ二 --_ヽ
 `l-冖'"/ _     _ /   /  `゙‐-、 \
二ァ-―/ ̄、-==‐- _ /   /       `,`i}
_ニl/-、/ ‐-、ヽ―--/  {‐-==_-、     ,  ∨
 均 ヽ (乙入ヽ-'"    ヽエェ_ヽヽ、, ./   |
三ィ)、二〉{冫       />、ニ=、ヽイノ   /l
  { ミ-人_/]ヽ     /   '_`ニ='´ !、   / j
  ,∨ , ィ ´ , }    |    i/´"   !`rジヲ´
./ '  i.   ¦    !    ヾ     -'/'´      ガラッ
      {   ¦    |      ,  '" ∨
   /   l、     {       〈_ -‐ , ´
. 、 /       l\     -=::;==,ニ,⌒/
  \    /!  \    、`‐-ィ/
   \   `i` 、   \    ̄`/
     \,,ノ    `>、ヽ  /
     /-ヽ-、  /:ヽ  ̄ ̄_
    /仁(9}/::::〉_/:::::::/ ̄´  {
  / ヒシ/ヽ/:::::::::∨     `、
┏━━━━━━━━━━┓
  兄貴
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 授業始めるぞ、席についてノートと教科書だせマンモーニ共
┃ 
┃ 二限続いて俺の顔見てるってのは不幸だと思うが堪えてくれ
┃ 
┃ 理由はまぁ……本来歴史学の講義をやるはずだったやる夫先生が
┃ 胃痛でぶっ倒れちまったっつーことだ。今頃保健室で半分死んでるだろうよ
┃ 誰ぞ石仮面でも差し入れしてやってくれ



102普通の名無しさん2011/06/10(金) 01:19:00 ID:bi/X0aLY
そんなモノ差し入れたら金髪ロリと同じ種族になっちゃうwwww


104普通の名無しさん2011/06/10(金) 01:19:23 ID:1e.b/4fk
大丈夫かあの先生……


105普通の名無しさん2011/06/10(金) 01:19:26 ID:PgBGKY5E
牛乳飲め、すこし落ち着く


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 番外編「なのは先生の魔術講座」


960◆IL/7VRqS7E2011/06/09(木) 22:57:27 ID:ppeYVHs6
                          オマケ 魔術師になろう!


      /: : : : : : : : : , ' ´ : : : : : : : : : : : : : \/: : : : : :ヽ,
      /: : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : ヽ, : :ヽ: : : : : : : : ',
    /, -‐‐/: : : :/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :',: : :|: : : : : : : : :l
   /  /: : : : .:/: : : : :/⌒ l: .: .: :.⌒ヽ : : : : :|: : |: : : : : : : : :|
     /: : : .:/: : | : : |: / .|: /|.: :|.: :八: : |: : }: : |: : |: : : : : : : : :|
    ./: .://: : : | : : レ ィ=ミ' |:.八/ィ≠ミ|: /.: .:.|: :/.: .: .: : : : : :|
    {: :/  |: : l: :| : : :{{.んイ} ∨  ん心レ }: :/.:/|: : : : : : : : : |
.     ∨   |: /|: 八: :l. 込ソ    込ソ 〉/: :ハ/ .l: : : : : : : : : |
.          レ レ'|: :ヽ⊂⊃           /: :/ノ  |.: : : : : : : : :|
           l: :/∧   マ ̄} / ̄ ̄ ̄`ヽ、| : : : : : : : : |
           ∨/: /\   `ー'/   , -‐‐  \: : : : : : : |
               {.: |.  `ト--{   /       ヽ: : : : : :|
            ヽ|  _,ノV´ ̄`T ヽ  , -‐     l: : : : : |
.      , -‐──一'7´/ {.   └‐ノ/        |: : : : .:|
      / , -‐─一'7  レ'{\─‐<_/   , -‐‐  ∧: : : : |
     ./ /        {   | .厂|\   ヽ/     / }: : : :|
┏━━━━━━━━━━┓
  なのは
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やほーい みんな大好きなのはさんなの!
┃ 
┃ 今日はみんなに魔術師の成り方を教えてあげるから中耳炎になるまで
┃ 耳掃除して丁寧に聞くの! そこ、ノート出さないと消し炭にするの



961普通の名無しさん2011/06/09(木) 22:57:56 ID:R5Ws9vVw
なんか始まったww


962普通の名無しさん2011/06/09(木) 22:58:12 ID:dhHOCDog
BABAA おしえてくれー!


963普通の名無しさん2011/06/09(木) 22:59:21 ID:1LBVwu/Q
あ、>>962が消し炭に……


968普通の名無しさん2011/06/09(木) 23:01:10 ID:mgBuXzW6
>>962
…武士の情けだHDDは砕いといてやる


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第04話


816◆IL/7VRqS7E2011/06/09(木) 21:54:56 ID:ppeYVHs6



―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 後日、一人で例によって書類を片付けていた
┃ 
┃ 開拓や開墾をするにしても新しく儲ける物を決めようとしていたのだ。
┃ 南部の森はエルフ達の物だから手を出さないとしても、作れる物はまだ多い



817普通の名無しさん2011/06/09(木) 21:56:37 ID:IGrUEq.2
>南部の森
……南の大国の侵攻場所だな


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第03話


402◆IL/7VRqS7E2011/06/07(火) 20:43:16 ID:P0SGBmVE

―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============





  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/                              \   |\\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 昨日と同じくやる夫は執務室で仕事を片付けていた。備蓄物資の管理や
┃ 戦略資源の買い足しに、細々と行っている交易の取りまとめだ。
┃ 
┃ 正直に言うと王がするような仕事ではなかった。普通なら執政官でもおいて
┃ 片手間に終わらせてしまうような仕事だ……



404普通の名無しさん2011/06/07(火) 20:44:06 ID:3rFNNsXo
やる夫って家計簿つけて黒字がでるとにやにやするのが趣味だろ


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第02話


132◆IL/7VRqS7E2011/06/07(火) 01:13:53 ID:P0SGBmVE

―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============





  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/                              \   |\\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 城の一角には蔵書室が儲けられていた。無数の本が本棚に並び、
┃ インクと羊皮紙の匂いが場を支配している
┃ 
┃ そして、この部屋は半ば以上やる夫の執務室と貸していた。帳簿や資料も
┃ 全てここに収められているために必然的にここで仕事をした方が
┃ 効率が良いからであった。玉座の間は言うなれば座って仮眠を取る場所だ



134普通の名無しさん2011/06/07(火) 01:16:19 ID:cImG5JFE
玉座が仮眠室?だなんて このやる夫割とワーカーホリック?


やる夫は奸智謀略に長けた暗愚王のようです 第01話


727◆IL/7VRqS7E2011/06/06(月) 02:09:52 ID:DJ7VbOgs


:::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 十:::
::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::
:::○:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄~"'''‐-,.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡⊂二⊃::::::::::::::::::::::
:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、:・::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::
:::::::/               .:゙‐、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::
/~                  :`、:::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::
                      ゙、:::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ゙、::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::
                        ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::
)  __                    ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  (:::::::/                   :,:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::
  ノ::::/                    ;:::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::
  |::::|                     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ こことは違うどこか遠い世界
┃ 
┃ そこには超常の力や、人間に近い姿をした人類の亜種が生きていた
┃ 
┃ 一枚板の大陸だけが浮かぶ惑星で、連綿を続く殺し合いを繰り広げながら





ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。