女性でも安心の出会い

自分の好きなやる夫スレをまとめるブログです。R-18作品もあるので苦手な方はご注意ください。

名前の無い怪物の救いの無い物語 第06話「偽証罪」


319◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:00:20 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ      名前は
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_      ┃    .捜査一課強行犯係 毛利小五郎  ....┃
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \     名前は、やる夫
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \




320◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:00:34 ID:RBALakZE0

          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l
        | / ____ム           `ヽ j |      それは本名かね?
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',           .┃                メグレジュウゾウ  ..┃
        ',   V   ノ         / _>≦∧_        .┃   強行犯捜査三係警部 目暮十三   ...┃
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \   やる夫と言うのはペンネームだ
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


321◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:00:48 ID:RBALakZE0

               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    ……本名は?
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    本名は佐藤一郎、有り触れた名前なのでペンネームで過ごしている
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


322◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:01:03 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    ふぅん……
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l      で、住所は?
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \     住所は、宮城県仙台市──
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


323◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:01:20 ID:RBALakZE0

                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//                 第六話 偽証罪
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂



                    そのうちに、わるい文学は、はたと読まれなくなる。
                    民衆という混沌の怪物は、その点、正確である。


324◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:01:33 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ   ……何で宮城県の奴が、東京に居るんだ?
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    取材旅行で、東京を訪れていた
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


325◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:01:44 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    取材旅行、ね
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       ……職業は?
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    職業は、売れない小説家をやっている
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


326◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:01:56 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    確かに、聞いた事の無いペンネームだ
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       それで、お前さんは何をやったんだ
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    やる夫は、悪い事は一通りやった
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


327◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:02:08 ID:RBALakZE0

               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    一通り、じゃ分からん
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l        自分が何をしたかを言え
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫が何をしたか……
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     それは、話すと長くなる
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


328◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:02:21 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    構わんよ、それが仕事だ
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \   初めはただ、小説を書きたかった
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


329◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:02:34 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    それで?
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    次第に、やる夫は書く小説にリアリティを持たせたくなった
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


330◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:02:46 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    ふぅん
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l      それで?
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫は考えた、サッカーを全くやった事の無い人間が書くサッカー小説と
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |    元サッカー選手が書くサッカー小説、どちらの方がリアリティがあるだろうかと
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


331◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:02:59 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ     まー
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       そりゃ元サッカー選手が書いた方だろうな
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫は考えた
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     体験しなければ、リアリティを書く事は出来ないと
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


332◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:03:12 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    それで取材旅行、ね
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\     或る時、やる夫は大泥棒が出て来る小説を書こうと思い立った
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      しかし、やる夫には泥棒の経験は無かった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


333◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:03:30 ID:RBALakZE0

                  ________
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-=、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::r ⌒ヽ〈
              l::::::::::/        Y}    ヽ}
              l::::::::l  - ‐ 、     j,' / ̄` l
                  }:::::::l   __ ー―   / ⌒ヽ l
             r‐ヽ::l  /    ・ヽ   、 ・   l    ……うん?
             l lヽ`  ヽ―一      \-'  l
             l l 丶           У  ,'      てことは、まさか
                 \\ {          _/   l
                 ヽl ヽ    , -‐‐-, r‐‐、 l
                |  l    ` --‐´  `ヽ_} l
                |   \      r ⌒ ;  /
               ,イ、    \    r- ==-V
              /   ',> 、  fヽ _/  ,_____)
             /l   ',  \ ゝ/ __/___∧
          <   l    ',    Y   ___ )_\__
      <      l     ',   l      ____)   >‐‐ 、
   /             l     .',   l      ___)      \



           ____
         /      \
        /  ─    ─\     やる夫は、大泥棒が出て来る小説を書く為に
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      大泥棒を体験しておく必要があると感じた
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


334◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:03:41 ID:RBALakZE0

      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ    ははーん
    l l  〉             l        /ィ l
    ', ヽ l          }       ,' / /      それで何を盗んだんだ?
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \



