女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おうじさまのひみつ(仮)・翠


867◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:25:23 ID:4U3JhbLw



     私には妹と幼なじみが居る

     物心ついた頃には、自分と同じ存在だと思い込むほど似ていた妹

     だけど、私は次第に姉という存在になっていった。親が、回りが、妹がお姉ちゃんと呼ぶ だからだろうか

     気がついたら私は私になり、お姉ちゃんとして振る舞うようになっていた

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.




868普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:25:55 ID:cthIoDiM
お姉ちゃんサイドかw


871普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:26:56 ID:fEhLbSaw
お姉ちゃんから見たってことかコレw


872普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:28:02 ID:ragEV3l.
飲み込めないくらい重い蜂蜜だー!


873◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:28:09 ID:4U3JhbLw



    姉だから姉らしく。例えほんの数十分産まれたのが違うだけ。それで私は姉にされた

    姉だから、妹の見本になるように女らしく。見本になるように大人しく。見本になるよう我慢して

    妹が幼なじみの男の子と遊んでいるのを見て、私はずっと我慢していた

    何故なら、泥まみれになって走り回ったり、変身ヒーローを見たりするのは お姉さん のすることではないから

                         -―-=
                      _ - ´         \
                      Y´ _ -‐   ̄ ̄ ヽ     ` ー
                   |/     ※     \      ヽ
                 / ※  ,, -―- 、 ※  ヽ.       }
                   / _..''": : : : : : : : : :ヽ    ',    /
               ,イ`´.: : : : : : : : : : :}: :ヽ: ヽ ※ ',  ,イ
              〃!: : : : : : : :/: : :〃ハ_: }: : ',    |/: :|
              〃 |: : : : : : :,イ: : /7:厂 Y: : :.v    |: : : :|
             八__|: : : : : :.ー{: :/ /x≠乏|: : : | ※ |: : :.:.|
                ゝ、: : : /式     ゞ==゙|: : : |    |: : : : ',
                / \: :ヽ ,      从: : j   /: : : : ∧
               /※ ,イ: ヽ:.ゝ__ _、  .〃/: :/※ /: : : : : :.∧
                ''" _./ /: : : /、、Yブ| _//'   /\;、: : : : :∧
.          / ※/  ノ: : : Y 、ヽ,}_},ィ示´ヽ / ./ハ_,へヽ、.: : :∧
        /  /_..: ': : : : : : i ゝ'ノ 〃ll , -'´_/´/´:::::::::::ヽ、ヽ: : ∧
       / ※./:': : : : : : : : __Y {__ノ、_〃 / /´/〈:::::::::::::::∧ヽヽ: :.∧
        /  /: : /: : :/:_:/:::ハ、___j´/ / ノ/ r‐':::::::::::::::::∧ ヽヽ: : :
    /: {   {:/: : :./ {:::::::::/    ノ'´ /   }/ f´::::::::::::::::::::::::∧ ヽヽ:
.  /.:.: :八 ※ ヽ: :/ /:|:::/   ./ ※人   ノ{ニノ.、:::::::::::::::::::::::::∧ } }
/: : :/  .ゝ   \/: : :j/    /   /   r‐'//:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::}-' j
: : / /: : : :\ ※ \:ハ_  /   , イ二ニ=´- '::::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::::| ̄: :


875普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:30:22 ID:Gi3GVBmM
重い娘だーwww
我慢してた娘が我慢できなくなった反動をぶつけてくるって良いよね


876◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:30:31 ID:4U3JhbLw



     だけど、一つだけ私には逃げ道があった

     妹たちに誘われたから、仕方なく付き合って上げるお姉ちゃん。そういえば、回りは私が混ざっても納得する

     そして、誘ってくれるのはいつも彼だった。遊びも、おやつも、お昼寝も。優しくしてくれたのは
      血の繋がった妹ではなく、他ならぬ彼だったのだ


          ,..: :ー、........__
        , ィ´: : : : : : : : : :`ヽ、
        /: : : /: : :l: : l: : : : : : ヽ
      /: : : : /: : :/:/: /:!: : : : :..:..:..:.
.    /!: : l: /://://‐'、: : : : : : : :.:.
     '; :..l: lィ示'´ /,ィョュヽ:l: :l: : l: :∧
      ヾ、!:{ ゞ'  ´辷リ〉}:l:./: :/.: : : :.
          八  '    /イ/:/: : : :.:∧
        ヾ:ヽ、` ,...ィ:/ーr‐-、: : : :∧
           ヾ;ィ ノ }v'´ { イ´::::::::ヽ-、: : : ヽ
         {:{ i }ィ个、.{ノ:::::::::::::::ヘノ: : : : :.ヽ
           l::{ i }リij{{j !:::::::::::::::::::{: : : : : : : :\
           }::{.i }じijリノ::::::::::::::::::::ヘ: : : : : : : : : \
         ,':::{j } {i{i}〈:::::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : : :\
         〈:::::{j } {i.i}ノヾ、::::::::::ノノ; ´: : : : : : : : : : : :..:\
            \:ゝゞ´{ ゝ. }:ヾ:;.ィ´}}: : : : : : : : : : : : : : : :..\
             /`i:ゝ~ゝ‐!:::f }ij圭}: : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :ヽ
         /: : :';::::::ト、>リ::::`!圭圭=ュ、: : : : : : :ヽ : : : : : : 、: ヽ
.         /:/: : :';:::::i: リ{::::::::',圭圭彡' `ヽ、: : : : :l : : : : : : :l : : :.
      /:..:/: : : : }:::ハfト、:::::::∨彡' _,..::   ヽ: : :.!: : : : : : : !: : :ト、
     ,.ィ´:/: /: : ; -‐l:リ ヾl ヾx:::'{ <      ヽ.:l:/: : : : : :.l: : :l: : ヽ
   /{; {; l: /;ィ´   {:l  ゝ, ィ´ ̄          ∨:l : : : l: /:..:/: l: : ハ
  //{! :八_/     ヾ; ィ ´                   '; l: : :./:/: :/: :/: : 人


