女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。
月別アーカイブ  [ 2012年10月 ] 

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リインは世界の果てを目指すようです 第19話「貴方と出会ったこの場所で」


398◆Lu3PPGimGw2012/10/31(水) 21:03:18 ID:iCfU1RIw0
それでは投下を始めます


399◆Lu3PPGimGw2012/10/31(水) 21:03:28 ID:iCfU1RIw0

┌───────────┐
│  獣人の町・レオン宅    │
└───────────┘


_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i |
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,.
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |   ~"~゙''"''' w,v,,ivll、,wii,,..,..,.ill,..w,,_,,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |                        ゙'' vw,,'w
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,                         ""''´''
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,..                           "゙''''~
                     ゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,,_
                                  ゙''"゙v,,ivll、,w,,'wii,.,
                                            `~"゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

やる夫はサバイバルを強いられているんだ! 第21話「今までスタンド使いが出てこなかった理由」


352◆2xYzCADWlI2012/10/31(水) 18:24:24 ID:mwVq2dTU0


      ,-'´ ̄ ̄ ̄`\
  __,.::´::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':,
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!
 |:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |:::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::| 
 ヽ!Ⅵ::::::::::| )}::::::::::::::::::::::::::::|      俺は続きを投下することを……。
    i:::::::::::|ノ;:::::::::::::::::::::::::::::!
.   〈|::::::iV l \::::::::::::::::::彡\ 
    |::::::|  j   >-─'∧:::::::\
    Ⅵ/ ´ x<:::::::::::::::::/∧::::::::::ヽ
     _,x`<:::::::::::::::::::::::::::::/∧:::::::::::',
     ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/∧∧::::i\







   ゙丶、                                   /       .,. '´
     .゙丶、                             /      .,. '´
.         ゙丶、 .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\       ,. '´
`丶 、       ./゙丶、.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.‘,  ,. '´
    `丶 、 /.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.‘,
          /::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::.::.::‘,
        l::.::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::.::.::.‘,      ._______
         l:.:::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.i   _______
.         l::.:::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.::.|::.::.:.ト                \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 _____:.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::.::.|、::.::.|: : : :\           ≧                             <
        l::.:.::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::.| ヘ::.:|: : : : : :\       -=ニ   強 い ら れ て い る ん だ ッ !!  ≦
      /|::.::.:.::.::.::.l ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::.| } |::.l: : : : : : :_イ!        ≧                             ≦
_____.:::.::.::.::.::l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::.!//::.:l: : : :_:イニ|         /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
  /: : : : .l::.:::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::.::.::l /::.:::l: ;_ィニニ二|
 /: : : : : : : |::.::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::.::.::.::.::|::.:_:ィニニ二二二|
. ‘,: : : : :.:.:.|::.:.:l.::.::.::.|',   /   {、 ,       `ヘ .|:.__;;,;ィニニニニニニ二二|   ..゛'' ..,,
  |\; : : : :.:ヾ:.:|l::.::.::.|∧  、___,,.  -‐¬ト  | |ニニニニニニニニニニニニニ|         .゛'' ..,,
.  lニ二ヽ;_: :.:.ヾ| l::.::.:|!; ;ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |ニニニニニニニ二二二二|   .゙丶、       .゛'' ..,,
  l二二∧: : ;//.::| ; ; へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||ニニニニニニニニニニニニ/\    .゙丶、          ゛'' ..,,
   >ニニニ∧´;./.; l::.|; ;/  ∧  \ー― /  /| |ニニニニニ二二二/ニニニ\    ..゙丶、          ゛'' ..,,
../二\ニニ ./; ;,;,,ヾ|;/ _/ |: .、  二二  /. : :| |ニニニニニニニニ/ニニニニニニニ         ゙丶、
ニニニニ二 /  ; ; ; ; ;,;| (0) |: : :\__  <: : : : :| |ニニニ二二/ニニニニニニニニニ         ゙丶、




今晩21:30より投下開始予定です。


やる夫は青い血を引いていたようです 雑談所短編「妻たる者・言えぬ本音」


824無謀 ◆Rdzr9pjJ2I2012/10/31(水) 21:20:15 ID:MriCZwa2
なとなくクマー達の外伝を作りたく・・・
そういうことで







     「 妻たる者・言えぬ本音 」










をお送りします


825普通の名無しさん2012/10/31(水) 21:21:00 ID:KfMRk2/k
なんかきたw


826普通の名無しさん2012/10/31(水) 21:21:14 ID:TwjKBUlM
俟ってました


やる夫はブラックスミスのようです 微エロ小ネタ


366シ民 ◆TOLXhUYeo22012/10/27(土) 23:52:48 ID:cmvfNeO20
んごごご
前日から風邪で寝込んでるので
ちょっとした小ネタ投下


367シ民 ◆TOLXhUYeo22012/10/27(土) 23:53:01 ID:cmvfNeO20

  ~ 微エロ小ネタ~

┏───────────┓
  チウをしてみようよ!!
┗───────────┛
 

 ヽ.!::::.l::|::::::/:::.!:.!.!llllll′             l、           l:|:::l::.!:::::::l  l:::.!
::/'!|i、.l!:::::/::::l:::|::}~′                  l>          l::l:::.!:.!::::::!  |::.!
/::::::`|l||,、|:::::/:::.!::l                   !′       !::.!::|::.!:::::|  l::.!
:::::::./ :::l'|'l!''''l!:::::|:::.!                       ,i|:::::l::}:|::::.|^' イ:i′
:::./ :::::::l|:il|::::l:::::::|::::l             ―ー''`      ,/||:::::.!:|::|:::/ i./ \   ンッ……。
ヾ:::::::::::|:/l!:::}::::::.!::::ト、                      i/::::||::::::|.!:.!:il. 〃   .`i、
:::::::::::,,i|:i!ll|:::|:::::::::l:::::.! \                ,、´l|:::::.!!:::::|「.!iliil!′     .l l、
_, / .7.! l|::}::::::::.!:::::.l  `-、、            / .l;:.|l:::::|:|:.、iトil~.!!|       .l ll.
;:;:;:;:;:;: |:|'i,リ::|::::::::::.!:::::.!    .`'''- 、,,,      . /   .|;:.!|::::|:}:/:i{::::||::|       .!i!l
;:;:;:;:;:;: !:!;:.'ト:|::::::::::.!::::::.!         ̄'''''''''''|´    .!;:|.!:::!:|// l::::||:::l      / :|
;:;:;:;:;:;:.|:.!;:;: !:}::::::::::.!::::::.!             !     l !l:::|〃::::.!:::||:::.!     ./ ::::.l,
;:;:;:;:;:;:;:!:l;:;:;:.l:l::::::::::::.!::::::.l            !    ./.!;:'llil!'.!:::::::.!::|.!:::|    /.:::::::::.!


.


立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は…… 短編「みんなの夏休み日記」 その1


54ボインマン ◆ccpNoMjC/.2012/10/31(水) 21:00:40 ID:KkOSMQR.0

そんじゃ時間なので投下しますボイン
今日のはいつにも増してのんびりのほほんお楽しみ下さい


55ボインマン ◆ccpNoMjC/.2012/10/31(水) 21:01:16 ID:KkOSMQR.0


      ┏━                     ━┓
     ┏┛| ̄                       ̄|┗┓
     ┃| ̄                           ̄|┃
     ┃|       みんなの夏休み日記        |┃
     ┃|_               その1     .._|┃
     ┗┓|_                      _|┏┛
      ┗━                     ━┛




