女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おうじさまのひみつ(仮)・蒼


894◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:25:13 ID:PIUjaV8s



     僕には幼なじみが居る

     小さい頃から一緒で、保育園に行く前は唯一の友達だったから、その時は絶対に
      離れたくない大事な友達だった

     だから、四六時中一緒だったし、同じ事ばかりしていた気がする


  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.




897◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:26:49 ID:PIUjaV8s



      僕にはよく似た姉も居た。最初は、自分は彼女で、彼女も自分だと思っていたほど深く繋がった姉が

      でも、姉は彼が好きなことをあんまり好かなかった

      姉とならずっと居られる。でも、彼とは離れてしまえば離れたまんま

      それが怖かった僕は、彼に会わせることが多かった……だから、僕は僕になった

/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:.:.\ ,ィス         r=ニニ__:ー - 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Уハ    ,. <___※ ̄`ヽ  \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.〉_ ,///  ̄:`ヽ   \ :ヽ
.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:/:.:.:.:.:./ヾ У:./ / //:ノハ 米  ハ  \
 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:/ミ、ヽ :Y:/ /ン /彡〃 ハ    :f}〃  \
 .:.ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.ィ'ヘヾニニ:ハ:}レ:イー '==' ,イ:{//:.:.f} 米 fレ   /
一':..:.:.:.:.:.:.,.イハ:l|_ノ :  fテ}:ル:j トリ  ≧=メ,.:./ f}  f}   ,イ
` ー一 'ハ lト、:Nrzy :   ¨イ!:ハ ¨    ィtz∨:.:/:f}  f}一' l|
   \:N:トlい ,ヘ:ン      / :i :    ゝニ'::/:.ノf} ;イ!:. :. :.l|
     :ハ:小、ヾ,\ゝ__   /  :ヽ.     ,イИ:.∠:.シイ! |l:. :. :.:l|i
      くf‐‐从ィ= ==ミ ー '    ー===彡≦三ン: |l: |l:. :. :.:lト、
    rf´ ̄  /〃⌒:ハ ,r‐z  γ´ ̄ て_ム:. :.:.|l: |l:. :. :.:l|
.   / rシ :/:    :.:.l|fイ乙弓y/ f/:〃'.:.::{ i:. :. |l: |l:. :. :.:l|:. :i
.  _ノ rシ  :/        :l:| =介' |  :/レ'   :んト,:. :|l: |l:. :. :.:l|:. :l
  Τ´/          ::ハ:ヽ./:._,ィ7 :/ /    :iス:.:|l: |ト、:. :.:l.:. :ト、
  / :|l   i    :.:.:〃:l|:fi~'マ:ハ ://      ハj:.:|l: |l:. l: :.:l.:、. : 丶
/l  :レ / |l    /: :.:lトjゞ'Y' ヾ.∨/:. :  : ;イ:.:.:.:|i: |l:. l: :.:l.ヾ.:. : . :\
:.:.ll  /:. :|l       :._〕! :ト, j :ハ      l:|.:.:.:.. . l:.、:.:.::.l.:.∧: . : . : \
   K._   |l      シ  /:ム,.イ ム   _,ント}、:.::.:.:.:.:.: \ l.:. :.丶 : . : . : 丶
ィ⌒ヽ_r~y:l|l    :r='   ソー' :ノ  l| ̄_二ソ:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:. :. :.ヾ
l!      ム__  〆    f:. :. :./   l:| ̄:ン:i.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
l!    ン:ト、_,イ    :;イ:l:. :. /   l:|i   l:.   l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
l!   〃     :λシ⌒´{ {:. : {    :|l   ト:..   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


901普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:28:44 ID:xpr5IeVo
なんかさっそく不穏な気配なんですけど

> それが怖かった僕は、彼に会わせることが多かった


903普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:29:05 ID:/gH7P7YQ
ん?これってきっかけはやる夫にあったのか・・・
うわぁ、なんというかうわぁ・・・


900◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:28:08 ID:PIUjaV8s



     気がついたら、僕は外で遊ぶのが好きで、魔法少女より仮面のバイク乗りの方に憧れて

     姉が欲しがるようなフリフリの服よりも、動きやすい服の方が好きになっていた

     別に、これに文句も不満も無い。多分、これはこれでなるべくしてなったと思っているから

     だから、僕は僕になって、姉は姉になった


                       ,. -─‐-. 、
                     ,.'´. : : : : : : : : .`ヽ
                   /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                   /: : : : : 、: : : : : : : : : : : :.',
                  ,': : : : : : 〉、: :、: : : : : : : : !
          ,-、-、_  _  i:.:.:.:.i :|ノ、_ヾ:.:.iー-、_:_:!: : : |
          `=、'ー、ヽ')i゙\!:.:.:.:.!代;:;x、ヾヽ'彳ュl'レ:.:.:.:l
           `ヽ、   ゙〉l   \:.:.! ゞ="  ` ゝ" !:.:.;.:.i'
            (ヽー´( i   ヽゝ    ' _   /:.:/レ′
             `!\ 7 !    `゙ー' ̄ヽ-‐イ/i/
              ヽ \y 。     | ヽ ヽ`ーi:ヽ、_
               `ヽ_,ー-、_゚_ 。 |     ヾ:.:.:ヽ
                 `ーへ,-、_ニコ__,..     !:.:.:.:.:!
                  i:{ |   《ノ|:.:.:.:.`ー- \:._:_ヽ、
                  ノ:{ |   ラ゙ヾ:.:.:.:.:.ヽ、 /;:;:;y'
                 ノ:.:.{ |   i」L! 〉、:.:.:.:.ヽ/|:;:;:;:|\
               /:;/:.:.{ |     | !| | }:/i:.:.:.:.:.:.!:;:;:;:!:_:_:ゝ
               ヾイ:.:.:.:.{ ゝ_ ノ ト 'ソ/ |:.:.:.:.:.:.!:;:;:;:;:;:;/
                ゝ_:.:.:.:.'ーヽ->"-∀、 |:.:.:.:.:.:i:;:;.ヘ_i´
                 ノ ̄`ヽ_:.:.:.|>‐‐<!:.:.:.:.:..!
                (、   /:.:.:.:.:\ /:.:.:.:.:.:.:.i
                〉、 ./:.:.:.:.:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


904普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:30:20 ID:YuYCRYII
誰が御代わりくれと申したか(震え声


905普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:30:28 ID:waq0BSB.
ゾンビ、別に不満があった訳やないんやで、ちょっとツッコミ入れたかっただけなんや


907◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:31:35 ID:PIUjaV8s
>>905
 今更遅いわ! ふぅははは、口を塞いでも鼻に漏斗突っ込んでガムシロ注いでやらぁ!


908普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:33:37 ID:xpr5IeVo
そのガムシロップ微妙に濁ってるんですが・・・


906◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:30:52 ID:PIUjaV8s





      だけどまぁ、僕だって女の子だ。それなりにお洒落に興味はあった

      あの頃にはもう、無二の、でなくなった、それでも大切な親友にリボンを貰えば、嬉しくて結んだし……

      それが、似合わない とか 笑わせるための冗談 と受け止められたら泣きそうになった

      だけど、僕は泣いちゃいけない。だって、僕は僕だから

      これは僕が招いた結果。僕が僕になりたかったから、僕はおうじさまにされてしまったんだ……

      だから、きっと誰にも文句を言っちゃいけないこと


                       ,斗‐'で ̄~ ̄ ̄¨`ヽ
                ,. ‐ ¨            ノ      ,. ‐ ¨ で ̄~ ̄¨  `丶、
            _. <           ___  i   _. <                )
         ,.rf           ,斗‐'でミミミミミミヽトー'             __    ,′
       /        ,. ‐ ¨   \ミミミミミミミミノ      ,. ‐ ¨  ̄~ ̄¨ \ミミミミミΥヽ
      く       _. -‐          `ミ< ´    _. <            `で¨~´ __  ー'^ァ
       ` 、  ,..rf                 ~¨ ̄                    ̄  `ー'
       ノ ヽ(ミミヽ
     γ´    ¨~う
     ノ   ,..r‐' ¨´
   ‐'´-‐='´


910◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:34:32 ID:PIUjaV8s



    だけど、悲しくて悔しくて、つい彼に当たってしまった

    あの悲しそうで申し訳なさそうな顔は、今でも忘れられない

    でも、あのときは、そうしないと自分が壊れてしまいそうだったんだ

    だから、彼に無茶を言った……でも



                        _,,..-―‐-..,,_
                     ,,-''"       `ヽ、
                   /              \
                   /                   ヽ
                  ,'                      ヽ
                  l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
               ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
               l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
               / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
              / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
              {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
              /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
            r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
            | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
           ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨


912普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:35:27 ID:9dLzxvXw
多分最後に 姉 視点で全てひっくり返す気だ 俺は騙されんぞ