877普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:30:45 ID:hQXlymzo
お姉ちゃん気になってたんだよな……


879普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:31:14 ID:ki9KBY6o
あ、これアカンやつやw


880普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:31:42 ID:ragEV3l.
とりあえず包丁隠しとこう


882普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:32:48 ID:fEhLbSaw
この作品、もしかして歪んでないキャラがいないのか…?w


883◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:34:22 ID:4U3JhbLw



     別に、其処の頃は好きだとは思っていなかった気がする。ただ、狭い世界でたった1人の遊び友達

     その程度の認識だったはずだ。だけど、1人だけだったのだ、少しでも私を 姉 でなくしてくれたのは

     まぁ、私も幼い頃は、そこまで難しく考えていなかったと思うけど……堅苦しくなくて居心地は良かった、
      それくらいには思っていたはず

     だからだろうか。彼は忘れているだろうけど、結婚式の真似事をしたことがある。うろ覚えの誓いをして、
      悪戯っぽく唇を頬に寄せた……あの痕は消えてしまっても、今でも小さく燻っているはずだ

                _, ___
                 , : '´::.::.::.:ヽ 、|バヽ、
            //:::/:::;::: { ‐┼‐! `ヽ.
           ///::〃/::/l::.::l:∨lヽ !     \
            //:::/::;<:/!:|::l:|::.|    |       ヽ
         //l::/l:/::/下|:l::|:l::.{丶|/|      `、
         ! |:レ' 之_ |::リ!/;'::.:| /j丶|       `、
         「   ` ̄/ハ/〃:/:ノ   / /___    }
.          {,   "″//::.://、|/  レ'´::.::.::.::|  ̄ ̄´
          !      /::// 7lヽ r':l::.::l::.';::.::|
            ヽ、 _ ≦彡'/,   ノ:|:|::.::|::.:';::.l|
                `ヽ  /冫く ,イ::.:::|:|::.::|::.::ヽl|
              r勹  ∠竺三ミx_::.ヽ::.::.:lト、
               fハ/  /ム: : : : : `ヾ}::.::\:|:::`、
              //:l< //): : : : : : : :lト、::、::.::l::.::.:.
               //j::| / {〈: : : : : : : : :.| :ヽ`::.:l::.::.:::.
             {〈l::|:l ハ{ |l}: : : : : : : : : \}::.:、:|:.::.::.::
                V!l|:|¦ | Vハ: : : : : : : : : : ヽ::.:、::.::.::.::、
             {|:||:| l  ! {」 ト、 : : : : : : : | : :|::.::、::.::.::.:ヽ
            〈|:||:| {  | {」 } :ヽ : : : : : : l /ハ::.::.:、::.::.:::ヽ
               〔」:||:|! l {」 }: : : : : : : : /: /}::.::.:`、::.::.::.:\


884普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:34:27 ID:8zB1Dvu6
あっ(察し


885普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:35:19 ID:Gi3GVBmM
あーあ
セキニン事案ですわ・・・


886◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:37:55 ID:4U3JhbLw


     大きくなるにつれ、私は益々と姉である事を要求され、更には女であることを要求された

     女の子らしく、可愛らしく、そして素直で……男の子がするような事はしない良い子に

     それを隠れ蓑に、お姉ちゃんと違って妹ちゃんは、と微笑ましい言葉と友に、妹は男の子のように
      振る舞うことを周囲から受け入れられていた

     果たして、私と妹にどんな違いがあったのか。最初は、私達は一緒だったのに


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、
::::::::::::::::::::::::::_,,xz=======zx_:::::::::::>.、
::::::::::::::::::x''"´:::::::::::::::::::::::::::::::`≧==-ュ_:ヽ__∠ニ=- 、―-、__
::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ニ=‐''¨´ ∠_    >‐、   _二_>―- 、
::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::|三ヲ/‐‐へヽ /__二> 、} / __ ̄ /二=-、: : :\
:::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::|=Ⅳ// ,  ゝ}/ ====≧/  `´ ’ だi、 ヽ:\: : :.\――--=
:::::::::::::::::::::::::::::ヾx::::::::::::!'八||/' / /― 、__< ̄ ̄イ         ハ|┬く メ:ヽ: : : :ヽ: : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::::`¨===|三Vノ!ノVノ     \\〃|ィ´ x=く , l: ト|: : ̄ヽ: : : : : :.:|ヽ: : : : :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄¨`ー-=∠ ― 、     \ / ヽイ芯,Уィ|: : : : : : : :',: : : : : : >!: : : : :
::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     |: :.:.:==≠ /!: : : : : : : :!: : : : : :〉|: : : : :
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::-―ヾ¨|:::::::::::::::::::::::::::::::\   |: : : :.:\\\ヽ: : : : : : : : : : : : ( ′: : : :
:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/ヽY:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  \: : : : :`丶、\: : : : : : : : : _//\――
:::::::::::::::::::>''/:::::::::::/    `ー‐-、_:::::::::::::::::::::ヽ   ヽ_: : : : : : : : : : : :_/   /'  \
::::> ' ´.: :/:::::::::::/、        / /ー‐--、::::_ヽ      ̄`ー‐--―'´   /___ヽ
: : : : : :/::::::::::::/:::::::>、   {\ノ ー==‐一_: :.|ヽ             //
: : : : :  ̄二二: : ̄ ̄: : : :`ー ヾ う ヽ `丶 ―-ヽ| \_      _,彡 '
:/ ̄: : : : : : : : : : : `ー-、_: : :\>、 二二>>‐.ヘ      ̄>―'´


887◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:39:43 ID:4U3JhbLw



     私は姉になり女になり、妹は僕と言いおうじさまになった

     そして、男の子の遊びに 誘われたから と言って混ざれなくなった私と彼の距離は開いていく

     仕方の無い事なんだろう。まだ、寂しさは感じていても焦がれては居なかった

     まだ、私達には接点があったから……


/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:.:.\ ,ィス         r=ニニ__:ー - 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Уハ    ,. <___※ ̄`ヽ  \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.〉_ ,///  ̄:`ヽ   \ :ヽ
.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:/:.:.:.:.:./ヾ У:./ / //:ノハ 米  ハ  \
 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:/ミ、ヽ :Y:/ /ン /彡〃 ハ    :f}〃  \
 .:.ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.ィ'ヘヾニニ:ハ:}レ:イー '==' ,イ:{//:.:.f} 米 fレ   /
一':..:.:.:.:.:.:.,.イハ:l|_ノ :  fテ}:ル:j トリ  ≧=メ,.:./ f}  f}   ,イ
` ー一 'ハ lト、:Nrzy :   ¨イ!:ハ ¨    ィtz∨:.:/:f}  f}一' l|
   \:N:トlい ,ヘ:ン      / :i :    ゝニ'::/:.ノf} ;イ!:. :. :.l|
     :ハ:小、ヾ,\ゝ__   /  :ヽ.     ,イИ:.∠:.シイ! |l:. :. :.:l|i
      くf‐‐从ィ= ==ミ ー '    ー===彡≦三ン: |l: |l:. :. :.:lト、
    rf´ ̄  /〃⌒:ハ ,r‐z  γ´ ̄ て_ム:. :.:.|l: |l:. :. :.:l|
.   / rシ :/:    :.:.l|fイ乙弓y/ f/:〃'.:.::{ i:. :. |l: |l:. :. :.:l|:. :i
.  _ノ rシ  :/        :l:| =介' |  :/レ'   :んト,:. :|l: |l:. :. :.:l|:. :l
  Τ´/          ::ハ:ヽ./:._,ィ7 :/ /    :iス:.:|l: |ト、:. :.:l.:. :ト、
  / :|l   i    :.:.:〃:l|:fi~'マ:ハ ://      ハj:.:|l: |l:. l: :.:l.:、. : 丶
/l  :レ / |l    /: :.:lトjゞ'Y' ヾ.∨/:. :  : ;イ:.:.:.:|i: |l:. l: :.:l.ヾ.:. : . :\
:.:.ll  /:. :|l       :._〕! :ト, j :ハ      l:|.:.:.:.. . l:.、:.:.::.l.:.∧: . : . : \
   K._   |l      シ  /:ム,.イ ム   _,ント}、:.::.:.:.:.:.: \ l.:. :.丶 : . : . : 丶
ィ⌒ヽ_r~y:l|l    :r='   ソー' :ノ  l| ̄_二ソ:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:. :. :.ヾ
l!      ム__  〆    f:. :. :./   l:| ̄:ン:i.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
l!    ン:ト、_,イ    :;イ:l:. :. /   l:|i   l:.   l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
l!   〃     :λシ⌒´{ {:. : {    :|l   ト:..   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


889◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:42:23 ID:4U3JhbLw



      そんな折に、ちょっとした事件があった

      妹が誕生日に彼からリボンを貰った。これはいい。私もメッキだが可愛いブローチを貰ったのだから

      だが、彼女は、そのリボンを……好きな蒼色のリボンをつけて学校に行ってしまった

      笑われ、傷ついて、力なく微笑んでリボンを外す。そんな彼女を見る彼の表情は忘れられない

      あれは、外されたことでは無く、自分が妹を傷つけた。そう考えている顔だったから





                       ,斗‐'で ̄~ ̄ ̄¨`ヽ
                ,. ‐ ¨            ノ      ,. ‐ ¨ で ̄~ ̄¨  `丶、
            _. <           ___  i   _. <                )
         ,.rf           ,斗‐'でミミミミミミヽトー'             __    ,′
       /        ,. ‐ ¨   \ミミミミミミミミノ      ,. ‐ ¨  ̄~ ̄¨ \ミミミミミΥヽ
      く       _. -‐          `ミ< ´    _. <            `で¨~´ __  ー'^ァ
       ` 、  ,..rf                 ~¨ ̄                    ̄  `ー'
       ノ ヽ(ミミヽ
     γ´    ¨~う
     ノ   ,..r‐' ¨´
   ‐'´-‐='´


890◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:45:06 ID:4U3JhbLw



    妹と彼の間で何が起こったのかを私は知らない。だけど、私と彼は次第に疎遠になっていった

    妹が、そうしたからだ。私を別のグループに入れ、男の子を紹介してくる

    よそよそしい笑み、姉と呼べど慕っているとは思えない本心が浅く覗く言葉

    ああ、彼女はきっと、彼を手に入れようとしているのだ。それも、決して綺麗とは言えない手法で

    何となく、私にはそれが分かってしまった。これが、血の繋がりとでもいうのだろうか


 ////////// , </////__/////}
 ヽ////// , イ////, -‐´::::::::::::::ヾ
    ヾ// ,イ/////:::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ
     >'/////:::::::::::::::::、:::::::::::::::';:::::rゝ
    ヽ////::::::::::::::::、__ヽ::::::::::::';:::ハ、_ィ、_
      ヽイ:::::::、_; -'´,ィ、 ヽ:::::::::::i、ヘ /  ヽ ̄` 、_ _
       !:::::::ヾー= ,イヾj  ';:::::::::ト ノrヽ        { {
        ';::::、:::`ー..、    ';:::::::j7´´~ヾュ`ーr'    r'ノ_)'ヽ
         ヽ、ニヽ::::ハ__, __';::::/l: : : : : : :`Yュヾ__r,_イ r': : : : `ー-、
            ̄ ヽ::::::::::i  !:i' ∨: : : : : : : :`~Y=-'´::: : : : : : : : :r'
               \::::l  !|. ∨: : : : : : : : : : : : : : ::: : : : : : _ノ
                ヽ!     ∨: : : :::::. : : : : :: : : : ::: : : : :ハ
                      Y:: : : : ::::::...: : : :::. : : : : : _イl  ヽ
                       |:: : :: : : ::::::::. : : : :イ`7´//j  !、
                       !_:: : : :: :_; ‐-―'´ ∨////ハ '、〈
                    ___,ィ`ー<_ハ     ∨/////>、 (
                  , ィ´/:::::::::: : : : : : : ̄',      j )//イ: :', r'_
                /   l::::::::: : : : :___:ハ     ィュ ̄: : : : :Y_ソ
                l   ';::;イ´: ̄: : : : : : :ト、__ ィ   ヾー; : : : : :lr'


891普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:46:03 ID:Gi3GVBmM
さ あ 盛 り 上 が っ て ま い り ま し た


893普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:46:47 ID:.154xtzo
バレテーラw


894◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:48:11 ID:4U3JhbLw



     奪われると思ったから、燃え上がった。燻っていた火とも言えない燃えがらに、妹は焚きつけを足してしまった

     そして、私は自覚する。我慢していた私から何もかもを持っていこうとする妹を、私は恨んでいるのだと

     何と浅ましいのだろう。何と醜いのだろう。そして……何と甘美なのだろう

     全部を持っていってしまおうとしている妹から、何かを取り戻せた時、どれほど幸せだろうと考えた

     そして、蘇るのは、妹が昼寝をしている間に交わした結婚の約束……あれはまだ、生きている筈だ

                       _,__
                    . ィ´ ,ハ iヽ
                   /.イ`ヽ/:.| iノ
               ,. -=ニノ: : : : : :.人i'j´
              〃 _,ィ´: : : : : : / ` 、ヽ
             _, -‐'´: : :./: : : : / ./: : ヘ.',
          ,.ィ: ´: : : : : : :ノ: : : : 7イ,': : : ハ!
         〃: : : : : : : : /: : : : : 7::::::i: : : : : :.〉
           !: : : : : : , イ: : : : : : : :7::::::八: : : : /、
       〈~:.ヽ、: : :/: : : : : : : : : :ノj::::::::: :ヽ、: :ハ,〉
     〃`ヽ、i、ノ`ヽ、: : :. _,ニ彡'´ : : : : : : 7: : : i>!
        )ノヽ:ノ {、: : -、: ヽ: : : : : : : : : : : :.i: : : : :/
      '´   f_: 、: : :): ¨´: : : : : : : : : : :.八: : :./_,
        ヾ=彳: : ヾー、_,、: : : : : : : : : : : ヽ;/ハ
      ,イ´: : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : : : : : : : : : i
    ,.../: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : : : :ハ
    ∨::::::::::::::≧-、_: : : : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: :.ハ
     ヽ;:::::::::::::::::::::::::::``ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : `ヽi.,_
       ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、: : : : : : : : : : : : : :f


895普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:48:39 ID:ragEV3l.
昼前に煎餅とお茶がよく合いそうな流れになってきてる