_| | |______,|| |:|___________________________
 ̄| | |______,|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| | |───||l──‐|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|
  | | |      ||l.     || |:|  ┌‐‐l]‐┐
  | | |      ||l.     || |:|  | ::.。゚o.: | __
  | | |      ||l.     || |:|  │ ,;ゝ;:'│|. 8 |
  | | |      ||l.     || |:|  └――┘|;;;;;;;;;;|
  | | |      ||l.     || |:|          |''''''''''|
  | | |      ||l    0|| |:|         ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|                                     _
  | | |O     ||l.     || |:|                                        |\_
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l   /,||_|;l__________________________|  |
  | | |      ||l //                                             \|_
  | | |      ||' /
  | | |    //
  | | |  //         ______________ ___
  | | |//             /         ___    __   ./_/)  \
_| | |/           /        /    | ̄ ̄ \  ΞΞ)/     \
/| | |               /        ,|三三三ヽ|/三三三|、  ̄ ̄         \
  |_l/           /          ̄ ̄ ̄ ゛ー'  ̄ ̄ ̄             \
/            l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l
      , ‐ 、      | |l                                   l | |
      / i / /ヽ、   |_,,ソ                              !,|_,ン
      | V //  X
   r―┴―く/ / i ~                      _(_`Y´_)
   |      V二 |                       / |r┬ 、l\
   i      / 二 i! ~                  /   ` ― ´  \   (⌒ヽ、
    `¨LUUT/ ヽ i|                   /            ヽ  と ,ィ_ \
      | Y从\__.ノ                    |   __/::..  `   ⌒  ̄ ̄`   >
     r‐片` ̄          と⌒ヾー―――― ⌒       ̄`´ ̄    イ   - - ´
     |  |            < ゝ /、_____      ヽ、             ヽ'
    ⊆三三⊇           く/            ̄`ヽ                ∨
                                    l             ∨
                                    l             ∨
                                   l                 丶


やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-7


726◆IL/7VRqS7E2012/01/13(金) 22:01:22 ID:FOSHbZ..








                          |:l:::: l:| |           |
                          |:l:::: l:| |______|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ | |         ̄ ̄
                           \|_|


               | ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄ ̄|
         ___|____|___|____|____
     「lヾ l\                            \
     l l、「l \\                            \
     l l、l l ||.\\                            \
     l l、l l || |\\                   | ̄ ̄ ̄ ̄l  \
     l l、l l || |   l\\         | ̄ ̄ ̄ ̄|    |        |   \
      l\l l. ̄ ゙̄\l」 \l二二二二|        |二二|        |二二二l
     |\l三三三三l  l」 ||  | |\|        |    |        |  |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ あれから時間は飛ぶが、やる夫はマミに喫茶店でコーヒーの代金を半ば強引に奢られた
┃ 後で家に帰り、蘇芳がアイギスから習った共食い修理を練習しながら実践している隣で
┃ 警報器を修理した。電装系統の問題なので、繋ぎ直してからバッテリーを入れ替えるだけで
┃ 警報器は簡単に直った



727普通の名無しさん2012/01/13(金) 22:02:37 ID:LCO7sq.Q
やっぱ簡単な電気工学(?)の知識や技術持ってるヤツも少ないんだろうな…


730普通の名無しさん2012/01/13(金) 22:04:13 ID:gDPyvIsw
>>727
持ってる奴はクズ山からのリサイクルで月に500円ぐらい多分楽に稼げる


731普通の名無しさん2012/01/13(金) 22:04:26 ID:FVu4ngcA
>>727
素敵アイテム(いや使ってみて本当に実感したよ)なアルミットのはんだなんか残ってたら高値で取引されるんだろうか?w


732普通の名無しさん2012/01/13(金) 22:05:31 ID:KJtHUDJE
>>727
PCの基盤みたいにどこにこれって一目で分かる様なのなら俺でも直せそうだけど
自作基盤みたいにいちいちトランジスタを読んで……ってのは理系でも面倒じゃないのか?


734普通の名無しさん2012/01/13(金) 22:06:17 ID:LCO7sq.Q
>>732
ゴメン 全然分からないから(?)ってつけたの…


やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-6


224◆IL/7VRqS7E2012/01/12(木) 09:54:24 ID:4Qcjo2mk

            /::| |                /l、       {<二}=}
           /:.;.;; | |: ;   <>====l」=====l}.; .| l|  ;:.  メ;
           / ;   | |  ;.:;  ;:.  .:;         [i| l|i] .:;   #  {<二]=}
         /     /|| |   <>====l」=====l}  | l|   キ;,  :;
       /     /  || |   キ.              、'ー}  ζ . ;; {<二]=}
     /  ::;; ;i'゙   || |   <>====l」=====l}  |ζ
   /     ||    || | #.; , メ     ;.:/ `     ,__rk-o_ ,.__ ______
  /  /|l  ┏━━┓ |  .:;      `   ;;';   l二lニi_{i]=_ニlニi=、,ii>/●~●~●~
/  /  |l  ┗┯┯┛ |__________ /   l_l ̄i_j^  /●~●~[500]
  / \ |l   | ̄ ̄ ̄|\                 | ̄[RPG7-AA] ̄| ̄[フラムー] ̄
/      |l   |      |/ ̄ ̄ ̄ ̄[ ̄i]/|    |           |
 \\   |l #::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ /    |__________|/
\  /    /
  /    /
/ #;  /
    /
  /
/    _____________________________
     /<<<<<][ /.∠∠∠∠二l= /┻.┻.┻━.┻━/卍卍卍卍卍/|
   / <<][ [750]/∠∠二l=[1000]/┻.┻.┻[ 5000 ]/ 卍卍 [100]./ ..|
  | ̄ ̄[短剣] ̄ ̄| ̄[毛狩包丁]. ̄| ̄ ̄[トンファー] ̄ ̄| ̄[手裏剣] ̄|  /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 官営武器店 その名の通り政府の管理下にある武器を扱う店である。別に金があるなら
┃ 一般人にでも武器は売るが、一定等級以上のスカヴェンジャーには国の補助で割り引きが
┃ 出る。しかし、官営とは言えど店で扱う物は店主の好みに依る。
┃ 
┃ この官営武器店では主に火器のみを扱い、店主の相方の副業でちょっとした機械部品や
┃ 警備ロボットの部品など少しならば置いてある。



やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-5


146◆IL/7VRqS7E2012/01/08(日) 21:47:44 ID:4WRFiV9A







     ;;;\\B A R ヾ;;;;((;;;;;/;;;ヽ;;ゞ
\      :\|λλⅰστη ||i;/;));ヽ;;ゞ
   ̄ ̄| ̄ ̄          ;;||;;;ヽ;;ゞ)     |
__    ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ゞヽ ;;;i(;;;|
 |;;|     ヾ;;;ヽ;;ゞ//;;;ヽ;;ゞ|\  |    ヾ;.ヾ|
 |;;|    ___ヾ;i;/;;;ヽ;;;ゞ | |;|  |       i|
 |;;|    | kosti |l );l;;     | |;|  |       l| .;/|   ;;;|
 |;;|    | spata |li;/;;;ヽ;;;ゞ  | |;|  |       i| ;|| |   ;;;|
 |;;|    |palama|l;;;ii;;|ヾ;ソ  | |;|  |       l| ;|| |   ;;;|
 |;;|     ̄ ̄|''ヾ ;l/;;    |/./__i__./_\__i...\|| |   ;;;|
 |;;|     ..::;;;|         /_ノ__/___l, ___i___,,\;|   ;;;|
===i       | ̄||    | ̄||  _...../____l, ___i__...ヽ__.ヽ  :::::|;;;;
;;ニi二二二l   |  ||_===|__/____i__...../____l, ___i___\__|;;;:..
;;;;;;;,ニi二二二l |l ̄l|  l| _,||,_ l| ____i__...../____l, ___i__...ヽ____,,\''''
_____ニi二二二l__/____l, ____i__...../____l, ___i__...ヽ____l, ____i__ヽ_,, \
_/_____l, ____i__...../_____l, ___i__...ヽ_____l, __ヽ____l, ____i__...ヽ____l,,ヽ
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;;
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,,,
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ あの少女の言を聞き、マミがとりあえず近くの喫茶店に入ろうと提案したのでオープンカフェ
┃ に入り、四人でパラソルのさされたテラスの上にある席へと座った……
┃ 
┃ この都市の中でも有数のお洒落な喫茶店であり、マミの行きつけだそうだ。
┃ やる夫はコーヒーを、マミは二人に奢ると言って紅茶を三人分注文する……



148普通の名無しさん2012/01/08(日) 21:48:36 ID:HC8r.THc
やる夫が飲む スカヴェンジャーの町のコーヒーは苦い!


やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-4


228◆IL/7VRqS7E2012/01/05(木) 23:43:57 ID:AdH0LFMI




                     >  /     |  ヽ   ヽ  ヽ
               / //  /  /l  ト    i   ヽ  l
            --´-―/  / /  / |  l \   l    V
             / /  / |  / l / ―-  l   |  |
            <   |  /  |  /  l / __ \ l  l_  |
             そ  イ  l /_-  ノ   /Cミヾリ  / `〈
                -イ ´ |  | イc:::) ´   弋::_ノ / /   |       ええと、最近したお仕事はね……?
             lへ | ハ リ ゝ-´  、      /     /
                 Vヘ| ,从               /(___
                  V  i     _   - 、/- /___〈
                lー - >       / ヘ 二|    -― 〉
                丿二  / >-  ´/ /   レ / /
               _ ニ ̄<_ > i  / / /    「―  ̄  ー 、
               ( ―< )  /\i / <-‐―   〉 ‐ 二 ̄ヽ_〈
              //フ/ , - フロニ ̄< ̄ ̄/ ,{/ //く
              / イ | (_/ ///i i \  > //    \\ |、
              < ( | /  // // i i  \ イ    . : :丿l : ': l
              \ 〈    i i キ i i    | /   \ -‐ ノ ノ
               \ 、  |_| ||  |_|   |/   . :\-‐ イ
               ハ     =キ     |   . : : : :\:〈
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 話題が見つからず、困って黙り込んでいると向こうから話題を振ってきてくれた……
┃ 最近した仕事……昨日はちょっと大きい遺跡発掘の援護に行ってきていた。
┃ 
┃ そして、遺跡内のかつて工場であった場所で大型の装甲兵器をシュネーラインと連携して
┃ 破壊することに成功した……。大型といっても汎用兵器の域を出ず、武装も20mm機関砲
┃ 一門が最大なので、戦法さえ工夫すれば鼻歌交じりに破壊出来る……と、言うよりも実際
┃ 軽く歌を口ずさみながら破壊したのだが。



やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-3


708◆IL/7VRqS7E2012/01/04(水) 00:10:02 ID:95NdSZmI




                  .  -‐──- ..
        , -─ 、 ,.:.:.:´.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ
       / /    `ヽ   ´ ̄ ̄ `丶、::::::::::::〉
      / /. :/( ̄`y′          \:::/
      / /. :/ /  >/ /  /         ヽ
      / /. :/ / / / /  /   / ハ   }  ハ
      | :/ : :./`V    / ノ / / リム_ハ_ i ハ
      |:ハ .:.:.|  |   ハ ムノ/ l /  / 」 ,ハ:.:}: :ハ
         \|\|∧ V:.:| rテ心   /V。不V 〃  }
               ⅥV|弋 :ツ   弋.:ツノ ノ ノ
                 >い 、、、  '  、、、 Kく > -‐ュ
             厂 ̄`ヽ 八    _ _.    ノ V´    ノ
          >=ミミヽヽ〉 >  _  イ  /   彡´__      えっとね、それじゃあ……酒場でいいかしら?
          厂 ̄`ヽ> ‐'  l>= v'´   }  `ー<> ´ ̄ユ
         〈_‐-ミミヽ>イ:://::ィ´`ヽ\ ⌒ヽ::「`ヽ  >彡´
          ̄`フ´  l:::| ハ::::ィ´`ヽ::}  / ::|   V 、 >‐、
          _, イ ′   |: レV:::::`Y´:::::|  ト、::|   ヽ、   )ノ
           / \  レ く:::::::::::|:::::::::|ヽノ V / ,′ 〉
           /    V   \/\_ノノ   V /  ノ
           〈    八     ̄く_/     V / /
          /\_/    . : : :八: : . : .    V  '.
          /   /   . : : /につ‐ 、: : .    ヽ_ ヘ
          /   /   . :イー‐ ⌒ ー‐\: : .     l
          〈    . : : /{ {:::::::::」」L::::::l }:\: : .   ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 前回、マミに誘われて昼食を共にすることになったが、どうやら酒場で昼食を摂りたいようだ。
┃ 
┃ 別に他意があって酒場を選んだ訳では無いが、彼女は普段屋台で買った物を持って帰って
┃ 食べるか、小洒落たカフェで一人軽い食事を摂ることが多いので、それ以外に選択肢を
┃ 知らないのだ。屋台で買って外で食べるのは下品に感じるし、かといって、カフェの軽食で
┃ 若い人形遣いの胃袋を満たせるとは思えない……それ故の提案だった。

┃ 1.酒場で食事をする
┃ 2.その他

┃ 0:15



やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-2


103◆IL/7VRqS7E2011/12/30(金) 22:46:57 ID:TAbJnDlI

         ,.ィーY::;.'      l  iヽ、lヽ.\ ヽ. '. ! ゙、ヽ
        ィ'" ,r、ソ         | ,'  l`ヽ_ヽ__ヽ.! | | | '.
       ∠ィ {{ /|        ,! ,' ,r‐''i"゙´ヾ!\',.l. ! ! l |
       /  ,.Y_! | l    /.| | '" ノ,. _,,,,,゙、_ `| | l,、| !
     _/ /〃{`i  l  |,. / ! !  ィ'ァ㌫ィソ!`.| l y'-! l
    `¨7 /{  {{ } .}、 i /! l ヽl|i|     "¨´ l! l ,'.<ニl!,./-‐── 、
      |/ ',  ヾュLL、  i ヽ|ィォi|ヾ、     ノ j!',r;/, - ',.-==<
        )!. / j`T!\ヽ 弋ジ!        ノ' ,r'/ , - '__<´`|
       ノ'ヽl ノ ,>=ヽ\ヽ、 ` __     ,r'イ|/ 彡;'7",/
          "´Y//,r/シヽミ=- ´    ,.イ|i |¨゙"'r,.///   _ ,......_
            / / //  /> - .. _/  ヾ|  /|i / ,. - '  ─<
            `Y-/イ  /'/≧ミ、)、  \   !; /ヾ、r'  ,≦ィ-─''
                (' |  /",. -'7'`ヾj`ヽ、.__ ヽ. j /_..>,∠_´ヽ、       ………………
               {`‐'‐´ヽ./ ,/ |三三ニニiョ!ニニ三三|:ヽ  ヽゝ-,
               ヽ   / ,rニニKニー‐‐7i .ヽV、 ̄\:::l <´,.-_i'
                }   ゝi:::|./ ヽ!.   /V ヾ.! Vヽ  `::!r'‘"`))
               /   \ !::,'  ノ'   /V   ト!、'∨ヽ,  丶`¨´ヽ
              {    ヽy        ̄   Yi、  ̄    ヽ  ヽ
              |      !           '!        : /
              `ヽ、,.-''"´'.              |        !-i
                 l,-''"´ >、         ノ|;..      ノァ'
                    ヽ, -'"゙´`丶、 _ ,...-''─'ヽ、_   _, '、,ゝ
                 ,;';゙;.                 ̄ ヽ.>
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 酒場の端、二人掛けの席に一人の女が腰掛けて、何杯も紅茶を飲んだ後が見受けられた。
┃ 普段ならばその隣には誰も居ないのだろうが……一昨日からはそうではなかった。背後
┃ に従僕の如く控えるのは、マントを纏わされた純白の警備ロボットだ。
┃ 
┃ 物憂げな顔をして、数十秒ごとにPDAを確認している主と、ただ何のアクションも起こさずに
┃ 待機している従僕……周囲の目は、何かを訝りつつ彼女を観察していた。



104普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:47:28 ID:39RVnUC.
そっちの描写からかよwwwwww


105普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:48:01 ID:zLcQNE0s
数十秒ごと…可哀想に、ぼっちすぎて放置するとネンドロになってしまうんだね…


106普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:48:09 ID:pLvVgCPU
蘇芳が出てるときにはありえない圧倒的な火力・・・・


107普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:48:14 ID:Qa5d/l8Q
感覚短いなww
これで3時間待たせたのか……ごめん、スナイパーってのが悪いんだ


108普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:48:30 ID:pxsbPpmQ
物悲し過ぎる…;;


109普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:48:59 ID:39RVnUC.
ゾンビのぼっち描写が心痛いんですけどww