915普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:36:44 ID:nNBSDk2.
いいね、いいね
このどこか正しくないけど情で繋がってる感
甘露ですわ(小並感)


916◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:36:55 ID:PIUjaV8s




      彼は彼が考えられる限り、僕を慰めてくれた

      僕を女の子だと言って、おうじさまじゃないと言ってくれて

      それで、僕を おひめさま だと言ってくれた

      それがとっても嬉しかった。僕は僕だけど、僕がいたい僕でいて良いんだと肯定してくれたんだ





         :::::::::::::/:::::::::::::/:::::::/    :.:.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:.く    :.:.:.:.:.::::::::::::.:.:.:.:.:.:
         .:::::::::/:::::::::::::/:::::::/     ι         ヽ、    :.:.:.:.::::::::::::::::::::u
         :::::::/:::::::::::::/:::::::/                    ノ`
         .::::/::::::::::::;:':::::::;'               (
         :::::::::::::::;:':::::::::;'                     ヽ、         ι
         .:::::::::::/ {:::::::::{      u       、_   ノ
         .:::::::::/::::i:::::::::i   ヽ            `  イ
         .::::::::::::::::';:::::::';   \              ヽ
         ::::::::::::::::::::';:::::::';    \           <:l
         ::::::::::::::::::::::';::::ト; '.、    ヽ       .イi::|::::::l
         ::::::::::::::::::::::::ヾj ヾ;:';    /::>.---.<:::::::| |:::/.ヽ、______  ,,


917普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:37:13 ID:/gH7P7YQ
ゾンビに大雑把な注文をつけた俺達が悪かったんだ
だからゾンビさま、後味すっきりの甘いコーヒーをください・・・


918普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:38:43 ID:YuYCRYII
ヌカ風味でもいいからもっとスカッと爽やか炭酸系な甘さを…


919普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:39:54 ID:xpr5IeVo
やる夫がいたから『僕』になって
やる夫がリボンあげたから傷ついて
やる夫がキスをしたから救われた

うーん、このマッチポンプ感・・・


921普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:40:37 ID:Rh6yGj6w
これ、毎日のように部活後に突貫してるんだし勘の鋭い奴は気付いてそう


920◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:40:05 ID:PIUjaV8s


      だから僕は、あの日から彼だけのおひめさま

      僕をおひめさまだと言って、優しくおひめさまとして扱ってくれる彼だけのおひめさま

      僕をおうじさまという呪いから引っ張り上げてくれた彼こそが、僕のおうじさまなんだ


                      ,. '"´┘ ``ヽ)
               _ __   , ィ´       _ _」
              /"´  ̄ ̄``7´`7 ¨´   ̄ ̄`~~`7`ヽ、
              |,. '´   ̄ 」_ヽ'"`^`^`^'' ー- 〈   \
               ',  ,. '"´,r > '^`ヽ江ユユェェ.、 l     ',
            /〉'´   ,rんノ    i`~^ヽニ二二ノli    :',ハ
             / ヽ ,rんノ   /   .|:     .| .| .|i  .l   l}
              i  Vんノ   / .  .|   、_:_:l:_」 l:i  .l   | !
           {   /    !/!   ! ゝ'⌒!ー‐ヾ   !  !  i!
           i!  |    ∧ ヽ  乂  孑k==ァ》  !  i  |
           |  !  /|´ヽ ∨ヾ ト、 /!H亦圦! ./.  / /
           {  ハ    !ィ"刈气  \  弋从ツ ./.  / イ
           ハ  ! ヽ i'弋 辷ツ!       ̄// / / |
           ∧ |\ }从ヾ ー‐   、   ::::::: /  〃 ヾ!
            ヽ!  }  ヽ :::::::        / /!>-- 、
              \ ハ  ≧ 、 _  <フ  .//./    ヽ
                _>、 ! |  />―-‐''// /       ヾ
               i   Y ハ/ ,v=K  !i//        i !
 /´! _ ,,ィ         /    ∨レ!/!  ス/ /        / |
`! {'< <        /     | i/ 仆 / }  ノ        !´ |
、`ーーニーァ-、  r‐'___.     |  ハ ./ //         /   !
、ヽ       ` /   `7ヽ,   | /;;;;;;;;!.//ー―'      / .  ノ
. >ー―ァ―-ァ、/    /  >、 レ;;;;;;;;;;〃_   .     / .  /
ー、 /    |    /     `ー―'、   ヾ    /   /
 ト-Y      {    /            ヽ、     /  /