896普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:48:59 ID:dxfI7Ou6
まあ、同じ環境で育った双子じゃ企みもバレるわなw


897普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:49:27 ID:Gi3GVBmM
いい感じに澱んで濁ってますなw


898◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:50:29 ID:4U3JhbLw



     なら、話は早い。私は女の子で おひめさま なのだ。妹がおうじさまだと言われるのなら、私は
      可愛いおひめさまになればいい

     そして、そんな可愛いおひめさまからおうじさまをかすめ取る女は魔女なのだ

     魔女は、魔女らしい結末を迎えれば良い。火に掛けられたり吊されたり、竈に放り込まれたり

     それこそが、魔女には似合いだ。そうして、おうじさまはおひめさまの口づけで目を覚ます

     たまには、こんな筋書きも面白い筈だろう


                                      , -──-_
                               _,   '´, -‐'´zZ´`ゝニ、、
                                / r'/xXxXxXxXx女くxヾヽ
                            >r'(ゝ_x/:: ̄ ̄ ̄:::::::::::ト.Xト,ヘ
   __                        /::人:::ゝ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ f ',
- : ̄::::::::::: ̄:::::≧、 _         _, -=' ̄::::f x_ノ:::::::::::::::::/:::/:::イ:::ハ:::::::::', { i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-一  ::::: ̄::::::::::::::::::::ノ-=ン::::<_/:::/::/::::/::::::::::::::} ,' !
:::::::::::::::::::::::::_二二_::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::r'´xXr'::::f r>=、フ/ィ/::イ:::ィ::::::::::リ }  ト
:::::::::/ ̄ ̄       ̄ ̄ーェミ、__:::_;-='´xX_f´:::::::| 'ゞzヌ_ノ/イニメくノ::/::::/∠_ {
::::::/                 ヾ㌃ ̄ ̄: :._rt: ::t ゙      ''r升リ)ノ:ヌ:::/ ヌ、 ヽ
::::f         _        _,=-'´: : : : : : : :rtj  ̄人  、 _  ゞ='"::::::;イ/⌒;
:::{       _//  _,-‐ア: : : : : : : : : :rtf-'   r==\     `テ'r‐'" 7  /、
::::ゝ..._,-="::::::/ r'´:::: / : : : : : : : ,、rァチ    ゞ=テヘへ ̄/rー、ム_j  々}
::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::: 〈 : : : : : r=yチ^ ,~、___ァ彳j/ベンr'´xX>‐-、     ヾ,
:::::::::::::::: /  r'´:: , -─ヌェ、 : : : :でッrt_ヽ'´ ̄ヌ〃メノ '_, イxXx/ : : f^乂 /   )ッ
  一'´   ノ ::::::/: : : : : : : :ゝ : : : 〉:ゝf+、  rfヌrfy'´   ,'xXxx{ : :Y"t ゝ-'=彳 _
:::::フ   /::::::::::/ : : : : : : : :{ : : : :/ } : : i乍ッ'=" 从     jxXxXj : : :ヘ_  ⌒/ ̄::::::ナ
   /: ::::::::::::::::> : : : : : : : rて  { :/ :7\ /イ人_,、,、jxXxXj : : : : : ⌒'テ : : : : <_
  /:::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : :{  ゝ-'ソ : : :人=ネ=-ァヘ/xXxXj、_:/ ̄ : : : : : : : : : : : z


899普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:50:35 ID:ki9KBY6o
これは一手打って来るな


900普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:51:33 ID:Gi3GVBmM
ごめんなさい、おうじさまは おひめさまも兼任してるんですよ


901◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:53:19 ID:4U3JhbLw



    私は糸車が回るのを、じぃっと見つめて待ち続ける。私は魔女が魔女であると知っている

    でも、直ぐに魔女だとは誰も信じてくれないだろう。だから、真実という糸が糸車に巻き付いて、
     太っていくのをじっと待つ

    期が来たら、その糸車の糸で布を紡ぎ、とびきり素敵なドレスを仕上げるのだ。それを着て、
     魔女の嘘からおうじさまを救い出す

    だから、今は少し待って上げる。業腹で、煮えくりかえりそうだけど待って上げる


                         _
                  ,、-‐'´,ィ-`‐-、, 、
                 ,、-‐´ ,ィ'´     ※ `ヽ、 、
           ,、-‐'´  /  ※    _,、-、,_ ※ ヽヽ、
         /   /    _,、ィ'´: : : : : : :`ヽ、 `、ヽ
        /   / ※ ,.ィ'´:/: : : : : i: : : : : : : :\ヽ ヽ
      /   i ./   ./: : : /: : : : : :.:|: : : :|: : : : : :\! \
     /    ∨※/: : : : : /: : : : : : :.i!: |: :.|: :i!: : : : : :ヽ ̄´
    `ー-、_ i-、.l ./: : : : : : :/: : : : :/: :/!:./!: :l!: :.i!: : : : : : `,
        `i: : :i ./: : : : : : :.i!: : : :/://:/ l: :l!ヽ:.:ヽ: :i: : :.i:.i!
         i: : :lト'!: : i: :.|: : :|!: //__ // /:./'´´ヽ、ヽ:l: : :|:.l
          /: :./: :l: :.l!: : l: : :l:.:/   /   // ィョェュャ`!:.l: : /!:l
       /: :.:/: :.l l: ll: : :l: : :l.ャ'モ示`   /  乂:::リ´/: :/! l!
        /: : /: : :.l ヽ!ヽ: ヽ: :`、弋 .シ´      `´ //  |
     /: : : : : : :.l  ` ヽ、_: ヽ、  ̄     '    /! .※ l
     /: : : : : : :.:l  ※. /: :`ー`-     ー ‐'  /: l   l!
.    /: : : : : : : : l     l: : : : : :>  , _    /: : : :l ※. l:!
   /: : : : : : : : : l ※  l: : : :,ィ'´ \  `i '´: : : : :l:.:l   l:l!
  ./: : :./: : : : : : :ゝ   l:,ィ'´    `ヽ、l| ヽ_,ィ.、: l: :.l! ※ l: l
  /: : : /: : : : : :._l`、_ヽ  ヽ      ,ィケ又ヾ、,`ヽ´j: : ヽ  l: :i!
. /: : : /: : : : : : :ゝ´..ゝィ`、 ヽ   ,ィク" 〃!ij! ゞ!、 `i_: :.l  l: :l:l
/: : : /: : : : : : : /.............ゝ、`,. ヽ  ゞj_ 〃! ij!、_ 》   .〉:.ヽ l: :ll:l!
: : /: : : : : : : /...................く 〉 ヽ `ゞイ"j!  ij! ̄"  `j.l: :.:l l: :l l:l


903普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:54:36 ID:ki9KBY6o
蒼が隙を見せるのを待ってるのか。こえぇなw


904◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:55:29 ID:4U3JhbLw


    悲劇や困難が間に多ければ多いほど、再開のシーンは映えるのだから。報われる場面は輝くのだから

    いずれ、あの魔女を真実で焼いてしまおう。私は知っている。彼女の弱さを、彼女が何を利用しているかを

    そして、それに彼が気付いていなくて、勝手に自分を追い込んでいることを

    ぐらぐら揺れるパレッティ。無理に作った細くて歪な塔は、柱を押せば簡単に倒れてしまう


                      _ -─┬───- 、
                   ,..ィ''´ i!::.   |       \
                 /::.::.| =-i!-= |           \
               /:.:.:.:.:.:ハ  `   |            \
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.i   i!: . |   ,、        \
             /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.A:ハ =:.:=. | //:.:`:.ー:.─:.─.、 ̄/
             i:.:.:.:.:.:.:.:./:イ ヾハ .i!  Y'´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i/
             |:.:.:.:.:.:.:/:./ -,,=Ⅵ  i!::. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.::.|
             |:.:.:.:.:./:.ィ ィ レリ .| =:.:= l:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
             i:.;:.:.:/:::ハ  ゞソ .ハ i! ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. :.|
             ヽト/:.:.:.:.:ノ  /_:ィi ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:|
               `\-:.\ _ ,  i! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.|
                    \  レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|
                     >/:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:. :.|
                  r'' ̄V./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                  ゝ 入:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|_
                  i >::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ィ:.:.:.:.:.:.:.: :.:|ハ
                 /::::::/:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:; ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ハ
                /::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::ヽ
        -       /::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :::: :|::::::::\
        <      /::::::: :/:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:::::::::::::ヽ
         \  ./:::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :|:::::::::::::::


905普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:56:20 ID:n3Bc62BA
助けてくれ!この前まで狂ってはいるがまだ甘いだけだったのに
致死性の毒がこの短編には仕込まれてやがる!


906普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:57:38 ID:Gi3GVBmM
こういう毒のある話ってたまらない
依存性があるって言われても納得
昼ドラが無くならんわけだ・・・


909普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:59:05 ID:8zB1Dvu6
平和な大衆はスリルを求めることがよくわかる短編


907普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:57:40 ID:ki9KBY6o
妹が狂ってると思ったら姉はもっと熟成してた


908普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:57:47 ID:g4AXsMzs
も り あ が っ て ま い り ま し た


910◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 11:59:24 ID:4U3JhbLw



     いずれ、ちょんと指で突いてやろう。そして、王子様を歪んだ塔から助け出す

     嘘と時間は私の味方。それらが糸車を回していって、私のドレスを作り上げるのだから

     だから、今は我慢する。汚れても綺麗にできるから。おひめさまの愛は、物語をハッピーエンドにすると
      大昔から決められているのだから



                  ,  '_ノ⌒´   ヽl∠    ヽlノ `ー-ミ'   ,
            /_〃ヽL     ̄lヽ   __ ̄Γ _ .*\    、
            //   7|ヽ_彡 ´ ̄ ̄ ̄ : : : ̄ ̄: : :\__〉     \
.           ノx.__ノ⌒´ : : : : : : : : : : i: : : : :、 : : :ヽ : : : : :‘,    \
        ,  / __ノ: : : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : :.ヽ: : : : :, : : : : ‘,     ,
.       /  {ノ : : : : : /: : : : : : : : : : : : :|: : ト:、 : : : : : : ', : : : : : :.    /
      /    !: : :.i: : : :i: : : : : : : : : : : : /|: :i| \: : : : : : ::' : : : : : :  /
.     /    |: : : |: : : :| : : : i: : : : : : : / :|: :リ __ヽ:_:i_: :.i : : : : : ∨
     ′    |: : : |: : : :| : : : |: : : :__/  !:./     ', |\:`:|: : : : : : :|
.     ,      |: : : |: : : :| : : : レ':´: : /  |/      _斗=ミi: : : : : : ,
    {     |: : : l: : : :| : /|: : : /  ノ     ィ爪:::::j リ ハ: : : : /
.    \     : : : :.、: : ∨/: |: ∠ ==ミ      ゞ''"゚ ̄`  |: : : ∧
         人: : : :\ : ∨ ;ィ八::::::以ヾ      :::::::::::::: |: : :イ:∧
         `ー\: : : :\: :《乂少''゚´::::    ’         //i |: :∧
.              |:\: : : :\\:::::::::::::           /イ 7「|__「\
            |: : : ト : : : :\>     _    ´    八  / ┬ ノ⌒ヽ__
.            /|: : :人 `トミ : : \_            /  \i r┴{ ┬┘::\    _
    _      /斗-く _>、)_   ̄> __      . イ     i |Y__ ノ く:::::::::::::::ヽ /⌒ヽ\
  /⌒: : \   /:.ゝ\ノヽ, \ \    \二二二 /    ノ }イ / 7=┘::::::::::::::::V⌒V.:i : ト
. イ : //: :/ヽ/.:/ :::::::::::У\ _Χ‐\  ___ ̄ ̄「 /二二¨< } `ト {_::::::::::::::::::::::::::∨/:|: | : |:
': |: 〃: : /.: : :/: :i:::::::::::::::::'へ 〈   `ー// ̄ ̄>(⌒)く / {>_>/  /::::::::::::::::::::::::: ∨/:/: :八
: :∨: : : :i: :/: :/|:::::::::::::::::::::::Уヽ/ \\   ./ / ⌒\\ ./ イ 〈 廴[:::::::::::::::::::::::::::::::八/: :/: :


911普通の名無しさん2014/10/09(木) 11:59:49 ID:Gi3GVBmM
笑顔が怖いw


912普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:00:26 ID:g4AXsMzs
この翠の表情がたまらんな、ご飯何杯でもいけそう。


913◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 12:01:04 ID:4U3JhbLw



     糸車よ、からから音を立ててもっと回れ。そう願いながら……

     私は今日も 彼のおひめさま になる準備をする




                      , … ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                   , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                 /: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
                 ,'.: : : : : : : : : ! : : : | : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                ,'.: : : : : '⌒ヽ´\: : | : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
., - ‐一 ー<         |.: : : : : : //   \|: : : : 八: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
        `<       l.: : : : : /〈     ,': : : :/: : \: : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ' ,     {: :,ヘ: :// ヒ斗≠  |: : :./: : : : : \. : : : : : : : : : : : : : : ,'    ,'´ ̄ ̄`',
      〃     ヽ    |:.ハ.:ハ "う::/´  |: : /: : : : : : : : :ゝ-一: : : : : : : : : ,'    l (⌒⌒) l
       /         \ {:|  \|  ∨  ,.'.: :/: : : : :/.: : : : : : : : : : : : : : : : /   ∠. \/ l
     /            `ヽ.  }  """/.: :/|: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :/     \   /
          ,,≠≧   ⌒ヽ、.ノ    // |: : :,イ: : : : : : : : : : : : : : : : ./         ̄ ̄
         彳          八      '´  ij |: :/ }: : :/ : : : : : : : : : : : :{
            """        λゝト-イ       |/  /: :/ : : /|: /`ヽ.: : : : |
              (    /::{{/:::::ヘ       /: :∧: : / |/   |\|∨
               ゝ_ノl/:::::::::::/´ > 、 _ .イ.: :/ヽV ,ノ⌒ヽ ┴ 、/`ヽ
           U       {\::::::::ノ`ヽ、     |: / .(⌒´/"":::::::::::::::::\ {
        u        /  `ゝ、)゙). ヘ、    .レ' ノ , ':::::::::::::::::::::::::::::::::∧`ヽ
               /       、   \   (´ ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ノ
              /         ヘ   (⌒) .ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          , …'           |  ノゝ/ (´ /:::::::::::::/::::::::::}::::::::::::::::::::∧
        ,>´ ,,, ≠ 彡       (⌒Y´) /  } {:::::::::::::./:::::::::::::|::::::::::::::::::::::∧
ゝー  ー '",,ゞ≠=="  /      ノゝ、./`ヽ ( ,ノ:::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::∧
    `ヽ ゞ-‐t_──一"      八  /   ´Y:::::::::::::/::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::∧           完


914普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:01:11 ID:n3Bc62BA
おお、病んでる病んでる
病的な執着心もまたヤンデレの持ち味か(白目)


915普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:02:24 ID:Gi3GVBmM
おつー
この妹にしてこの姉ありよねw


916普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:03:03 ID:g4AXsMzs
乙乙ー
ドロッドロでたまりませんなぁ。