111普通の名無しさん2011/12/30(金) 22:50:17 ID:98H1YkgU
ぼっちさんェ・・・


やる夫はスカヴェンジャーのようです 22日目-1


391◆IL/7VRqS7E2011/12/26(月) 22:15:57 ID:GahB3WWM

::::::::::|                        : : : |
::::::::::|                          : : : : |
::::::::::|                            : : : : : |
::::::::::|                          : : : : : : : |
::::::::::|                      : : : : : : : : |    | ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::|                    : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                      : : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                    : : : : : : : : : : : : : |    ' .
::::::::::|                  : : : : : : : : : : : : : : : |       ゙  .
´. ̄ ̄ ̄               : : : : : : : : : : : : : : : : |
 \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄
:::::::::l┌―___‐┬―__‐ / / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
:::::::::| |___||____:! !          ___  __ _
:::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄丁! ! !_____{ ヾ           `ヽ
:::::::::| |:.:. : : : : /~,.| | | |           \ ‐  ‐ ‐  ー=- ノ _  __
:::::::::| |:.:. : : : / / .| | | |   ,  - --‐ ‐===ー-――===…'⌒¨ : ::
:::::::::| |:.:. : : / /  | | | |:.:.:.:./: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : :
::::\!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:: | |:.:/:' , : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : :
                | |:ノ: : : : ' : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 普段通り、午前五時にやる夫は目覚めた。瞼を開き、未だ完全に日が昇らぬ外を、夜空
┃ を模したデザインのカーテンの合間より軽く除き、腹筋に力だけで上体を起こした。どれだけ
┃ 疲れていようと、条件反射の如く目が覚めるのは農家の必須スキルだ。
┃ 
┃ 足の合間、太腿の合間で毛布と布団に挟まれていたシャルロッテが自分の起床に併せて
┃ 起きたのが動きで伝わってくる。そして、それとほぼ同時にSfが小さなノックを断りとして
┃ 部屋へと入ってきた。



やる夫は青い血を引いていたようです 雑談所短編「戦闘の敗者・戦争の勝者 家計の敗者・家庭の勝者」


599無謀 ◆Rdzr9pjJ2I2012/10/30(火) 23:36:14 ID:2Vq3vK6M
>クマーの嫁になっためだかちゃんは大勝利
どっちが勝者なんでしょうか?
まあでも、夫婦どちらも親衛隊や侍女団よりも・・・
そういうことで







     「 戦闘の敗者・戦争の勝者 家計の敗者・家庭の勝者 」










をお送りします


600普通の名無しさん2012/10/30(火) 23:36:34 ID:9vBtJ0U6
キター


やる夫と座敷わらしのいる生活 即興時事小ネタ


369どこかの名無しさん2012/10/29(月) 22:06:37 ID:CScBOhPA
ローソンで袋入りのうまい棒見かけてテキトーにジュースと一緒に買ったら
レジで「以上、31点で合計450円になります」って言われて一瞬ビビった事がある
アレって「30本いり」って一塊じゃなくて、一本一本カウントしてたのなw


370どこかの名無しさん2012/10/29(月) 22:12:09 ID:6xt9DLqU
トウモロコシ1本から何本のうまい棒が収穫できますか?


371どこかの名無しさん2012/10/29(月) 22:21:44 ID:uOmZ49K6
>>369
外の大袋にバーコード付いてれば一つとカウントするがまれに外にバーコードなくて
単品の複数掛けで撃たなきゃいけないものとかあとはスーパーとか特売商材で
単品の方が安くなる場合は一本ずつとしてカウントしてレジ打つんよ


372どこかの名無しさん2012/10/30(火) 19:12:50 ID:Ge68CsvE
うまい棒はコーンポタージュ・メンタイ・チーズ・サラダの四天王


373どこかの名無しさん2012/10/30(火) 19:41:08 ID:Jgk/p7aI
>>372
伏兵のたこ焼き味を忘れないでもらおうか


374どこかの名無しさん2012/10/30(火) 19:41:15 ID:HZUZBo8g
おいおい、サラミを忘れてないかい?


375どこかの名無しさん2012/10/30(火) 19:56:02 ID:BB35F3Fk
すごいよなーあのうまい棒、自前の製造ライン持ってないから全種・全部が外注だってんだから


376どこかの名無しさん2012/10/30(火) 19:59:24 ID:IAHTvPaQ
てりやきも常に四天王の座を狙っているぞ


377どこかの名無しさん2012/10/30(火) 22:10:49 ID:6AGMRWv.
駄菓子やって勉強にもなって、いいところだ


378◆FateR9JEdg2012/10/30(火) 23:42:27 ID:Qk2BAiY.
|_・) サラダ サイキョウ!


立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は…… おまけ「俺の八尺様がこんなに可愛いわけがあった」


985名無しのやる夫だお2012/10/30(火) 12:02:39 ID:6dbpfnpA0

姉帯さんが八尺様と化し商店街を恐怖のどん底へ突き落とす
……という夢を見るやる夫


6ボインマン ◆ccpNoMjC/.2012/10/30(火) 23:27:40 ID:2xoU8cC60

前スレ>>985に捧ぐ






      ┏━                            ━┓
     ┏┛| ̄                              ̄|┗┓
     ┃| ̄                                  ̄|┃
     ┃|.   俺の八尺様がこんなに可愛いわけがあった   ..|┃
     ┃|_                                 _|┃
     ┗┓|_                             _|┏┛
      ┗━                            ━┛


                     -───-  、
                 ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               .:::::::::::::::/::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::/:::::::::/:::::::: :|::::::::::::::::|::::|:::::::::ヽ:::::::::::.
            /:::/:::::::::/ ::::: |::::|::::::::::::::::|::::|::::::::::::::::::::::::::'
            .:::::,' ::::::: |:::::i::/{::::{::::::::::::::::|::::| :::::::::::::::::|:::::::|
              |:::::i ::::::::::|:::,'レ∧:::|::::::::::::: .、::,'::{::| :::::::i :!:::::::'
              |:::::| :::::::: |V-─ |:::'、::::::::::::::Vヾヾ:::::::::|::|::::::::.
              |:::イ:::::::::: |r´f'癶ヾ:::.\:::::::::::::Vミx!::::: |::|:::::';:::.
              |::{ {::::::::::::!ヽ夂_ソ \{ \::::::::',ソ |:::::::|::|:::::::ヽ'
             ヾ }::::i:::::| ///   `'   \::::\! :::::|::|:::::::::::::\
               |::::|:::::|ゝ, -───- 、 \::::\ :!::!:::::::::::\::\
             ノ:/{::::::/ニニ三二ニ ニ \ 、 ::: \|:::::::::::::::::\::::` ‐ 、
              /:/ }:/二三三三三二ニニ \\:::::::\:::::::::::::::::::. ̄丶:}
                /:/./´ニニ二三三三三三二ニニ\}::::::::::.',:::::::::::::::::\ }/
           __./'/'ニニ ニ -─ ─‐- ,三二 ニ ニニ\:::::::}:::::::::::::::::::::::::.′
          / 、  {ニ ニ 二/二三三三二ヽ 三三三ニ/¨\─ ‐- _:::::::::::::::\
        /  、 \| ニ ニ/二三三三三三二\三ニニ,'_ヽ  \二二ニ\::::::::::::::.
    //  、 \/ニニ/三三三三三三三三三',三ニ{__ノ    /‐ 、二二`、:::::::::::.
    ,'ニ {   ,、/二, '二三三三三三三三三三ニ,三:{  ノ   /二二 二二 |:::::::::::::.
    {二ヽ /二二 ,'ニ二三三三三三三三ニニニi三.{´_  ,'二二二',二ニ!::::::::::::::',
    ',ニ Yニニ二.iニ二三三三三三三三三二ニ|三ゝ─ヽ,'二二二 |二ニ|::::::::::::::::
      |二.|ニニ二|ニ二三三三三三三三二ニニ|三二ニニ ,二二二.!二二!:::::::::::::::::::.
      |.二|ニニニ二, ニニ二三三三三三三 二ニニ|三二ニニ i二二二{二ニ.|:::::::::::::::::::::.
     ,二.|ニニ二ハニニ二二三三三 三二二ニニ, 三二ニニ:|二二二:}二ニ!::::::::::|:::::::::::.
     V|二ニ/  Vニニ二二三三三二二二ニ,'三二二 ニ |二二二.|二ニ|::::::::::|::::::::::::.
      V.',二./   |\ニニ二三三三三三二ニ/三二二ニニ.!ニ二二.|二二!:::::::: |::::::::::::|
      |::,ニ/ / |ニ\ニニ二三三二ニニ/三三二二ニ,'二二二二二 ,'::::::::: |::::::::::::|
      |:::V /   !二二`  ────  ´三二二ニニニ./二二二二二ニ, :::::::::::!::::::::::::!
      |/  ノ   ,'二三三三三三三三三三二二二二, |二二二二二ニ|:::::::::/|:::::::::::,'
      |\ ヽ  ,'ニニ二三三三三三三三二二ニニ/二|二二二二二ニ|::::::/ !:::::: /