923普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:42:21 ID:sOn3x/IM
凄い甘いが明らかに劇物なのが分かるこの感覚


924◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:42:32 ID:PIUjaV8s



      それでも、僕はおひめさまからおうじさまに戻るのが怖かった

      彼が居なければ、僕はおうじさまのままなのだから

      だけど、僕には僕よりも おひめさま な姉が居る。姉も、別に彼を嫌っては居なかった

      でも、彼はおうじさまなんだ。笑うと可愛い、とっても優しい王子様


                  ,,r―::::、
                  )rvrvrv>-、/⌒'::ト 、
                 rrvrvrv,i':::::::/~~~`~rvrv)
                /::::__::_ゝ__::!~~~~`''~r,ス
               ≦_斗七: : : ヾミ'''ヽ、::::/: ハ
               7: : : : : : : : : : : : ハ`:ミ≧´: : : ハ
               |: : : : :ハ: : ハ:ヽ: : :ハ : : ハ : : : : |
               ヽ: : :/ _X: ヘ弋\: i| : : i| : : : :|!
        .        ハ: :|キ= \i キ≠=| : : i|: : : :/
        .        |: :ハヘ;;)    ヘ;;;ノ|: : :i| :/ル'
        .        |i : ハ¨ '     ¨| : /ノリ
                ノi|: ヘ`> `_ ,,.<i: /_r斗、
                 !ノ リ__>t =i!,,xノ/ X,'::::::::ヽ
                  ノ:::::そしX,__Xr┘:::::::::::::ヽ
                 (::::::::y:rvrvr^rz~y::::::::::::::::::::::ヽ
                  ヽ:::::i:{i}゚^"^"゚'{!i}!,,::::乂::ル::::イ
                  7メハ{i}:::::::::::::::{!i}`T>大大メ
                   マヽ{i}。rvrv。{!i}::::リ~´iV ,,》
                 r-メゝ .|^^''^''^''´::::/'フ   ヘ,,
                 i:::::::`y⌒''、::::_,,::::トハ iV /::⌒ゝ 、ノヽ
                八::::::::|L_υ ̄ノノ::::::::メ  i::::::::::::::::::::`)ノ!


926◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:44:20 ID:PIUjaV8s


     とぉっても可愛いおひめさまは、素敵なおうじさまのもの

     多分、あの頃はまだ、姉さんも認識はしてなかったと思うけど、彼を憎からず思っていたはず

     もしかしたら、それは何かの拍子で燃え上がっていたかも知れない

     でも、そうなれば、おうじさまは別のおひめまの物になってしまう。それがいやでいやで……



                     , -=ニニニ≧ 、
                   / ´+ ※  ※ +ヽ\
                  // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
                  〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
        .          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
                 l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
                 | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
                 `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
        .            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
                    `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
                     j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
                     /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
                    /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
                   /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
                  /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
                /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
               /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
        .     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
           ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
         ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
        ./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }
        -―┴‐::`ニニ>'´: : : : : :〉 /: : : :!: : : : : : : : :/: : : : : / : : :.:/ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ }: : : : : ヽ }


927◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:46:23 ID:PIUjaV8s



     僕はおひめさまをおうじさまから遠ざけた

     姉に憧れている風な、ちょっと格好良い子を紹介したり。彼が姉に対して小言を言っていた
      みたいな小さな嘘を積み重ねて

     嘘と打算とちょっとの真実で、おひめさまの愛は余所へと向いた……

     中学に上がる頃には、もう彼と姉は疎遠になっていた。不仲ではないけど仲良くも無い……
      僕という接点があるだけの顔見知り。それが一番、都合が良かった


           /三;ヽ、´ ヽ三三三、二二二\
            |三三三l   ヽ三三三\二二二\
            /´!三三三ヽ  ヽ三三三三\;二二ヽ
       /: : : : ヽ三三三ヽ  \三三三三三ー 、_)
       i: : : : : :ィ ヽ;三三三\    \三三三三三/
        l: :,.: : / |: :i \三三三三、   ` ー 三,イ
.      | l l: :/: :| トiヽ \三三三三\_      l|
        ! 、 l ソl;| |;|\、、\;三三三三`゙ヽ--ッフ′
.         | ! 「 !| `i;:;:ッ、`ー-=、三三三三:シ
         ゙ i   `゙'''‐/::. :. : : : :. ̄ ̄ ̄「
          lヽ  /ノ: :__:: : : : : :: ::/
          `ー―、///::.::.::.::.:`ヽ  ノ/
        ム}r' ̄iッレノィi::.::.::.::.:..:..::├'ノ
        ム{/ ,.-―ヲ ノ!!::.::.::.::.::.::.::.:l
      ム┘/ ×_/ /::.::.::,::.::.::.>、::〉
     ム}  (/  / /::./::.:;;ヽ/:;:;シヽ\
    (ニ}  彡 ツ _,-―:::__;:;/:;:;:;:;:;:;:;フ::.::.、
  _/゙ー、_   L_{ i,. "ー-、 :;:;:ャ゙i ` ー≦- 」
ニ三lミ ┼ `ー"ォ、>、:;:;:;:;:;:/ |     「
三三、 ミ 三三三三 ヽ:;:ノ   {ミ、     |
三三三ヾ 三三三;/二.-―´ ミヾ     l
三三三三三ヾ /,. ´  ヽ、  ゙     i


929普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:47:59 ID:Rh6yGj6w
……ぅわぁ


931普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:49:38 ID:89wLm8Rk
なんつー策士っぷり…


930◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:48:32 ID:PIUjaV8s




     それから僕は何だってした

     姉も知ってたけど、彼はもうちょっと痩せれば印象が変わって精悍な顔つきになる

     でも、それは僕だけが知っていれば良い。練習して沢山お菓子を食べて貰ったし、本が好きな彼を
       誘導してインドア派にだってした

     それでいて、僕は今までどおり目立って、彼から目線を遠ざけさせた

     誰かが目立つほど、誰かは目立たなくなる。だから、僕は彼を自分の宝石箱へ大切に仕舞い込んだんだ


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \
           /                       \
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


932◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:51:08 ID:PIUjaV8s




     そして、おうじさまを仕舞い込む宝石箱に鍵を掛ける

     丁寧に丁寧に一つずつ。僕という名前の鍵を掛けていく

     僕を捧げる度に、おうじさまはおひめさまの物になっていく……それが何より心地よかった

     まだ、おうひさまになるのは我慢するよ。でも、何時か絶対君を僕のこくおうさまにする


               /: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ミトx三三三三三三/
              /: : : : : : : : / : : : : : : :/: : : : : : :`ミトx三三ニ/
              ゚/: : : : : : : : / : : : : : : :/: : : : /: : : : : : : : :`ヽ/
           。 /: : : : : : : ゜/: : : : : : : /: : : : /:.:/: : /: : : : :.∧
            /.: :o : : : : : :i: : : : : : .:,' :/>//.: : :,イ.: : : : :}i.:∧
.       ,x-─- r'⌒し1⌒j : : : {: : : : : :。{.:/.:.:/ >/ /.: :/.: :八.: :} 。
      /_ r⌒ゝ,.{_,z-─-zム⌒八: : : : : : /゙仆゙ミ 、 /ゝム:/.: :/:.:.',:.:i    o
    /´。ゝ、/::::::::::::::::::::::`ヽム-、: : : : : :|  ヾ沙ゞ ,イ;:ィ.:.:./i: :。:∨
.  / 〈`´/:::::: o ::::::::::::::::::::::::\ノ:。:.:i: : }} ::::::::::: / ∠:イ.:|: : :ヘゞ、
. /   _>/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ: : :ハ :} !       /.: .:。:.:i: :ト:.:ヘ ヽ
/   〈_ . /:::::::::::::::::::::i::::\:::::::::::::::::::ハ:.:.! リ  /⌒ヽ    j!:: : : :.i:.,'}从ヾ、
.     ,}/:::::::::::::::::::::::|::::::::::\:::::::::::::::ムz-- _ゝ-‐_′..<.:ハ:.:ハ,:リ
.   (⌒/:::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::\:::::::〈       ̄ >"、;/ リ,':/ァ'二´ ̄`ヽ
  ,ゝ/::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ     ゚   ,ィ"´ ̄´         ハ 。
〈⌒'./:::::::::::::::::ミ、::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  〈⌒し{⌒し^>          ∧
ノ廴ノ::::::::::::::::::::::::::\ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉 (ム〃´⌒ヽイ_)            }
::::::::::::::::::::::::::::::ィ=、}}::::::::::,イ⌒ゝ≠⌒ヽ_/      廴}_) 〇  О  O /
:::;:イ⌒ミ_彡'´   ノ^i_:::/ /  ,ィ ,二´ィ_, /    /廴}_}r=v=v=v={、
三三ニ/   _>'"   {      `´ / _,、     /ゝ=''ゝヘノヘノヘノヘノ
三彡.へ\/´////// ∨.       / / / ,.ィ、 .,イ      `ヽソ‐-〈
三 《   `/       `i      .ゞ' ./ ./ / /  /         |`)   ヽ, 。
三ミハ  {           }ゝ、      ゞ'" 〈_/  /       }ソ  `ヽ,
三三,゙彡ゝ        /  ` <  ノノ            O ノ`)  r‐'


938◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:56:06 ID:PIUjaV8s



     彼は僕のどんなおねだりにも応えてくれる

     甘い恋人みたいなキスもしてくれるし、抱き上げて階段を上ってだってくれる

     自分でも砂糖を吐きそうなやりとりだってしてくれるし……何時だって僕を気持ちいいところへ引き上げてくれる

     でも、君は知らないんだろうね。それは、君が僕に渡してくれる鎖なんだ……

     君自身が僕に手渡す鎖で、僕は君に鍵をする


               ___
            , イ´   ` ミ 、
          , '          \    _, x -‐- z_
         /             v ' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
.        ,'                 _ ',/:/.:_i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.          {          /⌒     }:/:.:/{`ヽ:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:',
.        ',         , -‐、   ム!/{/ィ=ミゞ:.:.ヘ,:.:.:.:.:.:.:.:.i
        ヘ.         ‐=='  、_〉  """/>:.ミ=-:.:.:.:.}
       /´ゝ、        """ (_ノ     ∠ム:.'':./:.:/:.:/
      / ./ {   ` ト 、 、__, ィヘ     _,/:.:./:.:/:.:./
.     /. / ヘ    ゝ、   ノ_ }:.:> 、   ムイ:.:イ:.//
     /  / .   \    >__=〈Y `ム-─} _,z=ムイ7イ´、
.    /-‐'‐- 、.   \/、/ヘゞ⌒y"ノ ,rj、       ,イr'´)
    {  i   ハ  ,    レ'´ ,.(/r'" ノ八ゝ、    rイノ⌒)
.   i  l    ヘ /     ,ゞ'/:/´  〈〈/ハヘム)   r彡'⌒::::ハ
   l  i      〃    〈 /:::{{   //}}{{ji|     {ヒ{::::::::i:::::::ヘ
.   {  ,       ,'    .ノ:::::::》.  〈/.}}{{ ,≠<ニヽi{:::::::::i:::::::::',
   ,  i      /     /::::::イミ≠ミノ癶=ゝニミへヽi:ゞ、:::ヘ:::::::ハ
   i. l      { ゞ、 〈::::::::i{ l三=}}≫≪{{`=、゙ヽ ,':::::::ハ:::::',::::::::}
  {  i     }  ヾ',  `ミ'=-|三 }}≫≪{{三三〉 .ノ::::::::::::i::::::〉::::::',
  〈 .ム.     ム、  ヘ       i.三}}≫≪{{三三',´ |´ ̄`ゞ-ュ==ミゝ
  ゝ >=‐" / `>、 \.   ,'トミ}}≫≪{{三三ィi|. i     o i_)彡'"´


939普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:56:21 ID:pZxPMD0g
甘いは甘いけどニトログリセリンみたいな甘さだ……ちょっとの衝撃で爆発しそう


940普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:56:29 ID:OcppmHwY
あまい
甘いがねるねるねるねの甘さだ


941普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:57:31 ID:xpr5IeVo
これは頭が良いヤンデレですわ
嫌いじゃないけどね


942◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 01:58:01 ID:PIUjaV8s



     宝石箱の鍵は、ずっとずっと固くなる。僕でさえ壊せないほど……それでいいんだ

     最後には、僕も一緒に宝石箱の中に入るから

     おひめさまは、おうじさまとずっと一緒。そうあるべきなんだから

     だから僕は、時折彼に意地悪する。他のおうじさまから舞踏会に誘われちゃったと。行くわけないのにね?