           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫は計画を練り、或る百貨店に展示されている希少な宝石を盗み出した
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     そしてそれは、計画通りに成功してしまった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


335◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:03:54 ID:RBALakZE0

        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    とんだ取材旅行もあったもんだ
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



           ____
         /      \     しかし、やる夫が欲しかったのは宝石では無く小説のリアリティだった
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    その為百貨店へ宝石を送り返すと、被害届はあっさり取り下げられた
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


336◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:04:05 ID:RBALakZE0

                  ________
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-=、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::r ⌒ヽ〈
              l::::::::::/        Y}    ヽ}
              l::::::::l  - ‐ 、     j,' / ̄` l
                  }:::::::l   __ ー―   / ⌒ヽ l
             r‐ヽ::l  /    ・ヽ   、 ・   l    怪盗みたいな奴だな……ん?
             l lヽ`  ヽ―一      \-'  l
             l l 丶           У  ,'      似たような話を、何処かで聞いたような……
                 \\ {          _/   l
                 ヽl ヽ    , -‐‐-, r‐‐、 l
                |  l    ` --‐´  `ヽ_} l
                |   \      r ⌒ ;  /
               ,イ、    \    r- ==-V
              /   ',> 、  fヽ _/  ,_____)
             /l   ',  \ ゝ/ __/___∧
          <   l    ',    Y   ___ )_\__
      <      l     ',   l      ____)   >‐‐ 、
   /             l     .',   l      ___)      \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l       ……数年前、宝石を盗んでは返して回る
        | / ____ム           `ヽ j |
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /         奇妙な怪盗が出現した時期があった
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /



           ____
         /      \
        /  ─    ─\     やる夫はリアリティの在る大泥棒を書いた
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      しかしやる夫の小説はあまり売れなかった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


337◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:04:16 ID:RBALakZE0

               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    ま、一度きりだったら
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l       その怪盗とは別人でしょうな
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\     そしてやる夫は、今度は巧妙な脅迫犯が出て来る小説を思いついた
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      しかしやる夫には、人の弱みを握って脅しをしたような経験は無かった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


338◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:04:29 ID:RBALakZE0

               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    待てよ? 悪い事は一通りってのは……
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l



           ____
         /      \
        /  ─    ─\    だからやる夫は他人の弱みを握り、脅迫して金銭を得る事にした
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     結局それは成功し、満足したやる夫は脅し取った金銭は返してしまった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l
        | / ____ム           `ヽ j |      ふぅむ……
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


339◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:04:44 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\     ロクに喧嘩もした事が無いようなやる夫だったが
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      殴る者と殴られる者のリアリティを出す為、人を傷つける事もした
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    殴る殴られるを知りたいだけなら
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       ボクシングでもやりゃあ良かったのに
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


340◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:04:56 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫は詐欺師が出て来る小説を思いついては詐欺を働き
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     チンピラが出て来る小説を思いついてはチンピラの真似事をした
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',    ……小説家先生の考える事はわかんねぇなあ
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


341◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:05:08 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    そして或る時、やる夫は思いついてしまった
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     強姦魔が出て来る小説を
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    おい……おいおいおい、まさか
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l


342◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:05:20 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\     しかし流石にそれを自分でやるのはリスクが高いと思ったやる夫は
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      出所した犯罪者達、或いは現役のレイプ魔を探し出し彼等を取材した
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    そうだよ、別に
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       最初から取材で満足すりゃ良かったじゃねえか
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


343◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:05:31 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    出来上がった小説を見て、やる夫は落胆した
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     そこには、リアルなリアリティを感じられなかったからだ
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    犯罪を犯すよりは、よっぽどいいと思うがね
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


344◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:05:44 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫には、リアリティを持つ小説を書く事はとても大切な事だった
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     人生で、それ以上大事な事は他に何も無いと言うぐらいに
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    そんなもんかねぇ……
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       でも犯罪はいかんよ、犯罪は
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


345◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:05:57 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\     そしてやる夫は、新しい小説を思いついてしまった
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |      猟奇的な、連続殺人犯が登場する小説を
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    おいおいおい
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l       お前さん、まさか……
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l


346◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:06:08 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫は、過去のシリアルキラーや猟奇殺人鬼の資料を調べた
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     接触も図ったが、彼がその手の人材に出会う事は結局出来なかった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    ……それで?
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l


347◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:06:19 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \   それもそのはずだ、やる夫が書こうとしていた猟奇的な連続殺人犯は
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  多くの人間を殺し、殺した相手の手首だけ持ち帰る斬新な殺人鬼だったからだ
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/    過去にも現在にも存在しなかったその殺人鬼を、やる夫はリアルに書きたかった
      ノ      ー‐   \



                  ________
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-=、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::r ⌒ヽ〈
              l::::::::::/        Y}    ヽ}
              l::::::::l  - ‐ 、     j,' / ̄` l
                  }:::::::l   __ ー―   / ⌒ヽ l
             r‐ヽ::l  /    ・ヽ   、 ・   l    推理小説に出て来るような事件が
             l lヽ`  ヽ―一      \-'  l
             l l 丶           У  ,'      実際に起きたら世も末だよ、そりゃ
                 \\ {          _/   l
                 ヽl ヽ    , -‐‐-, r‐‐、 l
                |  l    ` --‐´  `ヽ_} l
                |   \      r ⌒ ;  /
               ,イ、    \    r- ==-V
              /   ',> 、  fヽ _/  ,_____)
             /l   ',  \ ゝ/ __/___∧
          <   l    ',    Y   ___ )_\__
      <      l     ',   l      ____)   >‐‐ 、
   /             l     .',   l      ___)      \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>   物語を、物語だけで終わらせるのが警察の仕事だが
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l
        | / ____ム           `ヽ j |       模倣犯も居る以上、あまり過激な事は書いて欲しくないなぁ
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


348◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:06:31 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    やる夫は、途方に暮れたまま東京を訪れた
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     資料が、取材が、リアリティが、どうしても足りなかった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /     足りんでいい、そんなもん
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l


349◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:06:42 ID:RBALakZE0

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ①)  (①)      やる夫は、リアルリアリティが欲しかった
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |       どうしてもどうしても、それが欲しかった、だから計画を練った
 \        `ー'´  /
 /           \



      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ
    l l  〉             l        /ィ l
    ', ヽ l          }       ,' / /
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \


350◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:06:53 ID:RBALakZE0

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ①)  (①)     やる夫は老女の、熟女の、妙齢の女性の、少女の、幼女の手首を切り取り集めた
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |      勿論、それぞれ証拠が残らないように殺した後で、戦利品を集めていった
 \        `ー'´  /
 /           \



             _____, -― ‐―‐― 、
          ___/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        >::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       l::/ \:::::::::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       V __  ハ´ ̄ ̄ ̄     `ヽ::::::::::::::::::::::::::::l
          レ ヽ {            l::::::::::::::::::::::::::,'
        l /⌒',   , ―――‐ 、   l::::::::::::::::::::::::/
          }  ・ l   /  ̄ ヽ     }::::::::::::::::::::/     ……警部殿
        lヽ ノ       ・ }     l::::::___:::::::/
         l /     ヽ ___     /:/   }::,′
        ,イ               r  〉//
        `ゝ‐ _            /  /::l
          `´ l:::\         __/ ` ',
          ',  \::}       /    ___〉、
           }          /    /_____ ヽ
          ヽ、    __ <   //:::::::::::::::::::::',
            ` ̄ ̄}     //:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  l   //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l      ……今は彼の話を聞こう
        | / ____ム           `ヽ j |
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


351◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:07:05 ID:RBALakZE0

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ①)  (①)      やる夫はリアリティを収集していった
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |       やがて、小説の登場人物はやる夫そのものとなっていた
 \        `ー'´  /
 /           \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    ……それで?
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


352◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:07:19 ID:RBALakZE0

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ①)  (①)      十分に資料を集め、取材を終えたやる夫は小説を書き上げた
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |       読む者に忌避を与え、悪を憎むに十分なリアリティを持った小説を書き上げた
 \        `ー'´  /
 /           \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',     ……それで?
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


353◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:07:32 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\      そして、やる夫は後悔した
      /    (○)  (○) \
      |     (__人__)   |       取り返しの付かない事をしてしまったと
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ     ……それで?
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


354◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:07:45 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\      やる夫は、自殺をしようと考えた
      /    (○)  (○) \
      |     (__人__)   |       しかし考えると、それは余りにも無責任な気がした
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ     ……
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l        それで?
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


355◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:07:59 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\      やる夫は、命程度では償えない事を犯した
      /    (○)  (○) \
      |     (__人__)   |       多分それは、何をやっても償いにならない程の事だった
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    ……それで?
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


356◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:08:10 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\      やる夫は考えて、考えて、償う方法を考えて
      /    (○)  (○) \
      |     (__人__)   |       結局答えには辿り着けず、他人の判断に委ねる事にした
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ     ……
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


357◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:08:22 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\      取り返しの付かない事をしたやる夫は、結局楽になりたかったのだ
      /    (○)  (○) \
      |     (__人__)   |       だから警察へ行き、自首をして、洗いざらい全てを話した
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    ……そうか
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l      毛利君……
        | / ____ム           `ヽ j |
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


358◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:08:35 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    ……
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ    人を裁くのは俺の仕事じゃないし
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l       殺人犯の気持ちなんざ、わかりたくもない
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',         けれどね、俺はこれだけは言えるよ
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l


359◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:08:46 ID:RBALakZE0

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



        ___ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
      V::::::::/::::::::::::::::::::::::;;;/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::::::::::::::: ',
        \:::〉:::::::::_r ´  ̄        ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l´ ̄ l∧     / ⌒   ミ::::::::::::::::::::l
        l:::l   ヽヽ  _/  -- 、  ミ:::::::/⌒〈
          V /`ヽ ヽ   /       ミ::/ /ヽ ',
         ',  /⌒ヽ    ・ _/    ´ 〈  } ノ     お前さんは、絶対に、間違っている
         〉 、 ・/               /_/ /
           ヽl  ̄/               l  /:l        間違ってなきゃ、ならないんだ
          ',  f_ 、               l_/ V
           ヽ  _/ r:::::::::::ヽ         /   ',
             V:::} ` ̄ ̄         /    〉、_
                 `´ -‐‐-         /    /  l ヽ
             ヽ          /    ,′ l  \
               ',          /    /   l     \
                ヽ       /     /    l       l> ‐‐ 、
                 > ‐ 一    ./     l      l     >‐ 、
                  ___ /  l\____/        /      l
              /  /    l / ̄ ̄ヽ      /         l



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l
        | / ____ム           `ヽ j |     ……それで、集めた手首や隠滅した死体は
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


360◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:08:57 ID:RBALakZE0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    と、今度そう言う物語の漫画を描こうと思ってるんですよ
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ
    l l  〉             l        /ィ l    ……ハァ?
    ', ヽ l          }       ,' / /
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \


361◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:09:10 ID:RBALakZE0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    これでも職業、漫画家でしてね
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    少年ジャンプに連載を持ってた事もある……
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       それで次に書く漫画の主人公を、そう言う奴にしようと思っていてですね
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                  ________
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-=、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::r ⌒ヽ〈
              l::::::::::/        Y}    ヽ}
              l::::::::l  - ‐ 、     j,' / ̄` l
                  }:::::::l   __ ー―   / ⌒ヽ l
             r‐ヽ::l  /    ・ヽ   、 ・   l     えっと……
             l lヽ`  ヽ―一      \-'  l
             l l 丶           У  ,'       つまり……?
                 \\ {          _/   l
                 ヽl ヽ    , -‐‐-, r‐‐、 l
                |  l    ` --‐´  `ヽ_} l
                |   \      r ⌒ ;  /
               ,イ、    \    r- ==-V
              /   ',> 、  fヽ _/  ,_____)
             /l   ',  \ ゝ/ __/___∧
          <   l    ',    Y   ___ )_\__
      <      l     ',   l      ____)   >‐‐ 、
   /             l     .',   l      ___)      \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>    ま、待ちなさい、君
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l
        | / ____ム           `ヽ j |        自分が何を言ってるか……
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',          何をしたのか、分かっているのかね?
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


362◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:09:22 ID:RBALakZE0

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\    どうしても取調の様子や、留置所の様子を取材したかったんですが
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |     どうにも許可が降りなくって……
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |



      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ
    l l  〉             l        /ィ l     ……
    ', ヽ l          }       ,' / /
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \


363◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:09:35 ID:RBALakZE0

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・      担当編集にブタ箱に入って取材して貰おうと思ってたら
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /          次々と担当を降りられちゃったんですよ
. |         /
  \_      _ノ\             何でかなあ?
    /´         |
.    |  /      |



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /     つまり、今までの話は……
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l         自首して来た理由は……
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l


364◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:09:46 ID:RBALakZE0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      しかし刑事さんって、いちいち相槌打ってくれるんですね
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      『それで?』ばかりなのは少し気になったけれど
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    お・ま・え・なぁ……
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l


365◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:09:58 ID:RBALakZE0

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\    いや、でも次に描く漫画の話をずっとしただけですよ?
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |     取調を録音してあるなら、聞き返して貰えれば解ると思いますが
           ヽ           |
         , へ、      _/         最初から会話せず、自分の漫画の設定の話をし続けてただけでしょ?
            |          ^ヽ
            |      1   |



               -‐――――― ‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ____/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::::::::::::',
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ:::::::::',
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄   ___ ',::::::::l
       ` ̄}:::l ̄ ̄ ̄ ̄ハ    /    ',::::::l
         l::::l / \   l  ヽ  /-‐- 、 l:::r ⌒;
         l::::l′   >、    _/    ヽ Vl   l
         ヽ::ヽ / ̄`ヽ       ・ /  ll  /    警部殿、こいつを殴る許可を下さい
          r‐ ',    ・  ,    ー 一    l  ,'
          ヽ } ー‐ '  l          l l
           ', ヘ     ノ          lーヽ
            \ ヽ   _ヽ‐‐;:::::::::::::::、   l  l`ヽ__
                  \ ', /:::ヽ   ̄ ̄ ̄    / /  / \
                ヽ ̄ 丶 ̄ ̄ノ    / /  /   l`ー――
                  >、  ` ̄     / /  /    l
          ________/   >、    / /  /    l
        /    /   l   /    ̄厂  /   /     l
        /    ./    l ヽ==ヽl  <__   /     l
     ./       ,'      l   ヽ   リ   l ヽ l      l



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l       気持ちは分かるが毛利君
        | / ____ム           `ヽ j |
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /         最近うるさいからそういうのは駄目だ
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


366◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:10:10 ID:RBALakZE0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    まあ、そんな訳で
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    こう言うのって、捉えられ方が悪いと偽証罪とかになるんですかね?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       困ったな、良い弁護士を雇わないと
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                  ________
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-=、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::r ⌒ヽ〈
              l::::::::::/        Y}    ヽ}
              l::::::::l  - ‐ 、     j,' / ̄` l
                  }:::::::l   __ ー―   / ⌒ヽ l
             r‐ヽ::l  /    ・ヽ   、 ・   l    偽証は宣誓しないと罪に問えないからな……
             l lヽ`  ヽ―一      \-'  l
             l l 丶           У  ,'      警部殿、こいつをブタ箱へぶち込むには
                 \\ {          _/   l
                 ヽl ヽ    , -‐‐-, r‐‐、 l         何の罪状が適切ですか
                |  l    ` --‐´  `ヽ_} l
                |   \      r ⌒ ;  /
               ,イ、    \    r- ==-V
              /   ',> 、  fヽ _/  ,_____)
             /l   ',  \ ゝ/ __/___∧
          <   l    ',    Y   ___ )_\__
      <      l     ',   l      ____)   >‐‐ 、
   /             l     .',   l      ___)      \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>   虚偽告訴罪……は本人には適用されんしな
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l
        | / ____ム           `ヽ j |       公務執行妨害がいいところだろう
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


367◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:10:22 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    いや、そもそもぶつぶつと次回作の設定について喋りながら考えていたら
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     気が付いたらこんな場所に連れて来られていたんですよ
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ     んな訳ねーだろバーロー
    l l  〉             l        /ィ l
    ', ヽ l          }       ,' / /
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \


368◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:10:34 ID:RBALakZE0

           ____
         /      \
        /  ─    ─\    何やら悲しいすれ違い、誤解があったようですね
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |     やる夫は弁護士を呼ぶ権利を行使したいのですが
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \



      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ    警部殿、つべこべ言わさずブタ箱へぶち込んじまいましょう
    l l  〉             l        /ィ l
    ', ヽ l          }       ,' / /      私が許可します
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l       残念ながら君にそんな権限は無いよ
        | / ____ム           `ヽ j |
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /


369◆4acrAZYToM2015/06/12(金) 00:10:46 ID:RBALakZE0

          ____
        /      \
       / ─   ─   \   しかし、鉄格子って黒いイメージだったけれど日本の鉄格子は白いんだな
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |   やはり自分の見た事や、体験した事、 感動した事を描いてこそ面白くなる
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ      『リアリティ』の為に、面白くてリアルな漫画を描く為に知っておくべき事は多い
       /            `



      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     /::::::::::::::::::___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ,':::::::::/      ̄\::::::::::::::::::____::::::::::/
    ,':::::::/          ` ̄l::}´    ヽ::〈
    l::::::,'            メ,'     _   l::::',
    ',:::::l  / ̄\     / /   / ヽ l:::::}
     ',::::ヽ      \___,,    _/    l:::/
    r‐ヽ::}  ̄;ア ̄ `  ̄´   <_____ /:,'
    l ゝ‐l  ` ー一 ´    i  ソ___/ l‐ヽ   コイツ……
    l l  〉             l        /ィ l
    ', ヽ l          }       ,' / /     もしかして、ブタ箱にぶち込んでも
      ヽ ヽl            ノ      // /
      `ー ハ    ____        / '/         喜ばせるだけなんじゃないか?
       l {    /:::::::::::l ハr‐‐ 、  レ'
        rl ヽ  ` ̄ ̄´  \:::::} ,′
     __∧;   ',    r‐―― 、  ̄ /
   / 〈 ヽ   ヽ   `ー‐一'   /、
‐ イ   l   \   \      / / lヽ
  ,'    l    >、 ` ー‐ 一' /  l ',
 /     l       > = = <     l  ヽ_
_,′    l      / ̄ ̄ ̄∨    l   l \
/     l     ∧      ∧    l   l   \
        l    / l      /  ',   l   l    \



          ノ  __________    |
         f´ ̄             ̄`ニハ.
.        _」__,ャセニ二二二二二二二二ニニL、
       イ´ ,ィ≦´ r彳/ ̄`ヽ  弋 ,rーュ、 \
    . イ.:::::::::ソ广卞!  `了’'   /   V .,fヘい,__>
   `ー----lゝ ,ィ´   ` ̄ ̄´       / ,ハ l      芸術家の考える事は……
        | / ____ム           `ヽ j |
.        | >ュ_>テ――-、      、 _y´ /        我々には少しばかり理解出来ないようだ
        | r'´ ______》       Y  / ',
.       | .レ´rャ―‐-、         ├´.   ',
        ',   V   ノ         / _>≦∧_
        ヽ    ̄ ̄        /イ   /    \__
         .\          , ィ ’   /      /´
           `≧ー--―<´      /
        -―=イ! ̄ゝイ´        /



                             _________|\
                            |See You Next Time...   >
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/


371名無しのやる夫だお2015/06/12(金) 00:18:24 ID:ZPqxlAXk0
乙だ
謎は深まるばかり…


372名無しのやる夫だお2015/06/12(金) 00:23:00 ID:Y5EVHSMg0

いったいなんなんだ……?