やる夫はネイピア商店を経営しているようです 第6章 心の拠り所 その3


91◆1F7GS37s4E2012/10/30(火) 21:59:35 ID:7JBRrGUY
それでは6章の3、投下開始します。


92◆1F7GS37s4E2012/10/30(火) 22:00:27 ID:7JBRrGUY



┴| |: : : : :: : :::| |┬|  .:||┬┴┬┴┬ /|  |           __
  | |'TTTTTT'| |┴|  .:||┴┬┴┬ //|_|            /|: : :.:::|
┬|_|ニニニニ|_|┬|  .:||┬┴- .//┴ {_}          l   | : : : :|
┴┬.//\\.┴|  .:||┴┬ //. ┬ :/ :|           |   |: : :..:_|___________
 .://┴┬ \\|  .:||┬://┴┬┴〈_,;!           |   |::/\ . . . . . . . . . . . .
//┴┬┴┬:'\|  ::||//:┴┬┴ー |  :|へ、      |  |:|/\\: : : : : : :∠二/\
┬-┬┴┬┴┬┴┬┴┬-┬ー┬─┤ .::| : . \     |  |:|.    \\: : : : .: :\  |lニlニ|
_|___;l___;!___;!__,;|___;!__.;l__,;|___;!_;!: : : : :.\  /|  |:|   __ \\ : : : :  : \|lニlニ|
ー|__l___|___l┴┬┴┬┴┬┴┤ .::|: :[]: :[]: .,//|  |:|  ||:::::|   \\_;_;_;_;_;_
-|_| lニニニニニ;!|_|┬┴┬┴┬┴┬┤ :::| : : : : : :||/  |  |:|  ||:::::|    `:| |: : : : : : : : : : : :
ー|_}:| |:: : :||:: :.::| |{___;l┴lニニニニニl:┴:;|_;;!. : . : : :.||    |  |:|   ̄      | |: : : : : : : : : : : :
-|_| | |:: : :||: .:.::| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬┤ .|___||__|;,_ |:|   ____.___|_|;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
ー|_}:| |: : ::||::: :.:| |{_;l┴| |:::::::||:::::::| |:┴┤ .|:_l__;!__;!__;|._|;|__//__;!__;!__;!__;!_
-|_| | |ニニニl==:| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬::ト‐‐{;;_;!_;!__;!__;!__;!__;!、__;!__;!__
ー|_}:| |::  ||::.: ::| |{_;l┴lニニニニニl:┴ |__;!___:l__;!、__:l__;!__:l__;!__;!__;!__
-|_;l.|_|_,;||_;;;;;;|_|l_,,;;}┬┴┬┴┬┴┬┤ .:::|__;!__;!___;!、__;!__;!__:l_,、,、.v,,;..v、,,
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:::|_;!__;!__:l__;!__;!___:l_ vミyゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:"
         ~゛'''' ┴'::⊥ . .,.|  .:|  .:|ー‐|、yWv,,:l__;l、__;!__;!_yミ゙':;ゞ;,”v:";v;oゞゞ;yゞ
 `     , '  .   .`      . ~゛`┴ -:⊥ ,;ミyミゞ;ヾ.:゙;;ミ゙'_;!__;!__;!;ミ゙ゞv;oヾ;ゞ;yゞ;.:゙;;ミ゙o:”:"
             ,   `           "゛ゞ;ヾ.爻-:: ⊥. .,_..:::l .;:ミ゙ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻v
                     ,,       `           ~゛'' ‐-ミ;ゞ゙vヾ;ゞ;yゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ
  `             .,     `    ,.          '       ~゛'' "´ヾ.;y彡ゞミ;ゞミ
.        `                                 `


.


魔王ベール=ゼファーのお仕事 三つ目のお仕事「ミカンのダンジョン」


277◆0RnfxEciQY2012/10/30(火) 19:53:43 ID:nsFPaxzE0
できましたから予定通り22時から投下したいと思います!
かなりシリアスよりになっちゃいました><



       ___
.      /!      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ――――┐
.       / l                        l
     / l   ,.-‐   '"゙~"' (゙ヽ.,ノ!  、,.-,. i  l
     /  l   {..__, 、      /  .」´_  }   !
.     l   .!        `"''"    '   o 」_,  ,!   .!
    l  .!                        l      ┌────────────┐
    !  ,ィー――‐ァ―――――――------∩..._」、    │本日22時からお仕事開始  │
.   l/ l ,////' { ' /  、     ,.、  }. , ' .} ./ \   └────────────┘
  ,.ノ   .l´{///,'  ,} . ,' .l.、 !ヽ/VV∨ '∨!.l/`ー-!/    >
  \  !、.l//! (,.' {  、  ●   ● ゙;∨//,!   ./
.   ヽ ノ ∠...,,_{  )_、j  ヽ/// _ /// !}///ー- '"
     '´ `''':;;;;;;l (ニニ=-、ノ_   、 .ノ  ,.イ////
         `'''ヽゝ、ニニニ/ `iー=='"__ニニ/
              ̄ ̄ー-'ー--'′ ̄ ̄


278名無しのやる夫だお2012/10/30(火) 19:54:17 ID:inKu2qq.0
はあくーベル様prpr!


279名無しのやる夫だお2012/10/30(火) 20:16:50 ID:4kC.GN4A0
N| "゚'` {"゚`lリ シリアスと聞いからには全裸待機しようじゃないの!


280名無しのやる夫だお2012/10/30(火) 20:20:12 ID:0Y1qaUJ20
ウホッ


281◆0RnfxEciQY2012/10/30(火) 22:02:55 ID:nsFPaxzE0


      ./ \   l            /
      l    /            |
      l,-―´    ヽ、       .|
       ,'         .l    ヽ、ヽ   俺のASSはASSに繋げるためのASSなんだぜ
       .|               . l . ',
      .|               .l   ', さぁ、俺と共にASSにいこうか
      /               ,'.   ',
      /                /    .',
     /               /     ,'
     /              イ      /
    ,'           .  / `ー―    ',
    ,'            . /          ',
   ,'             /            ',
  ,'             /|            ',
  ,'             / ',            ',


始めます


やらない夫は魔導士(笑)で騎士団所属のようです 1000ネタ ベール・ゼファー短編


978(´・_・`) ◆3kn4m4WWUg2012/10/30(火) 21:58:03 ID:4U0Kx9Ts

                        -─--                        ~二年くらい前~
                     , < /        > 、
                      /  / /        \
                /    / /           丶      なるほど・・・
                   // |  / / / /   / ̄     ヽ
            ____/  | ,'  i //_  /         ハ    
           /  /    j i{  |l |l / / /  ___    /  l |
           __l__{ノ /| /ハ! |l│/l l/ / /     / / | |
         (  , -‐一' /|/ ∧',  i Nハ、从{ / /  /l / / j l!
           )ノ / ̄レノ { ∧\l fT::ぅ、\l/ ,ィLレイノ/// l}
         '^V´ / ({_ノ  ヽ.∧ ヽヒ辷ソ  {∨ 二、彡'ノjハノjノj
             ∨ヽ/{_ノ {\ `∧ ',        込ソ^i く{
             ___|ノ从{ jハ  }  }   __   '   /l |   \
           《__ノ{__》 ∨-jハ,/ /\ ー‐'’_,. へ-、-「ヽ}ハ)
           / /V /   ‘ーく_\ T´\〈_n    ∨
                厶-‐ ‐-    \\  ヽ∧     ∨
              ノ`ヽ     `ヽ  |  ヽ } j\__|__
              /く{ハ│_____   \\ |// /    `ヽ
.              /___ノr1 j/ ───、____ ̄ヽ!一´| -──-- |
             /く二Jノノ 〈_         ̄{ |ト、 }'´ ̄ ̄ ̄`ヽ!
          /、二二´ へ、 /     __//ト、.ヽ|__,.ィ´ ̄ ̄\|
         /\.__     _//    ̄  // /| ヽ  |   l   |
.      _/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     /       \!   l   ト、
      |   ̄     /  /    /|    ハ   ヽ   |  '. \
.       ノ______/___/    イ  '⌒ヽ_L }__/´|   |  ∧`ー丶、


やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-7


54◆IL/7VRqS7E2011/12/23(金) 23:43:49 ID:3QXBJX.A

            / ̄ ̄ ̄ ̄: ヽ
         r─ ´: ∧: : : : : : : : :.\
         |: : i>‐ ´ヽ: : : : l: : : : : ヽ
         |: : |      l: : : : |: : : : : : l
         |: : |   ─十: : : |: : : : : : |
         |: : :|´    少:_:rヽ: : : : :|
.         |: : /ヽ,‐{二}´: : :lノ: : : : : !
         |: :Υ  ""|: : : :k: : : : : : !
         |: : :|\ `  !: : : l ヽ: : : : :|
         |: : :|  ヽ- l: : :/´"\: : : |
         |: : :|   ゝ!: :/_ -‐' \: :|
         |: : :|    /: /:. ,:. :. :. :. :ヽ|       さて……では、すこーし背後を見て下さい
.           |: : :|   /: /:. :.i:. :. :. :. :. :.|
            l: : l /l: /:. :..l:. :. :. :. :. :.|        気付かれない程度に振り返って
          l: У:. :|: |:. :. :|:./:. :. :. :. |
          |: 〈:. :. |: |:. :. :|/:. :. :. :. :|
          |: ∧:. :|: |:. :. :!:. :. :. :. :.:|
          |: | ゝ:|: |:. :. |:. :. :. :. :. |
          |: | |::::|: |:. :. |:. :. :. :. :. |
          |: | .l:::::!: |:. :. |:. :. :. :. :.l.|
          |: | .!:::::|: |:. :. |:. :. :. :. :l:.|
          |: | |::::::|: |:. :./:. :. :. :. l:. |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 店主が家具に命じて作らせた、鮮烈な赤いカクテルを受け取り、ライダーはそれを軽く
┃ 嚥下して、ゆっくり味わった後にそういった。背後……には無数に人が居る。
┃ 
┃ が、ふと見やればこちらをちらちら見ながら酒を飲んでいる老齢の男が居た。



55普通の名無しさん@祝200万ユニーク数2011/12/23(金) 23:44:38 ID:ZLY2VUEs
む?親玉が直接見に来たか?


56普通の名無しさん@祝200万ユニーク数2011/12/23(金) 23:45:55 ID:bwfMaTs2
>老齢の男がちらちらとこちらを見ている
老齢「ウホッ、いい黒」
やる夫(尻に視線が……)


やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-6


389◆IL/7VRqS7E2011/12/23(金) 00:14:31 ID:bf3./p0Y




         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/        あれ、やる夫……どこか行くの?
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ジャケットを羽織り、その上にローブを着て武装を点検していると、蘇芳が声を掛けてきた。
┃ 確かに、まだ夜遅くという程の時刻では無いのだが、出かけるいうには遅いかもしれない。
┃ 
┃ だが、酒場に行って情報を集めたり……仕事をしても損は無いだろう。きっと。

┃ 1.一人で行く
┃ 2.誰かを伴っていく 指定も

┃ 0:25(意訳・髪乾かしてくる)



やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-5


936◆IL/7VRqS7E2011/12/22(木) 00:41:58 ID:NLWNTWuE



         /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
        , : :./: : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : :ヽ
.       /: :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : :.
      /: : :′: : : : : : : : : : : :.i: : :| : i: : :}: ‘,.: :.: : : :.
      .′: ′: :.: : :.: i:| : : : : : |: : :|{斗‐:ハ: :i:.: : : : : : :
.      .:.: :.:|.: : :.:i: : :|:.|:ト、: : : : :|: : 八リ:./  }ハ: : : : : : :.:i
     i : : :|: : : !|:.:斗:|‐ ‘,.:.: :|: / 厶≠=ミ、!: : : : : : :.|
     |: : : |:! : 八: :.|,≫=ミ\: |/   ん,心 }}|: : : :.: : :.:|{
     | : : 从:/: : iⅥ ん,心  ヾ  弋/ツ  : : : : :|.:.:.八      あ、おかえりー
     |{: : : : : : : }|  弋/ツ            /: : : : :|.: ′
.     八{: : : : : :八        `     厶イ: :./}/       「ま、また負けたであります……」
        ヽ: : : : : : :ヽ        _       / }/ ′
          \ト、: : : : : ゝ    ‘‐’       ´          「アイギス、三回連続ド貧民かー」
          \「⌒>=>r       イ⌒ヽ、
          __r― ´{   _|   `¨´  |__  `          「都落ち有りだというのに強いな……」
      __,ノ {    \(__|       フ//}      \
     /    \    \/≧≠≠≦////   /   ‘,    「……駆け引きに最適解はないと言うことでしょう」
     〉 \   `  、   \////////,'/ /   /
     .′  `     \   }//////// /   /    |
      i           ̄ \  |//////,{     /     |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 家に帰ると、蘇芳が先に帰っていた面々や留守番組でトランプを広げ、大富豪に興じ
┃ ながら自分達の帰りを待っていた。
┃ 
┃ Sfは直ぐに夕飯の用意に取りかかり、そうしていると蘇芳の足下にいたシャルロッテが
┃ Sfの後を追うようにちょろちょろとキッチンへと走っていくのが見える。



やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-4


95◆IL/7VRqS7E2011/12/19(月) 23:56:08 ID:SM8ew0pQ











                                            ノ  ̄ノ ̄ ヽ __
                                            r/   /  ///∧/∧
                                             {!   _// {!,//∧/∧
         ___r―ァ―┐__   _ , , , , , , ,   _, , , , , , ,_ , , , , }! ミ 三(ミ {!/////∧/∧
 ,, , _, r‐へ人 /ー=lー┐   ̄ == 三三rへ  ー       / > ― 三ヽ厂 二 ヽ//ヽ
    r┤ミTフ ⌒ く Χミ コ  ___    ̄ ̄    :.:.:.:.:.: _ _ /     。 o   〈_∠〉  ̄ ̄>┐
     """" rァ ⌒  ̄ ̄         …       :.:.    |ト    V   """    _ ∠Ζ//,L
  :.:.:. _ ``   …    " " :.:.:.:.:.:.:.:.:.    :.:.:.:.:.:.:. ;  ̄ __|〉  人l |l ||  厂 ̄ 厂 / \Y∧7ハ
  _厂ム \ :.:.:.:.  …:.:.:.       :. :.  ⌒ ̄   / ヽ   \/  人_{! \ ノ   ∨  ノ'/∧=-  ̄
   '彡三三7   :.:.:.= :.:.:.:.         :.  :.      r―yヘ   l}  三/ ミ/三三ヽ{_〈 ̄\彡\{!ヽフ /
  >┌―「人        ̄  :..:.         r厂 \∧ \ /77/三 {三三三У⌒\  \/ \ 彡
   ̄ }\彡彡  ___     *;,;,;  /r┘ 〃 /  \ /7/三ノ三|三三三{\   ∧  }    }ミ __
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やる夫が装甲車をガレージにしまいに向かっている頃、昨日と同じ岩に的を置いて
┃ 蘇芳が射撃の練習をしていた。距離は昨日と同じで15メートル。空き缶である的までは
┃ そこそこに遠いが……人とは一日でもそこそこ進歩する物である。昨日がウン十発撃って
┃ ようやく一発当たったペースだというのに、今日は既にマガジン三本を消費しつつも、缶の
┃ 土手っ腹に二発弾丸を叩き込むことに成功していた。



99普通の名無しさん2011/12/19(月) 23:57:50 ID:3FebjmC6
オートマってマガジン弾数幾つだっけ?15ぐらい?