.       ,'.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:|.:.:.:.i:::ヘ 〃, -─ ー- 、
       {.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.ハ.:.:.:ト;:.:.ハ:.:.ハ/        ヽ
       |.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:〃 ̄`l.:.:.:|⌒ /:.:/           ヽ
.       |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:イ     iヾ;:| __」::/ `ヽ            ',
       l .:.:.:ムイ:.:.:|`==‐'` リ, ̄/                   ,
.          ',.:.:.:.:.:.:|.:.:.:| :::::::::   /´`ヽ :::::::::::           }
.         ヽ.:.:.:.:ヾ:.:ト        ゝ、_ ノ           r-、__! _
       γ´ ̄`>┴、`≧ ‐≦ ヽ、 _ , =-── '´ ̄(_{⌒ v`i`ト、
.       /:::::::::::=─':::::⌒´ ̄7ーy'´ ̄〃         (_ト、 / /} | i 〉
        ,イ::::::::::::::::::::>'´:::::::::::::/      {{          (_{,-`イ-レト^´ヽ
     /::i::::::::::::::::/:::::::::::::::_/ァ=<´ ̄ゝ、__O_O_O_(_{;;;;;;}_)∪〉 i |
     /::::|:::::::::::::::::::::::::彡77",´   ヽ   {_ム_ム_ム_ム_ム乂ノ〈  ゞ'l_/
.    /::::: !:::::::::_彡'´}}≪ミ./      ヘ                ',
   〈:::::::┬-‐'´ ///}}≫/ . . : : : :   ∨              :,
     \:::ト、__,.イ////}}≪}: : : : :      ∧       ,'           }
       `|///////////             ノ/     /     |
      |/////////          r '´,, 彡'"     /     .,'
      {/////// >          }}彡'"          /
      〈/////,〈 /         /                    /
.      《/////\        /           /    ,'
     ,ィ7⌒゙y'    l      /          /      i `ゝ、
   ./  ̄7´    ゝ、   /{                  }   ハ
   {    /         >‐'  i                    /     |
   ゞ、         /-‐- <、                  /`ヾ   イ
.    i\ 〈     /        ` ー 、               〈     ,'
    l   ゝ-='"                `ヽ             }.   /
    |                         \         ,'.   /


943普通の名無しさん2014/10/07(火) 01:58:52 ID:cahRas8o
娘が産まれないことを祈ろうか、危険すぎる


944普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:01:00 ID:Zx0PElkM
宝石箱の中で一緒に腐ってドロドロになるのか


945◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 02:01:17 ID:PIUjaV8s



       もっと固く鍵が掛かれば良い そう祈りながら

       今日も君を 僕だけのおうじさま に絡め取る





                      , … ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                   , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                 /: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                 ,'.: : : : : : : : : ! : : : | : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                ,'.: : : : : '⌒ヽ´\: : | : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
., - ‐一 ー<         |.: : : : : : //   \|: : : : 八: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
        `<       l.: : : : : /〈     ,': : : :/: : \: : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ' ,     {: :,ヘ: :// ヒ斗≠  |: : :./: : : : : \. : : : : : : : : : : : : : : ,'    ,'´ ̄ ̄`',
      〃     ヽ    |:.ハ.:ハ "う::/´  |: : /: : : : : : : : :ゝ-一: : : : : : : : : ,'    l (⌒⌒) l
       /         \ {:|  \|  ∨  ,.'.: :/: : : : :/.: : : : : : : : : : : : : : : : /   ∠. \/ l
     /            `ヽ.  }  """/.: :/|: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :/     \   /
          ,,≠≧   ⌒ヽ、.ノ    // |: : :,イ: : : : : : : : : : : : : : : : ./         ̄ ̄
         彳          八      '´  ij |: :/ }: : :/ : : : : : : : : : : : :{
            """        λゝト-イ       |/  /: :/ : : /|: /`ヽ.: : : : |
              (    /::{{/:::::ヘ       /: :∧: : / |/   |\|∨
               ゝ_ノl/:::::::::::/´ > 、 _ .イ.: :/ヽV ,ノ⌒ヽ ┴ 、/`ヽ
           U       {\::::::::ノ`ヽ、     |: / .(⌒´/"":::::::::::::::::\ {
        u        /  `ゝ、)゙). ヘ、    .レ' ノ , ':::::::::::::::::::::::::::::::::∧`ヽ
               /       、   \   (´ ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ノ
              /         ヘ   (⌒) .ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          , …'           |  ノゝ/ (´ /:::::::::::::/::::::::::}::::::::::::::::::::∧
        ,>´ ,,, ≠ 彡       (⌒Y´) /  } {:::::::::::::./:::::::::::::|::::::::::::::::::::::∧
ゝー  ー '",,ゞ≠=="  /      ノゝ、./`ヽ ( ,ノ:::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::∧
    `ヽ ゞ-‐t_──一"      八  /   ´Y:::::::::::::/::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::∧


946◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 02:01:49 ID:PIUjaV8s
よし、これでええやろ……(空になったバケツを放り投げながら)