918普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:03:08 ID:ki9KBY6o
乙ー
じっくりコトコト煮込んだ情念って洒落にならんなw
相手が双子の妹だからこそここまで拗らせたんだろうけど


919普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:03:17 ID:rtYoZ0Kc
乙です。
この煮詰まった渇望が実にいい感じですね。


921◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 12:03:45 ID:4U3JhbLw
私は昼間っから何をやっているんだろう……


925普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:05:41 ID:n3Bc62BA
>>921
Don't think
feel


927普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:06:57 ID:ragEV3l.
>>921
昼前に小腹を埋める逆飯テロじゃないでしょうか(目線を逸らしながら)


924普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:05:01 ID:Gi3GVBmM
昼ドラとかこんなんばっかりやないか!
むしろ時間的に正しい説を唱える


928普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:07:30 ID:fEhLbSaw
ああ、昼ドラだったのかw


929普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:08:13 ID:rtYoZ0Kc
え?昼だから昼ドラやってたんじゃないの???


930普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:08:36 ID:LhhrCecY
仕事の疲れをこのドロリッチで癒す
堪らないな!


931普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:09:09 ID:U0wFVnjU
おつおつ
きっとこういう話で定期的に淀んだ何かを吐き出さないとぽんぽんが痛くなる可能性が微レ存


932普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:09:09 ID:fEhLbSaw
逆に甘酸っぱい青春ものを突然ゾンビさんが書き出しても違和感がが


933普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:09:50 ID:Gi3GVBmM
崩壊神エロゾンビ
昼に人間関係をドロドロさせ、夜に世界を崩壊させ、朝に出かける前にお腹を壊す


935普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:13:41 ID:ragEV3l.
ゾンビはゾンビ(属性)だから明るすぎる話題を書くと浄化されてしまうんじゃよ……
ただし科学の光は問題ない模様


936普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:13:52 ID:n3Bc62BA
(腹壊れてるのは胎内に抱えてる闇で自家中毒起こしてるんじゃないだろうか…)


941普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:18:16 ID:LhhrCecY
なんだかんだでマイフェアとヤンほむは正統?派だと思いましたまる


947◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 12:35:25 ID:4U3JhbLw
さて、諸君等が要望した いちゃいちゃエロ だった訳だが、満足かね……?

私は いちゃいちゃ と エロ しか聞いていない……
つまり、分かりやすく言えば 中華なら何でも良いよ と言われたので、某外道神父が好きそうな麻婆豆腐を作ってみた
それと大差ないわけだ……

で、それを踏まえて聞くが、美味しかったかね……?


948普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:37:13 ID:ragEV3l.
…スッ(黙って1600円を払う)


950普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:38:18 ID:wNH7.jEU
美味しい!けど何かひっかかるw


951◆DAZiCeQp.w2014/10/09(木) 12:38:45 ID:4U3JhbLw
私はまぁ、楽しかったよ……


952普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:39:08 ID:Qh4xVgOc
蒼視点が始まったときすぐにああ、これは翠視点で殺す気だと思ってました


953普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:42:00 ID:rtYoZ0Kc
注文したら思ってたのと微妙に違うメニューだったけど美味しいからまあいいか的な?


954普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:42:19 ID:lkDvVwog
ヤンほむくらい分かりやすいヤンデレのほうが自分は好みだと思いました


955普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:44:21 ID:ki9KBY6o
お代わりだ!


956普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:45:34 ID:Xu8JUV1g
直接エッチなシーンが描かれていない、やり直し!(訳:乙でした)


957普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:47:48 ID:n3Bc62BA
やめろォ(建前)ナイスぅ(本音)


958普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:47:53 ID:wNH7.jEU
何だかんだ言ったけどダッツサマが愉しそうでナニヨリデス


959普通の名無しさん2014/10/09(木) 12:51:32 ID:SRJqNhfQ
はい、先生!
いちゃいちゃしてたけどエロが足りないと思います!(カメラ構えながら





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
翠「sweet. sweet. sweet. sweet-poison.
作りましょう"恋の媚薬(sweet-poison)"
彼をここまで連れて来て

take-efect. efect. efect. efect.
他の女の記憶を消して
彼を私で窒息させて」

この話みて飛んできた電波
[ 2014/10/11 00:12 ] [ 編集 ]
砂糖の甘さを想像してたら、チクロやサッカリン(それも高濃度なヤツ)だったって感じじゃないか!
[ 2014/10/11 01:30 ] [ 編集 ]
甘く、熱く、黒い
[ 2014/10/11 08:36 ] [ 編集 ]
二人の重いに気づいて二人とも食っちゃってこそのやる夫さんやで!
[ 2014/10/11 23:00 ] [ 編集 ]
前話でチクロ扱いしたがズルチンだった件(震え
[ 2014/10/12 00:19 ] [ 編集 ]
もうお隣さんとしては娘二人一緒に貰ってもうしかねいね(白目
[ 2014/10/12 01:48 ] [ 編集 ]
あかん、これ甘くても青酸カリの甘さや……
[ 2014/12/15 06:38 ] [ 編集 ]
殺せばいいのに(頬杖ついて煎餅をかじりながら)
[ 2014/12/28 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。