100普通の名無しさん2011/12/20(火) 00:00:13 ID:m9RsWHAg
蘇芳の手的にダブルカラムじゃないだろうから十数発じゃねーかな?


101普通の名無しさん2011/12/20(火) 00:01:04 ID:JusWYN1M
この日はライフルの練習じゃなかったか。


102普通の名無しさん2011/12/20(火) 00:01:41 ID:0.455RVo
ライフルの練習の後に拳銃も、だったと思う


やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-3


117◆IL/7VRqS7E2011/12/18(日) 00:36:13 ID:Nc1Jxh56






    ヽ 「      /___  _   .    ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i
    i 廴....、  _/ 、 ゛ ┐|       ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |
   r''リ-、 `'、 '''´   、 ナ |  ..      ヘ\_|   i   lソ
   ヽ|¦ `'ン' ,,....-=" -∥         ヘ     ゝニ,'′
    ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i   .        ヘ'    !
    ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |           ヘ    i
      ヘ\_|   i   lソ             ゝ、,, -     ザッザッザッ!
       ヘ     ゝニ,'′ ....          / ̄‐ -l
        ヘ'    !               _ムユ 、  〕 :::::
         ヘ    i    .....        ..く- ∟..l/ ::;;::::
          ゝ、,, -
          / ̄‐ -l
         _ムユ 、  〕 ::;.:
        ..く- ∟..l/ ::;;;:
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 武器を構えずに堂々と立って見ていると、トラックが百メートルほど手前で制止し、その
┃ 後部から数人の武装した人間達が降りてきた。軽装の防弾甲冑を着ているのと、動きに
┃ 完全とまでは行かずとも統制がある……だが、その装備は各人マチマチで、軍ではない。
┃ 
┃ 恐らく同業者であろう……

┃ 黙って彼等の接近を待っていると、一番先頭を走っていた男が自分の手前で停まり、
┃ ヘルメットを脱いで大声を上げた。



119普通の名無しさん2011/12/18(日) 00:37:13 ID:qVeD5/cM
お、同業者か。 世界救出かな


120普通の名無しさん2011/12/18(日) 00:38:10 ID:AGTe9aTk
誠死ね!


121普通の名無しさん2011/12/18(日) 00:39:07 ID:qVeD5/cM
>>120
いや、キレイなほうかも知れないじゃないかw


やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-2


384◆IL/7VRqS7E2011/12/16(金) 19:26:41 ID:6evSU8vg







                 /
                //     , -――― - 、
                 {.: {   /  ̄ ̄ ̄ ̄`丶\  __
                >⌒'<{: : : : : : : : : : : : : :二ヘ<__}__
              / /.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:ヘ___   ̄¨ ¬ー-  .._
             ///.:.:.:.:./.:.:.: /|.:.\/\l\:丶、.:.:ヽ「 ゙̄|‐- 二¬ー─--  ,,_ ̄ ¬ー-
              ´ ,'.:.:.:.:. |.:.:.:./厶.: ヽ\ イ乏ト\.:l\.:.:l>┴-=-―─ー- 二二 ̄__二ニ ¬ー
               |.:.:.:.:.:.:|.:.:.:l/r≧\∨ V;;リ  ヽVノ八                 ̄ ̄ ̄`~
         _,.、     l.:.:.:{.:.:.l:.:.:.| ヘ:::ハ \  ´    }:}ヽ_:トヽ
        r'´:::>ヘ-、  ヽ.:.ヽ.:ヽ :{\ゞ'' ' _ -┐  イ二ニ圦
       ノ:::::::::::: `^}   \|\:ヾ:.: ヽ、 ヽ _ノz≦´ ̄    \        ごめーん、待ったぁー?
    , -=≠==z:::/       \>‐-'>'´ ̄  `\ー―< ̄\
   //      Y          _rァー<r-、       ヽ      \__
.  /{{V> /.二二二|           / { {  └┘       }       ヽ\
  | V  //::::::::::::::::::\      l  ヽヽ          { ̄ ̄ ̄\____Vヘ
  |l   //::/ ̄ ̄ ̄ヽ      ヽ   \二二二二\   }        \V ヽ
  ヾ   | |:::|        \     ∧            \\ {            ∨^\
   \| |:::|ヽ        >‐―/  ヽ         \二}          ∨ _}
      V\!/\     /厂      \__        ノ            ∨´j
          \               >ーr┬‐<___         ヽノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 暫く待っていると、スバルがいそいそと駆けてきた。既に武装は完全に整い、片手に
┃ 振り回すような勢いでバックパックを一つだけ持っている……身一つで完全武装、存在が
┃ 兵器とも言われる機械化人は楽で良いなと、ローブの下に着込んだスニーキングスーツや
┃ 山ほどの武装を確かめてやる夫は思った…………



385普通の名無しさん2011/12/16(金) 19:27:18 ID:wbRT7SvY
どこの休日デート前のカップルだよっ!w


386普通の名無しさん2011/12/16(金) 19:27:53 ID:iqoO.w8.
理想と現実ダイブ違うからユメカラサメナサーイ


やる夫はスカヴェンジャーのようです 21日目-1


43◆IL/7VRqS7E2011/11/30(水) 22:24:39 ID:wbJyKayE



::::::::::|                        : : : |
::::::::::|                          : : : : |
::::::::::|                            : : : : : |
::::::::::|                          : : : : : : : |
::::::::::|                      : : : : : : : : |    | ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::|                    : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                      : : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                    : : : : : : : : : : : : : |    ' .
::::::::::|                  : : : : : : : : : : : : : : : |       ゙  .
´. ̄ ̄ ̄               : : : : : : : : : : : : : : : : |
 \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄
:::::::::l┌―___‐┬―__‐ / / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
:::::::::| |___||____:! !          ___  __ _
:::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄丁! ! !_____{ ヾ           `ヽ
:::::::::| |:.:. : : : : /~,.| | | |           \ ‐  ‐ ‐  ー=- ノ _  __
:::::::::| |:.:. : : : / / .| | | |   ,  - --‐ ‐===ー-――===…'⌒¨ : ::
:::::::::| |:.:. : : / /  | | | |:.:.:.:./: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : :
::::\!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:: | |:.:/:' , : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : :
                | |:ノ: : : : ' : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 普段通り、五時になると同時にやる夫は目を開いて身体を持ち上げた。腹筋だけで
┃ スムーズに上体を持ち上げると、腹の上に乗っていたシャルロッテがころころと転がって
┃ 行き、足下まで転がると何が起こったのかと言うように周囲を見回していた。
┃ 
┃ そして、そんなシャルロッテの頭を撫でてつつ寝床から這い出ると、Sfが部屋へとやってきた。
┃ 既に起き出している自分を見て少し残念そうな顔をすると、普段通り慇懃に腰を折って朝の挨拶をした



44AAを作っても良いよという方は管理スレまで2011/11/30(水) 22:25:50 ID:jpKZr3pY
シャルのポジションが完全に猫じゃないかwww


45AAを作っても良いよという方は管理スレまで2011/11/30(水) 22:26:08 ID:XNy7It02
あいかわらずシャルが愛らし過ぎる
そしてSfさんかわいすぎる


立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は…… 短編「フレッシュプリ……」


857ボインマン ◆ccpNoMjC/.2012/10/29(月) 23:01:30 ID:0xNuaPYM0

ゲリラ! スラングル!