948普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:03:51 ID:TA4SkAoE
人体に影響のある甘さですねw


950普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:04:51 ID:ip6N3ON.
(まさか今まで布袋を被せられて砂糖水を掛けられていた)


951普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:04:52 ID:x0K3YVoc

昨日からゾンビが投下した話がことごとくドストライクなんだがなにこれ


953普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:06:14 ID:jdcdU9PA
乙、甘いけどなんか怖い


954普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:07:38 ID:OcppmHwY
まるで拷問を終えた獄史のようだw
面白かったよw


955普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:09:43 ID:w/yr9IBw

これは続きも気になるわ


956普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:09:58 ID:xpr5IeVo
おつー
糖尿病まっしぐらな甘さですね(白目


957普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:10:12 ID:2/ZVhru6
あー、うん、甘いって感情を煮詰めてドロドロにしたらこうなる……のか?
甘いのは甘いけど、同時に情念の怖さも煮詰まってるとゆーか


958普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:10:42 ID:CQWahEo.
なに、このなに
ブルーチーズにサッカリンまぶしたような感じ


959普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:12:18 ID:gHkcN4TA
うーんこのまったりとしてコクのある甘みが渋みと渾然一体となって粘りとともに包みこむ感じがなんともいえない


961普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:13:28 ID:QXg/0cS6
甘いんだけど一口毎に甘味以外の何かが背筋をなぞって怖気をたてるというか


960◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 02:12:41 ID:PIUjaV8s
ふぅむ……まだ駄目か……(煮詰めた糖蜜に蜂蜜と砂糖を混ぜた溶液がたっぷりのバケツと漏斗を用意しつつ)


962普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:13:50 ID:45iXSNGE


これ、やる夫が鍵ぶっ壊したらどうなるか読んでみたい
おひめさまであることの証明も、そして自分ももう必要ないんだって告げて距離を置きだすとか……


963普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:14:00 ID:xpr5IeVo
もうやめて! 読者の糖度は危険域よ!


964普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:14:51 ID:BVUK2VPs
ゾンビの甘いは黄金の蜂蜜ましまし酒みたいな感じ


965普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:15:22 ID:/gH7P7YQ
もういつもの埋めネタでスッキリ終わろうぜ・・・(瀕死


970◆DAZiCeQp.w2014/10/07(火) 02:18:10 ID:PIUjaV8s
まぁ、今日はこの甘さを余韻に眠って頂きたい……

ほら、あれだよ、読了後に幸福感に包まれながら、安らかな眠りに就けるような物語にしようと思って……ね……・?


971普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:18:40 ID:89wLm8Rk
できてねーよ! うっすらと恐怖が残るわwww


972普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:18:41 ID:AIQ5Kmy.
幸福?またまたご冗談をwww


973普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:18:46 ID:leN39fas
糖度の問題ではなく風味の問題だな
もっというと材料の問題だ
ベクトルは甘いに向いてはいるんだが
3次元的にはえぐいとか怖いに向いているので
フワトロ甘甘には絶対ならないという


974普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:19:14 ID:waq0BSB.
だったら後味スッキリなのにしとこうよwww


975普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:19:51 ID:1rq5hlIQ
甘いは甘いでも、さわやかさとは無縁なんだよなこれ・・・
何というか・・・くどい?


976普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:20:10 ID:/y7yQbZk
毒入りリンゴからリンゴを引いたような甘さですね(棒


977普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:20:24 ID:/gH7P7YQ
ゾンビよ、世界崩壊させてもいいからスッキリ後味で頼むよ
あ、でも世界まるごと消滅させてスッキリはなしで(懇願


980普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:42:43 ID:fE1dA4FQ
だから毒も入れるの辞めろよぉ!w


981普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:46:32 ID:qLRW/Vf2
砂糖も中毒になり得るからしょうがないね(白目)


982普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:50:57 ID:8RDdkkOU
砂糖の甘さというより、砂糖と同じように甘く感じられる劇物のそれである


983普通の名無しさん2014/10/07(火) 02:58:14 ID:8Q5Wr7hA
安らかな眠りって永眠の方じゃないですかやだー!





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

サッカリンのよう
[ 2014/10/11 09:40 ] [ 編集 ]
チクロが思い浮かぶ
[ 2014/10/12 00:13 ] [ 編集 ]
自分がニヤけてるのがわかるのに、同時に口端が引き攣ってるこの感覚
[ 2014/10/19 18:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。