373名無しのやる夫だお2015/06/12(金) 00:25:49 ID:FmuK0UdI0
乙でした
オチが分かるまで何とも言えねぇ…


374名無しのやる夫だお2015/06/12(金) 00:30:21 ID:SVyQATCE0
これ時系列がずれてそうだな


375名無しのやる夫だお2015/06/12(金) 00:36:12 ID:uTb8BsRs0
乙でした
今回のも同一人物なのか…?


376名無しのやる夫だお2015/06/12(金) 00:37:38 ID:SVyQATCE0
多重人格者だと語らせて実は別人
あると思います





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
元ネタにドグラマグラがある以上、どこかしらで入れ子構造にはなっているんだろうけど、先が読めない
[ 2015/06/12 01:13 ] [ 編集 ]
クローンの可能性もなきにしもあらず・・・?
[ 2015/06/12 03:55 ] [ 編集 ]
・・・これ1話からの順番が時系列順じゃない可能性もあるな、さてはて
[ 2015/06/12 06:56 ] [ 編集 ]
オチ次第でもあるがなかなか面白い構成だと思う、どうなるか楽しみ
[ 2015/06/12 08:21 ] [ 編集 ]
一度だけ一人称が変わっているけど、何かのキーなのか?
[ 2015/06/12 11:05 ] [ 編集 ]
>>346が凄い気になる
作者的に間違えは絶対にあり得ないからなんらかの複線かヒントだと思うが
[ 2015/06/12 15:49 ] [ 編集 ]
やる夫は、ではなく、彼は・・・か。
七つの大罪・・・では無いか、色んな~罪を小話的に・・・
[ 2015/06/12 23:59 ] [ 編集 ]
やる夫は、と言うかこのやる夫AAのキャラクターは今回名乗ってすらいないな。
>365で語っているように自分の漫画の設定の話をしているだけ。
「やる夫」はその主人公であり、たびたび登場する「やる夫は~」という言い回しは一人称ではなく三人称。
だから代名詞は「彼」になる。

気になるのはむしろ>368の方なんだよな。
こっちは今度こそ一人称としてやる夫と言っているように見える。
[ 2015/06/13 02:18 ] [ 編集 ]
今回は漫画家か
前は芸術家と自称してたけども本当にただの多重人格なんだろうか?

そして誰も言ってないから一応突っ込んでおく
吉良吉影じゃねーかwww
いやあっちは手だけどさあ・・・

「やる夫」の呼称については>>357までとそれ以降とで対象とする人物が変わってるってだけの気がする
>>357までは、漫画の主人公としてのやる夫であり三人称
だから時として「彼」になる
それ以降は、自首してきた漫画家としてのやる夫
だから一人称
ここで拘るのはミスリードというか何か別の重大な秘密を隠すために「彼」という引っ掛かりを仕込んでるんじゃなかろうか?
[ 2015/06/14 00:08 ] [ 編集 ]
同じく>>368が気になるな
強引に解釈できん事もないがやはりどうも食い違いが出る、
一番スッキリする答えは「妄言」だな、食い違いは出ない…けどそれじゃあまりにも、ねぇ?
[ 2015/06/14 04:10 ] [ 編集 ]
あと、 「手足を切り落とした」傷害罪と「女性を襲った」強姦魔はこの吉良吉影殺人と共通でも考えられるな

さて?
[ 2016/05/25 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ アクセスランキング 実験中

PAGE TOP