858ボインマン ◆ccpNoMjC/.2012/10/29(月) 23:02:27 ID:0xNuaPYM0


      ┏━                     ━┓
     ┏┛| ̄                       ̄|┗┓
     ┃| ̄                           ̄|┃
     ┃|        フレッシュプリ……        |┃
     ┃|_                          _|┃
     ┗┓|_                      _|┏┛
      ┗━                     ━┛


                ∧
                / ヽ
               /  ヽ
               /   ヽ       /⌒|
              /    ヽ       |  |
            / ̄\ / ̄\     |  |
             /      ヽ      |  |
           / ̄\   / ̄\  /   ヽ
           | ◎  |  | ◎  |  |     )
           \_/   \_/  |    /  
             |        |    ヽ  つ
           |\ |        | /|  | |
           ヽ \_____/ /  |  |   
            ヽ、        /  / /   
            | ヽ-、__ / |   / /    
            |         |/ /
            |          | /


やる夫はファンタジー世界の童貞野郎のようです 16話目


544◆7emWynp.A612/10/29 22:43:24 ID:LoxI8EB2




      「やる夫はファンタジー世界の童貞野郎のようです16話目






545◆7emWynp.A612/10/29 22:43:42 ID:LoxI8EB2
――夜――
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .. . .     . .゚   .      .           .       .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚     +    . .   .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .         .   ..      。.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .       . .  .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。   .     .      .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      .  ゚     . +   .. .
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + .          .    .
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .    ゚   .    . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ       ゚        。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ         .  .      .    . ゚  .
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....        .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,       .     .       * .    。
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.   ...:.:.:;,;,;..;,;, .:.:;,;,:.,;,;..',     。       ゚  .    . .     .
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....        ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        +      .     。.  .
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .       .        .  .
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;        .   。    +  .     .
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'            .      .   ゚
           ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'      。 ゚  .      。       .
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /              .   .
             、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'        .     *         。  .
              丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../           .     .          .
              \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '        ゚             +  .
                ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                   ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"


猫のスカイリム 第04話


248◆20L.ujnjAg2012/10/29(月) 23:10:49 ID:NL2yxDqU0

------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------

      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                        ----====ニニニ====----
                             ---===---
                                -



,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、.,     .,,iルv,iレv:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _. - ∧∧≡=゙"''ー-、_:::: ::.::::: ::.:
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  (- ゚ ,,)  _,,.、。v-`::' :::, :::,
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。v- |  ∪`"::::' .::゙ ::,'::' :::, :::,
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::, :::,: |  |~ ::' :::, :::::' ::: :::
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : :::  :::  ,U"U:::::: ::, ' :::::, :::::,:::: ::.:
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: : :::' ::':: :, :::::::::::: ::.:: ::': :,:: ::.:: :::: ::.:




   |\        /|
   |  \──< . |
   レ __ノ    ゞ_ |
  /  ィ彡'   ヾミヽl
  |     ノ ゝ、  |    寒いよ…お腹空いたよ…うう…
  ヽ、    l____l  ノ
    >     <





     / l / ー゙.-..,_ レ″  ,ゝ i゙\   .,,ノ゙' 、,,し‐''  `'ー..,_,.イ    {  l
    ,;! .] | ノ   l j  〉   `7   `i.、"゛^'‐'''"´__,、_l」..:イ /    `゙"|
     _,.ソ li|    ´ ノ     :!、   ,.ゝヾ;;;;;;;;;;;-ヘ   7   ,ゝヾ  /  し
     ゙l、 ノ゙  ,ソ  .}  〉   | !  i/  };;;;;;;;;L 〉 〈   / 、 ,j  「    ,'
   '''"゛ .、 "´    ゝ ,ゝ    | j }   };;;;;;;;;l  !  〉 l.、  y   !    /
     }  j .、   /  」    `'i   〉   l.:..:.:..‐-.L_/   ,!  l / し   √
   ヽ.  '"  }  ,!        /   i 」 /: ::.:.:.,;.:.. . ̄ ` く、│L l!l " ノ
     |!  |  .l   j   7    ,ゝ   ,」 /.:.:.:. :: :.::.  ,, -‐  `・i   .!  '!、
      |、.j   .ヽ   .}    `ヽ  l/..::. :: :           ':、.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     ,l`'く    /    .!       | ,=' :.:...:.:、.....:.,、,、......:.   ,.、  .`:.| こんなところに穴がある。
       .}  ノ    ,ノ    :/_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ,...|.
    ´゙''、  ゙'ー、    ,.、 ,._,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.. r:"::\.::::::::     ,/. | ここで寝ようかな…        .
    ,.、 \  `''i   .;" ゝ":::::::................        ....:::::::::::::._..-'"  ....乂_____________ノ
  l .l 、 ヽ  _,,-''"::::::::::,,, . .,,:......           ...____     ...::::::::
  '` 〉 .!  !''":::::::::::::.../ '"⌒ ".!.ヽ、............... --'''"゛        ......::::::::


リインは世界の果てを目指すようです 第18話「ずっと貴方の傍に」


27◆Lu3PPGimGw2012/10/29(月) 20:57:34 ID:HLX3rYfE0
ちょっと早いですが投下を始めます


28◆Lu3PPGimGw2012/10/29(月) 20:57:45 ID:HLX3rYfE0

:::::::::...\    :::|   ` |                 / : : : : : : : : : : : : : : : ://  .|  ./ . |
::::::::::: ::...\   :| 「 г|                   / : : : : : : : : : : : : : : ://    :|/    |
:::::::::::::::::::::::| :::|   ` |             /| ̄ ̄:|/ : : : : :__ : : : : ://     :|      |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :::| 「 г|            / | 「 「 |: : : : :/ \__\//       |      |
ТТТТ | :::|   ` |             |  |    .| : : :./  .|   |/   _    |      |
⊥⊥⊥⊥ | :::| .∧、.|             |  | 「 「/: : : :| r‐、|   |   ./|\ \.   |      |
      .::| :::| .|::.|| |           /|  |  /: : :/| |.:::| |   |  / .|  \. \ |      |
  __     | :::| :|:::|| |      /...:::| .:| ./: //:| |::::| |   |  / :|   \ `|      |
 l⌒l゙l  .:| :::|.i┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__| .∧ ./\   /` |    .|
 |  |:|   ::| :::|:|┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|    |/ ∨:/:::.\/  |_,,,... -‐:| ̄ ̄
 |  |:|   ::| :::|:|  ______________   |   /  /::/::: . :....\ .|      |
 |  |:|   ::| :::|:| ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... /`\|   | /::/ ー‐──\|      |
 |ェェ|:|   ::| :::|:l_//| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ | ̄冂 ̄ ̄\/:|   |./::/ . . : : : :::::::::::::|      |
 ` ̄  .:::| :::|    .|エエエエエエエエエエエエエエエl:..  |  :::|   Т´   . : : : ::::::::|      |
______;;| :::| 「 「 |─────────、.|:::  |  .::|   |       . : : : |___|__
_____| :::|    :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |\/./\[二二:l二二]             |  .......:::}:::::::::::
      :| :::|    :|      n ∩ |   | ..:| /:/::: |   |   |            | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
  _.   .:| :::| 「 「 |        Ll . |   | :::| | |::::: |   |   |            |      |
 l⌒l゙l  .:| :::|    :|            |   | :| | |::::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| :::|    :|      n ∩ |   |. | L|;;::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| :::|г .「:|:    └ . Ll :|   | :|   `.|''‐- ..l____;|            |      |
 |  |:|   ::| :::| L   |            |   |. |    |   |   |            |      |
 |ェェ|:|   ::| :::|    :|::.. ~゛'' ‐- ...,,_.:|   |: |:\.  |   |   |            |~゛'‐- ,::|__
 ` ̄  .:::| :::|    .|         \.:|: |、  \ |   |   |            |      |
      :| :::|    :|                ̄ \   |   |   |            |      |
      :| :::|    :|                     \|   |   |            |      |
      ..:::::| :::|  ./〕                     〔\  .|   |            |      |
──── |____|/./                       \.\l____:|            |      |
____〔___;;|/                        \:|__〕──────:|      |
                                                 |      |
                                                 |      |
                                                 |      |


やるおたちの、すこし・ふしぎ物語 第九話「家哭」


186◆NoRRRDY3Kw2012/10/29(月) 21:01:09 ID:swB7J4MU












                    やるおたちの、すこし・ふしぎ物語
                ───────────────────
                        - 第九話 『家哭』 -









.




ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。